縁頭とは何ですか?

縁頭とは何ですか?

縁頭とは、「柄」(つか)に付けられた装飾金具の一種。柄の先端に装着された金具を「頭」(かしら)、柄の鍔側(つばがわ)にある金具を「縁」(ふち)と呼び、両者には、それぞれの部位を補強する役割があります。この頭と縁の総称が「縁頭」であり、多種多様な部品で構成されている刀装具の中でも、特に目を引くところ。そのため、縁と頭に対となる意匠を施すことにより、統一された世界観を持たせた縁頭が多く見られているのです。

この「縁」と「頭」に加え、「小柄」(こづか)と「笄」(こうがい)、さらに「目貫」(めぬき)を同じ作者が同じ意匠で作って揃えた形式は「五所物」(いつところもの)と称され、非常に貴重な刀装具として、高い価値が見出されています。

名古屋刀剣博物館「名古屋刀剣ワールド」(メーハク)は、愛知県名古屋市中区栄にある刀剣の博物館です。
日本刀の豆知識「刀装具」では、日本刀の外装である刀装具にまつわる様々な豆知識をご紹介。柄と刀身の間にある鍔をはじめ、装飾性を持つようになった刀装具について分かりやすく解説しています。
博物館は最大200振の刀剣が展示可能。国宝や重要文化財、重要美術品、特別重要刀剣といった貴重な刀の数々をご覧頂けます。さらに、甲冑は約50領、浮世絵は約150点を常設展示。日本刀、鎧兜、浮世絵、武具といった歴史に関する様々な美術品を楽しむことができる博物館です。
また、博物館や美術館の魅力のひとつである企画展示会もございます。テーマに沿った刀や剣、甲冑、浮世絵を展示し、ここでしか観ることができない特別な展示会を開催。名古屋にお越しの際は、名古屋刀剣博物館「名古屋刀剣ワールド」(メーハク)へのご来館をお待ちしております。

もっと見る▼