日本刀の名刀

日本刀の業物(わざもの)とは

文字サイズ
日本刀は、現在では美術品として作刀されていますが、もともとは武器として使用されていた刃物です。そのため、切れ味が優れた日本刀やその日本刀を作刀した刀工は「名物」や「業物」(わざもの)などに選定され、高い評価を受けました。業物の選定基準と、切れ味の良し悪しを決定する「試し斬り」を行っていた「山田浅右衛門」(やまだあさえもん)のこと、また試し斬りの結果を記した「截断銘」(さいだんめい)とは何かをご紹介します。

業物(わざもの)とは

業物」(わざもの)は、江戸時代後期に著された書物「懐宝剣尺」(かいほうけんしゃく)と「古今鍛冶備考」(ここんかじびこう)に登場する言葉です。切れ味の良い刀剣を選定し、さらに4つのランク「最上大業物」(さいじょうおおわざもの)、「大業物」(おおわざもの)、「良業物」(よきわざもの)、業物に分類した、言わば刀の切れ味を比べたランキング本として書かれました。

このうち、業物に選定されたのは93工。選定の方法は、罪人の死体を用いた「試し斬り」です。懐宝剣尺によると、「30~50歳前後の男子の胴を用いて、平時に荒事をしていて骨組の堅い者の乳割り(ちちわり:両乳首より少し上の部分を指す試し斬り用語)以上に堅い部分を斬り付け、10回中3~4回両断、もしくは両断寸前まで斬り込めた作例を業物とする」と書かれています。

そして、この「罪人を用いた試し斬り」を行っていたのが、御様御用(おためしごよう:試し斬りの専門職)である「山田浅右衛門」(やまだあさえもん)です。

山田浅右衛門(やまだあさえもん)とは

山田浅右衛門

山田浅右衛門

山田浅右衛門(やまだあさえもん)は、試し斬り役を務めていた山田家の当主が代々名乗った名称で、なかには「朝右衛門」と名乗った当主もいます。

山田家は代々、将軍の刀の試し斬り役を務めただけではなく、死刑執行人として罪人の斬首も請け負っていました。そのため、「首切り浅右衛門」や「人斬り浅右衛門」などの異名もあります。 

なお、山田家は御家人や旗本などの、いわゆる「武士」の家系ではなく「浪人」(主を持たず、町人と同じ扱いを受けていた者)でした。その理由は、「死の穢れを伴う役割であるから」や「幕臣に取り立ててもらうタイミングを失ったから」、「世襲家系では、御様御用を務めるには技術不足の者が出現する可能性があったため」など、諸説あります。

懐宝剣尺(かいほうけんしゃく)と古今鍛冶備考(ここんかじびこう)

懐宝剣尺とは

懐宝剣尺(かいほうけんしゃく)とは、1797年(寛政9年)に山田家5代当主「朝右衛門吉睦」が刊行した刀剣評価書のこと。

本書は、朝右衛門吉睦と、据物斬り(すえものぎり:試し斬り)の斬り手である「須藤五太夫」(すどうごだゆう)が試し斬りした結果が記されており、最上大業物は12工、大業物は21工、良業物は50工、業物は80工、大業物・良業物・業物混合65工の計228工が作刀した刀が評価されています。

なお、懐宝剣尺に掲載された刀工のなかには、増補版である刀剣評価書・古今鍛冶備考で大業物から最上大業物に再評価を受けた刀工や、反対に最上大業物から大業物へ格下げされてしまった刀工も存在。しかし、格下げされたと言っても、掲載されている時点で非常に優れた刀工であることに変わりはありません。

古今鍛冶備考とは

古今鍛冶備考(ここんかじびこう)とは、寛政年間(1789~1801年)に、懐宝剣尺の内容を一部追加・修正して刊行された刀剣評価書のこと。

(なかご:刀身のうち、[つか]に収める部位)に入れられる作刀者や作刀年代のサインである(めい)や押形(おしがた:刀剣の上に和紙を押しあてて、銘や刃文などを精密に描写した記録資料)、刀工の経歴が紹介されています。

全7巻が存在し、最上大業物は13工、大業物は22工、良業物は54工、業物は91工、追加の部では66工の合計246工を収録。古今鍛冶備考は現在、国立大学共同利用機関「国文学研究資料館」でデジタル化され、インターネット上で公開されているため、インターネットに接続できる環境であればどこでも、誰でも読むことができます。

