「たたら製鉄」とはどんな製法ですか?

「たたら製鉄」とはどんな製法ですか?

「たたら製鉄」とは、砂鉄(さてつ)などの原材料を、燃料に木炭を用いて精錬し、日本刀の素材である「玉鋼」(たまはがね)を生産する製法です。

「たたら」は、この製鉄の際に用いる足踏み式の「鞴」(ふいご)を指し、製鉄炉に空気を折り込むのに使われていました。

たたら製鉄の技法は、「銑押し法」(ずくおしほう)と「鉧押し法」(けらおしほう)の2つに大別されます。銑押し法では、炭素の含有量が高く、容易に溶かすことが可能な「銑鉄」(ずくてつ/せんてつ)が生産され、鉧押し法では、炭素の含有量が低く、溶けやすい「鉧」(けら)が得られます。鉧は銑鉄よりも強固である特性を持っていることから、日本刀の作刀によく用いられている鉄素材です。

名古屋刀剣博物館「名古屋刀剣ワールド」(メーハク)は、愛知県名古屋市中区栄にある刀剣の博物館です。
日本刀の豆知識「日本刀を作る」では、日本刀の制作過程についての知識をご紹介。刀剣の素材や製法、日本刀が生まれた時期などを掲載しています。細かく解説しているので、刀剣初心者の方にもピッタリです。
博物館は最大200振の刀剣が展示可能。国宝や重要文化財、重要美術品、特別重要刀剣といった貴重な刀の数々をご覧頂けます。さらに、甲冑は約50領、浮世絵は約150点を常設展示。日本刀、鎧兜、浮世絵、武具といった歴史に関する様々な美術品を楽しむことができる博物館です。
また、博物館や美術館の魅力のひとつである企画展示会もございます。テーマに沿った刀や剣、甲冑、浮世絵を展示し、ここでしか観ることができない特別な展示会を開催。名古屋にお越しの際は、名古屋刀剣博物館「名古屋刀剣ワールド」(メーハク)へのご来館をお待ちしております。

もっと見る▼