刀によって、刃が暗かったり明るかったりするのはなぜですか?

刀によって、刃が暗かったり明るかったりするのはなぜですか?

刀身における明るさや暗さの違いは、日本刀の素材である「玉鋼」(たまはがね)に含まれる炭素量に左右されます。一般的には炭素量が多ければ多いほど、「地鉄」(じがね)に現れる肌模様が黒っぽくなると考えられているのです。「折り返し鍛錬」を繰り返して生じるこの地鉄は、流派によって様々に異なる特色が現れる部分であり、日本刀鑑賞の際には、特に着目されるポイントになっています。

名古屋刀剣博物館「名古屋刀剣ワールド」(メーハク)は、愛知県名古屋市中区栄にある刀剣の博物館です。
日本刀の豆知識「日本刀の鑑賞」では、日本刀の鑑賞にまつわる豆知識をご紹介。地鉄や刃文をはじめ、刃の明るさや刀身彫刻、刀剣を鑑賞する際の作法などについて解説しています。
博物館は最大200振の刀剣が展示可能。国宝や重要文化財、重要美術品、特別重要刀剣といった貴重な刀の数々をご覧頂けます。さらに、甲冑は約50領、浮世絵は約150点を常設展示。日本刀、鎧兜、浮世絵、武具といった歴史に関する様々な美術品を楽しむことができる博物館です。
また、博物館や美術館の魅力のひとつである企画展示会もございます。テーマに沿った刀や剣、甲冑、浮世絵を展示し、ここでしか観ることができない特別な展示会を開催。名古屋にお越しの際は、名古屋刀剣博物館「名古屋刀剣ワールド」(メーハク)へのご来館をお待ちしております。

もっと見る▼