江戸幕府は約260年間続き、将軍の数は15人に上ります。この15人が「徳川15代将軍」。徳川15代将軍のなかには、江戸幕府を開いた初代将軍「徳川家康」、生類憐れみの令で知られる第5代将軍「徳川綱吉」、享保の改革を主導した第8代将軍「徳川吉宗」、そして大政奉還を行った第15代将軍「徳川慶喜」などがいます。
こちらでは、そんな徳川15代将軍についてまとめました。各将軍の生涯や治世時に行われた政策などを掲載。それぞれの将軍の個性を比べることもできます。
内容は教科書に載っていないようなことまで網羅しているので、歴史好きな方におすすめ。もちろん、分かりやすい解説なので歴史が苦手な方でも楽しめます。

名古屋刀剣博物館/名古屋刀剣ワールド(メーハク)は、愛知県名古屋市中区栄にある刀剣の博物館です。
こちらでは、「徳川15代将軍」について詳しく解説しています。それぞれの将軍の生涯や逸話、政策などについて分かりやすくご紹介。将軍という視点から江戸時代を読み解いていきます。
博物館は最大200振の刀剣が展示可能。国宝や重要文化財、重要美術品、特別重要刀剣といった貴重な刀の数々をご覧頂けます。さらに、甲冑は約50領、浮世絵は約150点を常設展示。日本刀、鎧兜、浮世絵、武具といった歴史に関する様々な美術品を楽しむことができる博物館です。
また、博物館や美術館の魅力のひとつである企画展示会もございます。テーマに沿った刀や剣、甲冑、浮世絵を展示し、ここでしか観ることができない特別な展示会を開催。名古屋にお越しの際は、名古屋刀剣博物館/名古屋刀剣ワールド(メーハク)へのご来館をお待ちしております。

もっと見る▼