「保存刀剣」、「特別保存刀剣」とは何ですか?

「保存刀剣」、「特別保存刀剣」とは何ですか?

日本刀のランク付けは、日本国による鑑定、もしくは複数存在する機関が行う鑑定に基づいて定められています。それらを代表する機関のひとつが、「公益財団法人 日本美術刀剣保存協会」(略称:「日刀保」[にっとうほ])です。「保存刀剣」、及び「特別保存刀剣」は、日刀保によって付けられる鑑定区分を指します。「保存刀剣」は、江戸時代までの作刀であり、正しい銘が切られているだけでなく(無銘でも国や年代、流派などを鑑せられる物)、多少の疵(きず)が確認できる場合でも、鑑賞に堪え得るだけの地刃(じは)を有している場合に認定されます。

「特別保存刀剣」は、保存刀剣の中でも傑出した出来映えであることに加えて、保存状態が良好である日本刀に定められる鑑定区分です。

名古屋刀剣博物館「名古屋刀剣ワールド」(メーハク)は、愛知県名古屋市中区栄にある刀剣の博物館です。
日本刀の豆知識「雑学」では、日本刀にまつわる雑学を幅広く集めました。刀剣と刃物の違いから、日本刀の鑑定区分、模造刀についての豆知識まで取り扱っています。博物館は最大200振の刀剣が展示可能。国宝や重要文化財、重要美術品、特別重要刀剣といった貴重な刀の数々をご覧頂けます。さらに、甲冑は約50領、浮世絵は約150点を常設展示。日本刀、鎧兜、浮世絵、武具といった歴史に関する様々な美術品を楽しむことができる博物館です。
また、博物館や美術館の魅力のひとつである企画展示会もございます。テーマに沿った刀や剣、甲冑、浮世絵を展示し、ここでしか観ることができない特別な展示会を開催。名古屋にお越しの際は、名古屋刀剣博物館「名古屋刀剣ワールド」(メーハク)へのご来館をお待ちしております。

もっと見る▼