日本刀を鑑賞するには何があると便利ですか?

日本刀を鑑賞するには何があると便利ですか?

日本刀鑑賞の醍醐味は刀身全体だけでなく、「刃文」の粒子や「地鉄」(じがね)の色といった細部まで注目することにあります。そのため、片目で観る望遠鏡「単眼鏡」(たんがんきょう)を準備しておくと便利です。単眼鏡は、日本刀を始めとして、絵画などの一般的な美術品鑑賞によく用いられています。

また、鑑賞した日本刀の特長などを書き記す「メモ帳」や「手帳」などを持参するのもおすすめ。あとでメモを見返すことで、日本刀への理解を深められます。なお、博物館や美術館でメモを取る際の筆記用具は、インクで展示物を汚したり、引っ掻いて傷を付けたりすることを防ぐために、鉛筆を使うことがマナーです。

名古屋刀剣博物館「名古屋刀剣ワールド」(メーハク)は、愛知県名古屋市中区栄にある刀剣の博物館です。
日本刀の豆知識「日本刀の鑑賞」では、日本刀の鑑賞にまつわる豆知識をご紹介。地鉄や刃文をはじめ、刃の明るさや刀身彫刻、刀剣を鑑賞する際の作法などについて解説しています。
博物館は最大200振の刀剣が展示可能。国宝や重要文化財、重要美術品、特別重要刀剣といった貴重な刀の数々をご覧頂けます。さらに、甲冑は約50領、浮世絵は約150点を常設展示。日本刀、鎧兜、浮世絵、武具といった歴史に関する様々な美術品を楽しむことができる博物館です。
また、博物館や美術館の魅力のひとつである企画展示会もございます。テーマに沿った刀や剣、甲冑、浮世絵を展示し、ここでしか観ることができない特別な展示会を開催。名古屋にお越しの際は、名古屋刀剣博物館「名古屋刀剣ワールド」(メーハク)へのご来館をお待ちしております。

もっと見る▼