どうして日本刀の長さはいろいろあるのですか?

どうして日本刀の長さはいろいろあるのですか?

日本刀には、携帯する人の身分や用途、携帯方法などによって、刀身の長さに違いが見られます。刃長が2尺(約60.6cm)以上あり、刃を上にして腰に差す刀は「打刀」(うちがたな)、刃長が1~2尺(約30.3~60.6cm)ある刀は「脇差」(わきざし)に分類されるのです。

刃長の大小が異なる打刀と脇差は、江戸時代における武士の正式な差料(さしりょう)として定められ、両者を共に携帯することが、武士の証しとなっていました。
ただし、町人であっても脇差は、旅の道中での護身用として、腰に帯びることが許可されていたのです。

さらには、刃長が1尺に満たない短寸の刀は「短刀」、深い反りが付き、刃を下にして腰から吊るす刀は、刃長に関係なく「太刀」(たち)に分類されています。

名古屋刀剣博物館「名古屋刀剣ワールド」(メーハク)は、愛知県名古屋市中区栄にある刀剣の博物館です。
日本刀の豆知識「日本刀の種類」では、太刀や短刀といった日本刀の種類についてご紹介。さらに流派・五箇伝の解説や日本刀と軍刀の違いなどについても掲載しているので、日本刀の種類について幅広い知識が身に付きます。
博物館は最大200振の刀剣が展示可能。国宝や重要文化財、重要美術品、特別重要刀剣といった貴重な刀の数々をご覧頂けます。さらに、甲冑は約50領、浮世絵は約150点を常設展示。日本刀、鎧兜、浮世絵、武具といった歴史に関する様々な美術品を楽しむことができる博物館です。
また、博物館や美術館の魅力のひとつである企画展示会もございます。テーマに沿った刀や剣、甲冑、浮世絵を展示し、ここでしか観ることができない特別な展示会を開催。名古屋にお越しの際は、名古屋刀剣博物館「名古屋刀剣ワールド」(メーハク)へのご来館をお待ちしております。

もっと見る▼