短刀は何種類ありますか?

短刀は何種類ありますか?

短刀には、①「刺刀」(さすが)、②「鎧通」(よろいどおし)、③「寸延短刀」(すんのびたんとう)、④「懐剣/懐刀」(かいけん/ふとごろがたな)の4種類があります。

①刺刀は、柄の長い「薙刀」(なぎなた)などが主力となっていた鎌倉時代、接近戦になった場合の補助的な武器となり、重ねが厚く頑丈に作られた②鎧通は、敵が着用している甲冑(鎧兜)の隙間から突き刺すことが主な用途でした。

また、南北朝時代に登場した③寸延短刀は、反りがなく、平造り(ひらづくり)であるという短刀の様式を踏襲しながらも、刃長が1尺(約30.3cm)を超える短刀を指します。

さらに④懐剣/懐刀は、文字通り懐の中に、護身用として常備されていた小さな短刀であり、武家の女性が嫁ぐときや、子どもが誕生したときに、「守り刀」として贈られていました。

名古屋刀剣博物館「名古屋刀剣ワールド」(メーハク)は、愛知県名古屋市中区栄にある刀剣の博物館です。
日本刀の豆知識「日本刀の種類」では、太刀や短刀といった日本刀の種類についてご紹介。さらに流派・五箇伝の解説や日本刀と軍刀の違いなどについても掲載しているので、日本刀の種類について幅広い知識が身に付きます。
博物館は最大200振の刀剣が展示可能。国宝や重要文化財、重要美術品、特別重要刀剣といった貴重な刀の数々をご覧頂けます。さらに、甲冑は約50領、浮世絵は約150点を常設展示。日本刀、鎧兜、浮世絵、武具といった歴史に関する様々な美術品を楽しむことができる博物館です。
また、博物館や美術館の魅力のひとつである企画展示会もございます。テーマに沿った刀や剣、甲冑、浮世絵を展示し、ここでしか観ることができない特別な展示会を開催。名古屋にお越しの際は、名古屋刀剣博物館「名古屋刀剣ワールド」(メーハク)へのご来館をお待ちしております。

もっと見る▼