武士が日本刀を2振腰に差しているのはなぜですか?

武士が日本刀を2振腰に差しているのはなぜですか?

武士が腰に差していた2振の刀は、刃長が2尺(約60.6cm)以上ある「打刀」(うちがたな)と、それよりも短い「脇差」(わきざし)です。

戦国時代は、首級を挙げた数が多ければ多いほど、武士として高く評価されていた時代。しかし、戦場で「打刀」(うちがたな)を用いて敵将の身体を切り付けられたとしても、すぐに刃が欠けてしまい、首を討ち取ることは不可能でした。そこで脇差を用いて首を切り、大将のもとへ献上していたのです。

これが背景となり、江戸時代の武士は打刀と脇差の2振を、差料(さしりょう)として腰に差すことを定められ、武士の証しとしていました。

名古屋刀剣博物館「名古屋刀剣ワールド」(メーハク)は、愛知県名古屋市中区栄にある刀剣の博物館です。
日本刀の豆知識「雑学」では、日本刀にまつわる雑学を幅広く集めました。刀剣と刃物の違いから、日本刀の鑑定区分、模造刀についての豆知識まで取り扱っています。博物館は最大200振の刀剣が展示可能。国宝や重要文化財、重要美術品、特別重要刀剣といった貴重な刀の数々をご覧頂けます。さらに、甲冑は約50領、浮世絵は約150点を常設展示。日本刀、鎧兜、浮世絵、武具といった歴史に関する様々な美術品を楽しむことができる博物館です。
また、博物館や美術館の魅力のひとつである企画展示会もございます。テーマに沿った刀や剣、甲冑、浮世絵を展示し、ここでしか観ることができない特別な展示会を開催。名古屋にお越しの際は、名古屋刀剣博物館「名古屋刀剣ワールド」(メーハク)へのご来館をお待ちしております。

もっと見る▼