鞘書が本物であると分かるにはどうしたらいいですか?

鞘書が本物であると分かるにはどうしたらいいですか?

鞘書とは、日本刀の保管に用いられる「白鞘」(しらさや)の表面に、鑑定家などが書き記した文字のこと。刀工名や刃長(はちょう)、鞘書を記した年月日、さらには、鑑定家の個人的な見解などが鞘書に記されているのです。

墨で書かれていた鞘書は、月日が経つと文字が薄くなって見づらくなるため、後世になってから書き直されている例が多く見られます。これが「偽筆」(ぎひつ)が出回る要因となりましたが、本物であるかどうかを見極めるには、いわゆる「筆ペン」で書かれていないか、また、他にある同じ鑑定家の筆跡との差異はないかといった点に注目してみましょう。

名古屋刀剣博物館「名古屋刀剣ワールド」(メーハク)は、愛知県名古屋市中区栄にある刀剣の博物館です。
日本刀の豆知識「雑学」では、日本刀にまつわる雑学を幅広く集めました。刀剣と刃物の違いから、日本刀の鑑定区分、模造刀についての豆知識まで取り扱っています。博物館は最大200振の刀剣が展示可能。国宝や重要文化財、重要美術品、特別重要刀剣といった貴重な刀の数々をご覧頂けます。さらに、甲冑は約50領、浮世絵は約150点を常設展示。日本刀、鎧兜、浮世絵、武具といった歴史に関する様々な美術品を楽しむことができる博物館です。
また、博物館や美術館の魅力のひとつである企画展示会もございます。テーマに沿った刀や剣、甲冑、浮世絵を展示し、ここでしか観ることができない特別な展示会を開催。名古屋にお越しの際は、名古屋刀剣博物館「名古屋刀剣ワールド」(メーハク)へのご来館をお待ちしております。

もっと見る▼