刀剣の歴史

五箇伝以外の刀剣 脇物 - 名古屋刀剣ワールド

文字サイズ
主な5つの刀の生産地、そしてその各地で発祥した作刀の伝法は「五箇伝」(ごかでん)と呼ばれ、多くの優れた刀工を世に送り出してきました。しかし、五箇伝以外の地域にも作刀活動を行う刀工が存在しており、その作刀は「脇物」(わきもの)と呼ばれているのです。そんな脇物には、どのような特徴があったのか、脇物の著名な刀剣と「刀剣ワールド財団」の所蔵刀をご紹介しながら解説します。

脇物(わきもの)とは

五箇伝の分布

五箇伝が伝わる地域

五箇伝以外の刀を意味する「脇物」。五箇伝とは、現在の奈良県で発展した①「大和伝」(やまとでん)、同じく京都府南部の②「山城伝」(やましろでん)、岡山県東南部の③「備前伝」(びぜんでん)、神奈川県の④「相州伝」(そうしゅうでん)、岐阜県南部の⑤「美濃伝」(みのでん)という5つの作刀伝法の総称です。

戦国時代に入って合戦が繰り返されるようになると、五箇伝による作刀の需要が急増。その依頼には、美濃伝の「関鍛冶」(せきかじ)や備前伝の「長船派」(おさふねは)など、腕利きの刀工が揃った伝法の流派が応えていました。

ところが、五箇伝の刀工だけでは供給が追い付かなくなったため、五箇伝以外の地方で作刀していた脇物の刀工達へも、依頼が相次ぐようになったと推測されているのです。これは実際に、五箇伝以外の諸国を領していた戦国大名のなかに、自国の刀工達による作刀活動を支援していた人物もいたと伝わることからも窺えます。

脇物鍛冶には国宝級の刀工がいた!?

脇物という呼称だけを聞くと、五箇伝に比べて、あまり品質が良くない刀なのではないかと思われるかもしれません。しかし脇物鍛冶には、五箇伝の刀工と肩を並べられるほど高品質な刀を手掛けた名工が多数存在していたのです。

則重

鎌倉時代末期に越中国・呉服郷(現在の富山県富山市)にて作刀していた「則重」(のりしげ)。相州伝の名工「正宗」(まさむね)、もしくはその師である「新藤五国光」(しんとうごくにみつ)の門人と伝えられる刀工です。

則重の銘が切られている刀の多くは短刀であり、延慶年間(1308~1311年)を始めとして、正和年間(1312~1317年)や元亨年間(1321~1324年)などの年紀作が見られます。

短刀 銘 則重(日本一則重)

本短刀は、熊本藩(現在の熊本県)歴代藩主「細川家」に伝来した名刀です。同家伝来の美術品などを収蔵する「永青文庫」(えいせいぶんこ:東京都文京区)が所蔵しています。その仕上がりが非常に素晴らしいことから、「日本一則重」(にほんいちのりしげ)という「号」(ごう:逸話などにちなんだ愛称)が付けられているのです。

  • 松皮肌
    松皮肌
  • 地沸
    地沸

小板目肌」(こいためはだ)の地鉄には、則重最大の特徴である「松皮肌」(まつかわはだ:松の木の皮に似た激しくうねる形状の肌模様)が交じるだけでなく、地鉄にこぼれたように見える「」(にえ:刃中などに生じた肉眼で確認できるほどの大きさである粒子)である「地沸」(じにえ)がよく付いています。

互の目乱れ

互の目乱れ

また刃文は、規則的に連続する波型の刃文「互の目乱れ」(ぐのめみだれ)に「小沸」(こにえ)が強く付き、「金筋」(きんすじ:刃中において、鍛え目に沿って線のように太く光る働き)や「砂流し」(すながし:刃中において、沸が刃に沿って線のように連なる働き)、「」(におい:刃文と地の境目に出現する細かい粒子)や沸が、刃縁(はぶち)から刃先に向かって線のように連なる働きである「」(あし)もしきりに入っています。

戦前の旧制度で国宝に指定されたのみならず、戦後に新制度となってからも、1953年(昭和28年)に再び国宝となった本刀は、同工の作品のなかでも傑作と評される1振です。

短刀 銘 則重(日本一則重)
短刀 銘 則重(日本一則重)
則重
鑑定区分
国宝
刃長
24.6
所蔵・伝来
永青文庫

安綱

安綱」(やすつな)は、平安時代に伯耆国(現在の鳥取県中西部)で活躍した刀工。

作刀の材料である砂鉄の産地、伯耆国・大原に住していたことから「大原安綱」(おおはらやすつな)と呼ばれていました。初めて個人名が確認された刀工と伝えられており、日本における「刀の祖」と称される名工です。

