柄巻とは何ですか?

柄巻とは何ですか?

日本刀の「柄」(つか)に、革緒や組紐などが巻き締められた装飾のこと。この柄巻により、手で握る部位である柄が補強されるだけでなく、滑り止めと手持ちの良さを高める効果が得られるのです。「拵」(こしらえ)を華やかに彩る柄巻を巻く際には、菱形をかたどるように組み合わせた「菱巻」(ひしまき)や、柄糸が重ねられた箇所を摘まむことにより、高く盛り上がった部分を作る「摘巻」(つまみまき)など様々な技法が用いられ、美観のみならず、使用感なども考慮して巻き方が選ばれています。

名古屋刀剣博物館「名古屋刀剣ワールド」(メーハク)は、愛知県名古屋市中区栄にある刀剣の博物館です。
日本刀の豆知識「刀装具」では、日本刀の外装である刀装具にまつわる様々な豆知識をご紹介。柄と刀身の間にある鍔をはじめ、装飾性を持つようになった刀装具について分かりやすく解説しています。
博物館は最大200振の刀剣が展示可能。国宝や重要文化財、重要美術品、特別重要刀剣といった貴重な刀の数々をご覧頂けます。さらに、甲冑は約50領、浮世絵は約150点を常設展示。日本刀、鎧兜、浮世絵、武具といった歴史に関する様々な美術品を楽しむことができる博物館です。
また、博物館や美術館の魅力のひとつである企画展示会もございます。テーマに沿った刀や剣、甲冑、浮世絵を展示し、ここでしか観ることができない特別な展示会を開催。名古屋にお越しの際は、名古屋刀剣博物館「名古屋刀剣ワールド」(メーハク)へのご来館をお待ちしております。

もっと見る▼