刀剣をキャラクター化したゲームの人気を火付け役にして、日本刀に魅了される「刀剣女子」が増加しています。刀剣女子のなかには、好きな刀剣鑑賞のために刀剣が展示されている美術館や寺社を訪れたり、日本刀に関する本を買って知識を深めたりと、アクティブに活動する方もいます。
名古屋刀剣ワールドでは「刀剣女子座談会」を実施。日本刀や歴史を愛する女性達が刀剣に関する様々なテーマを話し合います。テーマは「日本刀に興味を持ったきっかけ」、「好きな日本刀」など多種多様。刀剣女子はもちろん歴史好きな女性、刀剣初心者の方にもピッタリです。
一覧から気になるテーマをクリックすると、座談会の様子がご覧頂けます。

座談会メンバー紹介

座談会メンバー「つばめ」の似顔絵
つばめ

癒し系お姉さんのつもり。イケメン俳優さんが殺陣(たて)をする映画やドラマが大好きです。
夢は「蒲生氏郷」(がもううじさと)の甲冑(鎧兜)、「燕尾形兜」(えんびなりかぶと)を身に纏うこと。

座談会メンバー「みそ」の似顔絵
みそ

名前の由来は愛知県(味噌の国)出身から。
多趣味なためネット上では様々な名前を使い分けて活動している。最近は出前アプリを使い、ひとりで二人前以上のご飯を食べるのにハマっている。推し刀工は「水心子正秀」。

座談会メンバー「ふくぷく」の似顔絵
ふくぷく

ジャンルを問わず音楽が好きで落語鑑賞も少々。関西出身だが、現在は織田信長ゆかりの某所在住。誕生日が「本能寺の変」と同じ日付(旧暦)のため、何かご縁があるのではと思っている。最近直刃の魅力にも気付き始めた。

座談会メンバー「甘味(かんみ)」の似顔絵
甘味(かんみ)

日本美術と読書をこよなく愛し、甘い物に生きる糧を得て日々邁進。
趣味は美術館や寺社仏閣めぐりで、将来は自分で仏像を作るのが夢。
推し刀は髭切&膝丸

座談会メンバー「青虫(あおむし)」の似顔絵
青虫(あおむし)

好きなものは美術館巡りと仏像と本で、推し刀工は「郷義弘」。イタリア宗教画も好きで、イタリア美術と日本刀の接点を無理やり作りたいと画策している。

座談会メンバー「仔竜(こたつ)」の似顔絵
仔竜(こたつ)

30体ほどのトランスフォーマーに囲まれて暮らす洋画ファンで、刀剣ワールドがきっかけで日本刀にも興味をもちはじめ、現在は日々是精進で勉強中。すらりとした刀身にシュッとのびた鋒/切先が好み。

座談会メンバー「司会:佐藤(さとう)」の似顔絵
司会:佐藤(さとう)

刀剣ワールドのコンテンツディレクター。この座談会で日本刀の面白さをもっと知りたいと意欲的。趣味はゲームで、没頭しすぎてついついご飯を食べるのを忘れてしまうこともある。

刀剣女子の座談会テーマ

第1回

好きな日本刀(前編)

刀剣女子のライター達による座談会。記念すべき1回目となる今回のテーマは「好きな日本刀」について!普段から様々な日本刀に触れているライター達が、実在する名刀や「隕石」で作られた刀剣など、それぞれが「推し」の刀について語ります!

好きな日本刀(前編)

今回の参加者

  • 今回の参加者「つばめ」の似顔絵 つばめ
  • 今回の参加者「みそ」の似顔絵 みそ
  • 今回の参加者「青虫(あおむし)」の似顔絵 青虫

第2回

好きな日本刀(後編)

近日公開

好きな日本刀(後編)

第3回

そもそも日本刀とは

近日公開

そもそも日本刀とは

第4回

日本刀の鑑賞ポイント 姿

近日公開

日本刀の鑑賞ポイント 姿

第5回

日本刀の鑑賞ポイント 刃文

近日公開

日本刀の鑑賞ポイント 刃文

第6回

日本刀の鑑賞ポイント 地鉄

近日公開

日本刀の鑑賞ポイント 地鉄

名古屋刀剣博物館「名古屋刀剣ワールド」(メーハク)は、愛知県名古屋市中区栄にある刀剣の博物館です。
名古屋刀剣ワールドの「刀剣女子座談会」は、日本刀や歴史好きな女性達による刀剣初心者向けの座談会。気になるテーマを選択すると、そのテーマについての座談会の様子がご覧頂けます。
博物館は最大200振の刀剣が展示可能。国宝や重要文化財、重要美術品、特別重要刀剣といった貴重な刀の数々をご覧頂けます。さらに、甲冑は約50領、浮世絵は約150点を常設展示。日本刀、鎧兜、浮世絵、武具といった歴史に関する様々な美術品を楽しむことができる博物館です。
また、博物館や美術館の魅力のひとつである企画展示会もございます。テーマに沿った刀や剣、甲冑、浮世絵を展示し、ここでしか観ることができない特別な展示会を開催。名古屋にお越しの際は、名古屋刀剣博物館「名古屋刀剣ワールド」(メーハク)へのご来館をお待ちしております。

もっと見る▼