刀剣の豆知識

刀剣の売却

文字サイズ
刀剣・日本刀を売却するのはどんな場合でしょうか。愛刀家の方が、今あるコレクションの一部を売却してよりグレードの高い刀剣に買い替えるということは珍しくないでしょう。しかし、今まで知らなかった刀剣が家から発見された、または突然刀剣を相続することになったという場合、一般の方は戸惑ってしまうかもしれません。
そこで、はじめて刀剣を売却する方のために、売却前に確認しておきたいことや売却方法、また高く評価されるポイントについてご紹介します。

最初に確認すること

登録証が付いているかどうか

銃砲刀剣類登録証

銃砲刀剣類登録証

刀剣・日本刀を売りたいと思ったら、最初に「銃砲刀剣類登録証」(登録証)の有無を確認して下さい。

銃砲刀剣類登録証は、美術品として所持が認められた刀剣に必ず付属してしいなければならない書類です。「銃砲刀剣類所持等取締法」(銃刀法)により、刀剣と一緒に保管することが義務付けられています。

登録証がある場合

銃砲刀剣類登録証がある場合は、刀剣を譲り受けた、または相続した日から20日以内に「所有者変更手続」を行いましょう。

まずは登録証に記載されている都道府県の教育委員会のホームページを確認。「所有者変更届出書」のフォーマットがありますので、それを印刷して登録証の内容を正確に転記します。間違いないことをよく確かめた上、登録証のコピーを添付してホームページに載っている届出先へ郵送して下さい。

所有者変更届は、電子申請・届出システムが利用できる都道府県もあります。

所有者変更届出を受理したかどうかの連絡はありませんので、知りたい方は宛名を記入して切手を貼った返信用封筒を同封するか、電話で確認しましょう。

登録証がない場合

登録証がない場合は、最寄りの警察署の生活安全課へ電話をします。連絡すると、生活安全課から刀剣の取り扱いについて指示がありますのでしたがって下さい。その際、分からないことがあれば聞いておきましょう。そしてすみやかに「銃砲刀剣類等発見届」を提出し、「刀剣類発見届出済証」(発見届)を交付してもらいます。

その後、警察署から都道府県の教育委員会へ「刀剣類登録希望者通知書」が送付され、後日、都道府県の教育委員会より「登録審査会のお知らせ」が届きますので、登録審査会の日まで刀剣は自宅で保管して下さい。刀剣類発見届出済証があれば、所持していても銃刀法違反にはなりません。

登録審査会のお知らせに記載された日時には、指定された会場へ登録を希望する刀剣を持って行きます。このとき、刀剣自体の他に必要になるのは下記の3点です。

  • 警察署発行の刀剣類発見届出済証
  • 1振あたり6,300円の登録審査手数料(都道府県によっては収入証紙)
  • 本人確認ができる物(運転免許証、健康保険証など)

登録審査会では、文化庁から委嘱された登録審査員が当該刀剣の長さや反りなどの特徴を見て、美術品としての所持に適するかどうかを審査。登録が可能であると認められればその場で銃砲刀剣類登録証が交付されます。

銃砲刀剣類登録証を提出 都道府県教育委員会
刀剣類の購入や譲渡・相続の際には、名義変更届を教育委員会に提出します。お住まいの地域からお探し下さい。
パブリネット警察署
遺品等で銃砲刀剣類登録証が見つからない場合をはじめ、盗難や紛失、保管を委託する場合は、警察署への届出が必要です。

鑑定書や付属品も確認

鑑定書

鑑定書

銃砲刀剣類登録証の他に、鑑定書や折紙(おりがみ)、(こしらえ)、箱などが付属しているか確認しましょう。

鑑定書は、「公益財団法人日本美術刀剣保存協会」をはじめとする鑑定機関が発行する証書です。その刀剣が真正であることを証明し、刀剣のランクも記載されています。折紙は、古い時代の鑑定書にあたる証書です。

拵は、刀剣を保管するための(さや)である白鞘(しろさや)以外の鞘、(つか)、(つば)などの外装を指し、多くは装飾が施されています。小柄(こづか)、(こうがい)、目貫(めぬき)の3点を「三所物」(みところもの)と言い、同じ意匠で揃えている場合は高級な刀剣と見なされ、売却額に差が出ることも少なくありません。

刀剣商への売却

刀剣商

刀剣商

現代では、ネットオークションへの出品やリサイクルショップへの持ち込みなど、様々な売却方法がありますが、これらの売却方法はトラブルを招いたり、正しく評価されなかったりする心配があります。

