浮世絵は江戸時代前期から描かれるようになった絵画のジャンルのひとつ。浮世絵には武将が描かれた「武将絵」、美女が描かれた「美人画」、歌舞伎役者が描かれた「役者絵」、風景を題材にした「風景画」などの種類があり、数々の有名な浮世絵が残されています。また浮世絵は、ゴッホをはじめとする海外の画家にも影響を与えました。現在でも世界中の美術館・博物館に浮世絵が所蔵されています。
「浮世絵の基本」では、浮世絵の幅広い魅力を分かりやすくご紹介。浮世絵の種類や浮世絵の見どころ、葛飾北斎や菱川師宣などの有名な浮世絵師、浮世絵の作り方などの解説を掲載しています。浮世絵について詳しく知りたい方は、ぜひご活用下さい。

名古屋刀剣博物館 「名古屋刀剣ワールド」(メーハク)は、愛知県名古屋市中区栄にある刀剣の博物館です。
「浮世絵の基本」では、浮世絵の歴史から風景画・美人画といった浮世絵の種類、浮世絵の見どころ、葛飾北斎などの有名な浮世絵師、浮世絵の作り方など、浮世絵に関する基礎知識を幅広く解説しています。
博物館は最大200振の刀剣・日本刀が展示可能。国宝や重要文化財、重要美術品、特別重要刀剣といった貴重な刀の数々をご覧頂けます。さらに、甲冑・鎧兜は約50領、浮世絵は約150点を常設展示。刀剣・日本刀、甲冑、浮世絵、武具といった歴史に関する様々な美術品を楽しむことができる博物館です。
また、博物館・美術館の魅力のひとつである企画展示会も実施。テーマに沿った刀や剣、甲冑、浮世絵を展示し、ここでしか観ることができない特別な展示会を開催します。名古屋にお越しの際は、ぜひ名古屋刀剣博物館 「名古屋刀剣ワールド」(メーハク)に足をお運び下さい。

もっと見る▼