刀を手に取って鑑賞する場合の作法を教えて下さい。

刀を手に取って鑑賞する場合の作法を教えて下さい。

貴重な美術品とも言える日本刀を鑑賞する際には、まず、腕時計や指輪などを外しておきます。そうすることで、刀身に傷が付かないようにするのです。さらには、刀身に唾(つば)や息がかからないようにするためのマスクも用意しておきましょう。これらを装着し、実際に日本刀を手に取る前に一礼。その後、①姿全体→②地鉄(じがね)→③刃文→④鋒/切先(きっさき)→⑤茎(なかご)という順番で刀身を鑑賞します。最後には、作刀した刀工や所持者に対する感謝の気持ちを込めて、最初と同様に一礼することを忘れないことが大切です。

名古屋刀剣博物館「名古屋刀剣ワールド」(メーハク)は、愛知県名古屋市中区栄にある刀剣の博物館です。
日本刀の豆知識「日本刀の鑑賞」では、日本刀の鑑賞にまつわる豆知識をご紹介。地鉄や刃文をはじめ、刃の明るさや刀身彫刻、刀剣を鑑賞する際の作法などについて解説しています。
博物館は最大200振の刀剣が展示可能。国宝や重要文化財、重要美術品、特別重要刀剣といった貴重な刀の数々をご覧頂けます。さらに、甲冑は約50領、浮世絵は約150点を常設展示。日本刀、鎧兜、浮世絵、武具といった歴史に関する様々な美術品を楽しむことができる博物館です。
また、博物館や美術館の魅力のひとつである企画展示会もございます。テーマに沿った刀や剣、甲冑、浮世絵を展示し、ここでしか観ることができない特別な展示会を開催。名古屋にお越しの際は、名古屋刀剣博物館「名古屋刀剣ワールド」(メーハク)へのご来館をお待ちしております。

もっと見る▼