やはり刀剣の専門店である「刀剣商」(刀剣店・刀剣ショップ・刀屋)へ査定を依頼し、売却するのが最も安心できる方法です。

刀剣商は、刀剣について高度な知識を持っていることはもちろん、刀剣や拵などは「古物商業法」における「古物」にあたるため、「古物商」として「古物商許可証」を取得していることが必須となっています。

そんな刀剣商の中でも、特に「全国刀剣商業協同組合」が創設した「刀剣評価鑑定士」の資格を持つスタッフのいる店舗がおすすめです。

刀剣商への売却方法は、店頭へ持ち込んでの売却、店舗スタッフの出張による売却、宅配での売却、売却前に画像で査定を依頼する「オンライン査定」があります。

いずれの場合も必ず事前に電話かメールフォームで連絡を取って下さい。いきなり刀剣を持ってお店を訪ねたり、送ったりしないようにしましょう。3つの売却方法とオンライン査定について詳しく見ていきます。

刀剣買取・日本刀買取
お住まいの地域で刀剣買取・日本刀買取を行なっている刀剣商(刀剣店)が検索できます。

店頭(持込)での売却

刀剣商(刀剣店・刀剣ショップ・刀屋)へ刀剣を持ち込んで査定してもらい、売却する方法です。

はじめに電話か刀剣商のホームページにあるメールフォームで売却希望であることを伝え、持ち込む日時を予約します。予約が必要な理由は、刀剣商のスタッフは高い知識を持つ専門家ばかりですが、実際に買取の判断ができる方はオーナーなどに限られているためです。

お店へ連絡を入れる際には、売却したい刀剣の登録証に記載されている内容(刀剣の種類・長さ・反り・目釘穴の数・銘文)や錆の有無など、刀身の状態、付属品について伝えます。刀剣の画像を添えると、買取可能な刀剣かどうか、もしくは大まかな査定価格を教えてもらえます。

来店予約した当日に必要となるのは下記の通りです。刀剣商によって詳細が異なる場合がありますので、事前に確認しておきましょう。

  • 売却したい刀剣
  • 付随する銃砲刀剣類登録証(原本)
  • 付随する刀装具、箱、あれば鑑定書、折紙など
  • 身分証明書(コピーも用意しておくと便利)
  • 印鑑
刀剣を専用ケースに入れて携帯

刀剣を専用ケースに入れて携帯

また、刀剣の持ち運びに際しては注意すべきことがあります。刀剣は鞘に収めた状態でも、そのまま持ち歩くことはできません。銃刀法違反となるためです。

刀剣に箱が付いている場合には箱に収め、ない場合は専用の刀袋に入れた上でしっかりと梱包、ないしはバッグやジュラルミンケースなどに入れて下さい。まわりの方を不安にさせないよう、刀剣を持っているとは分からないように運搬することが大切です。

店頭へ持ち込んでの査定では、お店の方から詳しい説明を聞くことができます。また、疑問点や知りたいことがあればすぐに質問できるのも大きなメリット。査定による買取の値段に納得できれば売買は成立し、即金にて刀剣を引き取ってもらえます。

出張を受けての売却

売却したい刀剣がたくさんある場合や刀剣以外にも甲冑などの武具がある場合、また引越しのため急いで売りたいといった場合などは、出張買取による売却がおすすめです。

これは、刀剣商の方が予約した日時に売却希望者の自宅などの指定場所を訪問。その場で査定してもらう方法です。

数多くの品物を一度に見てもらうことができ、店頭と同じくお店の方と直接やり取りできるのがメリット。査定結果に納得できれば代金を受け取って売却し、品物を運び出してもらいます。お店の方が出張できる地域は各刀剣商により違いますので、事前確認をお忘れなく。

宅配を利用しての売却

店頭(持込)も出張依頼も難しいという方は、宅配を利用しての売却もできます。刀剣商へ宅配での売却希望を伝えて、正しい梱包・発送の方法を教えてもらいましょう。

刀剣商の多くは、段ボール箱や緩衝材、申込書類、送り状がセットになった宅配キットを送ってくれます。梱包する際は、送る途中で刀剣が傷付かないよう丁寧に行うことが大切です。

刀剣商の指示通りに刀剣を梱包して発送すると、到着後、お店にて査定。査定結果と買取価格の連絡がありますので、納得できたら売却の意志を伝えます。代金は指定の口座に振り込まれることになりますが、一方、査定結果に納得できなければ売買は不成立。送った刀剣は着払いにて返却されるのが通例です。

オンライン査定

売却するかどうか迷っている場合や、まずは大まかな評価だけ知りたいという場合などは、写真によるオンライン査定を利用してみてはいかがでしょうか。多くの刀剣商が対応してくれるので相談してみましょう。