截断銘(さいだんめい)とは

「截断銘」(さいだんめい)とは、試し斬りをした結果、どの部位をどれだけ斬ったのかの情報や斬り手の名前、試し斬りをした年代等を金象嵌(きんぞうがん:彫刻した溝に純金を埋め込む技法)などで施した銘のこと。

試し斬りは、絶命したあとの罪人の体を用いた他、「生き胴試し」と呼ばれる、死罪の罪人を生きたまま斬る方法などがありました。また、罪人の体を斬る箇所にはそれぞれ部位名称があります。

試し斬りの部位名称

試し斬りの部位名称

  1. 太々(ふとぶと:旧称は摺付け[すりつけ]。鎖骨付近)
  2. 雁金(かりがね:旧称は脇毛。脇毛の生えた箇所)
  3. 乳割り(旧称は一の胴。江戸時代前期までは乳頭のやや上の肋骨が多い箇所、江戸時代後期では切りやすいみぞおちの付近)
  4. 脇毛(旧称は二の胴。一の胴より少し下、肋骨8枚目の上部)
  5. 摺付け(旧称は三の胴。二の胴より少し下の付近)
  6. 一の胴(旧称は本胴。三の胴より少し下の付近)
  7. 二の胴(旧称は八枚目。本胴より少し下の付近)
  8. 三の胴(旧称は車先。八枚目より少し下の付近)
  9. 車先(旧称は間の車[まのぐるま]。へそより少し上の付近)
  10. 両車(りょうぐるま:旧称は諸車[もろぐるま]。へそより少し下の付近)

この他にも、2体重ねた状態で斬れたら「二ツ胴」、3体斬れたら「三ツ胴」など、斬った箇所や具合によって刀の切れ味を評価し、截断銘として記録しました。

刀剣ワールドが所蔵する截断銘入りの刀

刀 銘 摂津守源正友入道作(截断銘)寛文十年戌十一月十四日貳ツ胴裁断上大脇毛下二ノ胴 柴崎伝左衛門正次(花押)

「刀 銘 摂津守源正友入道作(截断銘)寛文十年戌十一月十四日貳ツ胴裁断上大脇毛下二ノ胴 柴崎伝左衛門正次(花押)」は、陸奥国相馬中村藩(むつのくに・そうまなかむらはん:現在の福島県相馬市)6万石の藩主であった相馬家のお抱え刀工「正友」が作刀した刀。

本刀の茎には「貮ツ胴截断上大脇下二ノ胴」という截断銘が切られており、「貮ツ胴」は2体の意味、「脇下二ノ胴」は骨の多い脇の下を一刀で切断したことが記録されています。

刀 銘 摂津守源正友入道作(裁断銘)寛文十年戌十一月十四日 貳ツ胴裁断上大脇毛下二ノ胴 柴崎伝左衛門正次(花押)
刀 銘 摂津守源正友入道作(裁断銘)寛文十年戌十一月十四日 貳ツ胴裁断上大脇毛下二ノ胴 柴崎伝左衛門正次(花押)
摂津守
源正友入道作
寛文十年戌
十一月十四日
貳ツ胴裁断
上大脇毛下二ノ胴
柴崎伝衛門正次
鑑定区分
特別保存刀剣
刃長
71.2
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

刀 銘 於武州江戸越前康継(金象嵌)慶長十九年寅七月十一日二ツ筒落

「刀 銘 於武州江戸越前康継(金象嵌)慶長十九年寅七月十一日二ツ筒落」は、戦国時代末期から江戸時代末期にかけて作刀した「越前康継」(えちぜんやすつぐ)が作刀した刀。

本刀の茎には、金象嵌で「二ツ筒落」(ふたつどうおとし:2人の罪人の死体を重ねて切った)という截断銘が切られており、斬り手の名前は明記されていませんが、江戸時代前期に活動した試刀家「中川左平太」(なかがわさへいた)と推測されています。

刀 銘 於武州江戸越前康継(金象嵌)慶長十九年寅七月十一日二ツ筒落
刀 銘 於武州江戸越前康継(金象嵌)慶長十九年寅七月十一日二ツ筒落
於武州江戸
越前康継
(金象嵌)
慶長十九年寅
七月十一日
二ツ筒落
鑑定区分
特別重要刀剣
刃長
70.4
所蔵・伝来
松平忠昌 →
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