童子切安綱
小鋒/小切先

小鋒/小切先

安綱の作刀で国宝に指定されているのは、「童子切安綱」(どうじぎりやすつな)と号する太刀です。この号は、平安時代中期の武将「源頼光」(みなもとのよりみつ)が、「酒呑童子」(しゅてんどうじ)という名の鬼を本太刀で切ったとする伝説が由来。

そのあと、「足利家」や「豊臣家」、さらに「徳川家」と錚々たる天下人達の手に渡った名刀です。刀身の先端である鋒/切先(きっさき)は「小鋒/小切先」(こきっさき)となり、その姿は優美な雰囲気を醸し出しています。

また、小板目肌の鍛えとなる地鉄には、親指で押したような斑状の文様「地斑」(じふ)が交じっているのが特徴。また、「小乱」(こみだれ)となった刃文には足や金筋が入っており、日本の刀を代表する「天下五剣」(てんがごけん)の1振に選ばれるのも頷ける名品です。

  • 地斑が交じる
    地斑が交じる
  • 小乱
    小乱
童子切安綱
童子切安綱
安綱
鑑定区分
国宝
刃長
80
所蔵・伝来
源頼光 →
足利家 →
豊臣秀吉 →
徳川家康

著名な脇物鍛冶とその作刀

脇物鍛冶には、ここまでご紹介した国宝級の名工以外にも、技量の高い刀工が日本全国にまだまだ多くいました。ここからは、「東国編」と「西国編」の2つに分け、著名な脇物鍛冶と、刀剣ワールド財団の所蔵刀を含むその作刀について解説します。

東国編

江義弘/郷義弘

江義弘/郷義弘」(ごうよしひろ)は、越中国・松倉郷(現在の富山県魚津市)にて作刀した、南北朝時代初期の刀工です。正宗に大きな影響を受けた10人の高弟「正宗十哲」(まさむねじってつ)のひとりに数えられています。27歳で亡くなったため、その作刀の数は極端に少なく、在銘作はありません。

現存する同工の無銘刀は、刀剣鑑定家であった「本阿弥家」(ほんあみけ)が極めています。江戸時代には、同じく脇物鍛冶の「長曽祢虎徹」(ながそねこてつ:別称「長曽祢興里」[ながそねおきさと])など「新刀期」(しんとうき)の名工達が、こぞって江義弘/郷義弘の作刀をお手本とした「写し」の作刀に取り組んでいました。

五月雨江
黒田長政

黒田長政

五月雨江」(さみだれごう)は、福岡藩(現在の福岡県)初代藩主「黒田長政」(くろだながまさ)が、江戸幕府2代将軍「徳川秀忠」(とくがわひでただ)に献上したと伝わる打刀です。

そのあと、3代将軍「徳川家光」(とくがわいえみつ)の娘が「尾張徳川家」へ輿入れするときに、本刀が婿引き出物として贈られて以来、同家に伝来しました。

「五月雨」という号の由来は、刀剣鑑定家の「本阿弥光瑳」(ほんあみこうさ)、もしくはその子の「本阿弥光甫」(ほんあみこうほ)により、江義弘/郷義弘作と極められたのが五月雨の季節であった、本刀の作刀時期が五月雨の季節であり、刃文が霧のような美しさであることなど、様々な説が伝えられています。

五月雨江
五月雨江
-
鑑定区分
重要文化財
刃長
71.5
所蔵・伝来
黒田長政 →
徳川秀忠 →
尾張徳川家 →
徳川美術館
月山派
綾杉肌

綾杉肌

「月山派」(がっさんは)は鎌倉時代から室町時代に出羽国(現在の山形県、及び秋田県)の月山に住した刀工一門です。

室町時代には、相州伝との技術交流を積極的に行い、両者での合作も現代にまで伝えられています。

作風における最大の特徴は、地鉄が「綾杉肌」(あやすぎはだ)であること。綾杉肌とは、木材の柾目(まさめ)のような肌目が、綾杉のように大きく波打った文様です。

月山の霊場に住んだ「鬼王丸」(おにおうまる)を始祖とする伝説で知られる月山派は、日本の山岳信仰と仏教の密教などが結び付いた宗教「修験道」(しゅげんどう)と密接な関係にあり、綾杉肌は、修験者である山伏を通じて、大和伝や薩摩国(現在の鹿児島県西部)の刀工などにも影響を与えました。