オンライン査定の場合でも、刀剣の写真は専用のカメラで撮る必要はありません。一定以上の解像度があれば、お手持ちのデジタルカメラやスマートフォンで十分です。刀身と(なかご)、そして鞘・柄・鍔などの外装は、全体と細かい部分までよく見えるように撮影。また銃砲刀剣類登録証と、あれば鑑定書や折紙も、文字がはっきりと読めるサイズの画像で用意します。

なお、真剣の撮影時にはケガをしないよう、取り扱いには十分注意して下さい。特に茎部分の撮影では柄を外すことになりますが、もし外れないようでしたら危険ですので無理をしないようにしましょう。

撮影した画像は、メールかLINEに添付して送信。ホームページに「オンライン査定フォーム」を載せているお店もありますので、その場合はフォーム内容にしたがって入力し、画像を添付して送ります。

オンライン査定の結果(目安の値段)に納得できたら、店頭(持込)・出張・宅配のいずれかの方法を選んで売却へ。刀剣商の方が現物を直接見て査定したのちに、正確な買取の値段が決まります。

高く売れる刀剣とは?

刀剣商の方は、刀剣のどんなところに注目して査定しているのでしょうか。

値段が決まる基本的な査定ポイントと売却を希望する方が留意するべき点について見ていきましょう。

①作刀年代は古い方が高評価

刀剣の作刀年代は、古いほど評価される傾向にあります。

材料である「玉鋼」(たまはがね)に関しても、「現代刀」よりも「新々刀」、「新刀」、「古刀」と時代が遡るほど良質であると言われ、値段も高くなるのです。

②刀工とその流派

著名な刀工や人気の高い刀工は、いわば「高級ブランド」。高い値段で取引されます。

刀工には「位列」(いれつ)と呼ばれる格付けがあり、作品の質の高さによって上から「最上作」、「上々作」、「上作」、「中上作」、「中作」の5段階に分類。もし、お手持ちの刀剣が有名な刀工の作品なら、この位列についても刀剣商に尋ねてみましょう。

また、現代では人気のある刀剣漫画やアニメ、ゲームに登場した、あるいはモデルとなった刀工の作品は高価になります。

③刀剣の出来栄え

上記の位列は、刀剣のクオリティによる刀工の格付けですが、刀剣そのものの切れ味に対する格付けもあり、それが「業物」(わざもの)です。

これは江戸時代に幕府の試し斬り役人であった「山田浅右衛門吉睦」(やまだあさえもんよしむつ)が分類し、1797年(寛政9年)に編纂された「懐宝剣尺」(かいほうけんじゃく)という書物にまとめられた評価。最も切れ味の優れた「最上大業物」から、「大業物」、「良業物」、業物、「大業物・良業物・業物混合」までがあります。

ただし、この評価はあくまで切れ味に対するもので、江戸時代に大名家の重宝とされていた名刀などは試し斬りができなかったため、懐宝剣尺には記載されていません。

また現代では、日本美術刀剣保存協会が審査し、発行する鑑定書の評価が重視されています。評価が高い順に「特別重要刀剣」、「重要刀剣」、「特別保存刀剣」、「保存刀剣」の4段階となります。

お手持ちの刀剣に鑑定書がなく、売却を急いでないのでしたら、鑑定審査を受けて鑑定書を取得しておくのも良いでしょう。

④保存状態の良し悪し

茎の黒錆

茎の黒錆

刀剣の保存状態に関しては、刀身に疵(きず)や錆がないかどうかを見ます。

一般的には疵や錆がない方が高く評価されますが、名のある武将が戦のときに付けた疵など、由来が明確に分かっている場合などは歴史的な価値が認められて評価も高くなるのです。

錆についても、茎に付いた「黒錆」(くろさび)などは「味」があるとして好まれ、マイナス評価にはなりません。個人の方が自己判断するのではなく、刀剣商の専門家に見てもらう方が確実です。

まずは刀剣商に相談を!

「刀身に錆がある」など、保存状態が良くないように見えても、あきらめずにまずは刀剣商に相談してみましょう。

研磨の専門家である「研師」(とぎし)に依頼して研いでもらうのが最適ですが、研磨の料金は1寸(約3cm)あたり6,000~10,000円が相場と言われていますので、一般的な刀剣のサイズであれば20万円ほどかかることも。この金額が売却価格よりも高く付く場合もあるので、錆があってもそのまま査定に出す方が無難です。

この場合、決して行ってはいけないのは自分で研磨すること。研師ではない一般の方が手を加えると、刀剣の価値は著しく下がってしまうのです。

また、刀剣は玉鋼という鉄でできているため、手入れをせずに置いておくと、どんどん錆びてしまいます。売却を希望する方は早めに刀剣商へ連絡しましょう。