同じ太刀でも長さが違うのはなぜですか?

同じ太刀でも長さが違うのはなぜですか?

太刀とは、その刃長にかかわらず反りが深く、刃を下に向けて腰に吊るして携帯する、日本刀全般のことを指します。その中で、太刀の刃長が異なっているのは、それぞれの使用目的に合わせていることが理由のひとつ。例えば、2尺1寸~2尺2寸(約63.6~66.7cm)と比較的短い刃長である太刀は、実戦ではなく儀式に用いられ、「小太刀」(こだち)と称されているのです。一方で、寸法に明確な決まりはありませんが、長大な太刀は「大太刀」(おおだち/おおたち)と呼ばれており、なかでも、刃長が3尺(90.9cm)以上ある「野太刀」は頑丈な造込みで、実戦の場において、その威力を発揮していました。

名古屋刀剣博物館「名古屋刀剣ワールド」(メーハク)は、愛知県名古屋市中区栄にある刀剣の博物館です。
日本刀の豆知識「日本刀の種類」では、太刀や短刀といった日本刀の種類についてご紹介。さらに流派・五箇伝の解説や日本刀と軍刀の違いなどについても掲載しているので、日本刀の種類について幅広い知識が身に付きます。
博物館は最大200振の刀剣が展示可能。国宝や重要文化財、重要美術品、特別重要刀剣といった貴重な刀の数々をご覧頂けます。さらに、甲冑は約50領、浮世絵は約150点を常設展示。日本刀、鎧兜、浮世絵、武具といった歴史に関する様々な美術品を楽しむことができる博物館です。
また、博物館や美術館の魅力のひとつである企画展示会もございます。テーマに沿った刀や剣、甲冑、浮世絵を展示し、ここでしか観ることができない特別な展示会を開催。名古屋にお越しの際は、名古屋刀剣博物館「名古屋刀剣ワールド」(メーハク)へのご来館をお待ちしております。

もっと見る▼