地鉄はひとつとして同じ模様は出ないのですか?

地鉄はひとつとして同じ模様は出ないのですか?

地鉄は、日本刀の素材である良質な「玉鋼」(たまはがね)に熱を加えて叩き延ばし、半分に折り返して重ね合わせ、再度叩き延ばすという「折り返し鍛錬」の工程により、刀身の表面に現れます。

折り返し鍛錬の回数や、玉鋼の産地・品質などに違いがあるため、地鉄における肌模様の形状や色などが、まったく同じになることはありません。言い換えれば地鉄は、流派や刀工の個性が出る部位でもあるのです。

名古屋刀剣博物館「名古屋刀剣ワールド」(メーハク)は、愛知県名古屋市中区栄にある刀剣の博物館です。
日本刀の豆知識「日本刀の鑑賞」では、日本刀の鑑賞にまつわる豆知識をご紹介。地鉄や刃文をはじめ、刃の明るさや刀身彫刻、刀剣を鑑賞する際の作法などについて解説しています。
博物館は最大200振の刀剣が展示可能。国宝や重要文化財、重要美術品、特別重要刀剣といった貴重な刀の数々をご覧頂けます。さらに、甲冑は約50領、浮世絵は約150点を常設展示。日本刀、鎧兜、浮世絵、武具といった歴史に関する様々な美術品を楽しむことができる博物館です。
また、博物館や美術館の魅力のひとつである企画展示会もございます。テーマに沿った刀や剣、甲冑、浮世絵を展示し、ここでしか観ることができない特別な展示会を開催。名古屋にお越しの際は、名古屋刀剣博物館「名古屋刀剣ワールド」(メーハク)へのご来館をお待ちしております。

もっと見る▼