この綾杉肌と実用性に富んだ月山派の作刀は評判となり、「月山物」と呼ばれて全国で高い人気を博したのです。月山派は、江戸時代で一旦衰退しますが、幕末に「月山貞吉」(がっさんさだよし)が大坂に移住して以降、現代では、その子孫達が奈良県を拠点として活動を続けています。

刀 銘 月山

本刀でいちばんに目を引くのは、月山物の証しを示すかのごとく、鮮明に現れている綾杉肌。月山派の作刀は、この綾杉肌の鍛えに呼応するように、直刃調の刃文が自然に乱れるのが特筆すべきポイントであり、本刀においても、直刃に小互の目が交じる刃文が焼かれています。月山派の高い技量が存分に発揮された1振です。

刀 銘 月山
刀 銘 月山
月山
鑑定区分
特別保存刀剣
刃長
68.8
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

西国編

青江派

「青江派」は、備中国・青江(現在の岡山県倉敷市)で刀を作刀していた刀工一門。平安時代末期に始まった同派は、鎌倉時代中期までの「古青江」(こあおえ)、鎌倉時代末期から南北朝時代初期の「中青江」(ちゅうあおえ)、南北朝時代の延文年間(1356~1360年)の「末青江」(すえあおえ)の3派に分類されます。

腰反り

腰反り

同派の作風には顕著な特色がいくつかあり、腰元で大きく反る「腰反り」(こしぞり)の太刀姿もそのひとつ。さらに古青江派では、銘を切る位置も他の刀工一門とは異なっています。

本来太刀の場合、刀工銘は、刃を下向きにして腰に装着したときに表側になる面に切る「表銘」となりますが、古青江派の作刀は、その反対側、すなわち体に接する面に切る「裏銘」(うらめい)の作例が多く見られるのです。

狐ヶ崎為次

国宝に指定されている本太刀は、鎌倉幕府の御家人「吉川友兼」(きっかわともかね)が所有していた1振。「狐ヶ崎」(きつねがさき)の号は、吉川友兼が本太刀を用いて、「梶原景時」(かじわらかげとき)を討った際の駿河国にあった地名「狐ケ崎」(現在の静岡市清水区)が由来となっています。

本太刀を作刀したのは、古青江派の刀工「為次」(ためつぐ)。同工は、父「守次」(もりつぐ)に師事し、建暦年間(1211~1213年)頃に活躍したと推測されています。本太刀の注目すべきポイントは、茎にも反りが見られるところ。

また、磨上げなどをしない健全な刀身のまま現存しており、吉川家の文化財などを所蔵する「吉川史料館」(山口県岩国市)でその姿を観られます。

狐ヶ崎為次
狐ヶ崎為次
-
鑑定区分
国宝
刃長
78.5
所蔵・伝来
吉川友兼 →
吉川資料館

千子村正

千子村正」(せんごむらまさ)は、室町時代後期に伊勢国・桑名(現在の三重県桑名市)にて鍛刀していた刀工です。同銘は3代続いたと伝えられています。美濃伝を基礎とし、相州伝なども取り入れて独自の作風を完成させた千子村正は、刃文が表裏揃った「村正刃」([千子刃]とも言う)などの様式を全国に広めました。

切れ味が凄まじいと評されていた千子村正は、徳川家に仇なす「妖刀」(ようとう)の伝説でも有名です。これは、徳川家康やその祖父、そして父の死傷に千子村正の作刀が関係していたことが由来。そのため江戸時代には、村正の銘が消されるなどの事例もありました。

脇差 銘 勢州桑名住村正

本脇差は、千子村正らしい互の目乱れの刃文が「皆焼」(ひたつら:刃部分だけでなく、平地鎬地[しのぎじ]、棟の各部にまで焼き入れが施された刃文)状となっており、相州伝を彷彿とさせる金筋や砂流しの働きが見られます。

また、「たなご」という魚のお腹のように、下端部が極端に細く、中央部が盛り上がっている茎は「たなご腹形」と呼ばれ、こちらについても、千子村正の作風における大きな特色になっているのです。

さらに本脇差の銘には、「勢州桑名住」と居住地の名称が切られています。通常千子村正の銘は「村正」の二字銘となるため、大変貴重な作品と言える1振です。

脇差 銘 勢州桑名住村正
脇差 銘 勢州桑名住村正
勢州桑名住村正
鑑定区分
特別保存刀剣
刃長
40.0
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