地中はどこに現れますか?

地中はどこに現れますか?

「地中」(じちゅう)と呼ばれる肌模様は、「地鉄鍛え」(じがねぎたえ)と「焼き入れ」という作刀工程を経て地肌部分に現れます。焼き入れの際、刀身に施した「焼刃土」(やきばつち)の厚さや盛り方、あるいは地鉄に現れた鍛肌(きたえはだ)の違いなどによって、地中が生じると考えられているのです。地中に見られる動きなどの変化は「地中の働き」と呼ばれ、筋状になっている「地景」(ちけい)や、流動的な文様である「湯走り」(ゆばしり)など、様々な種類があります。

名古屋刀剣博物館「名古屋刀剣ワールド」(メーハク)は、愛知県名古屋市中区栄にある刀剣の博物館です。
日本刀の豆知識「日本刀の鑑賞」では、日本刀の鑑賞にまつわる豆知識をご紹介。地鉄や刃文をはじめ、刃の明るさや刀身彫刻、刀剣を鑑賞する際の作法などについて解説しています。
博物館は最大200振の刀剣が展示可能。国宝や重要文化財、重要美術品、特別重要刀剣といった貴重な刀の数々をご覧頂けます。さらに、甲冑は約50領、浮世絵は約150点を常設展示。日本刀、鎧兜、浮世絵、武具といった歴史に関する様々な美術品を楽しむことができる博物館です。
また、博物館や美術館の魅力のひとつである企画展示会もございます。テーマに沿った刀や剣、甲冑、浮世絵を展示し、ここでしか観ることができない特別な展示会を開催。名古屋にお越しの際は、名古屋刀剣博物館「名古屋刀剣ワールド」(メーハク)へのご来館をお待ちしております。

もっと見る▼