刀剣の基本を知る

打刀(うちがたな)の解説

文字サイズ

「鎬」(しのぎ)があり、反りを持つ日本刀が登場したのは、平安時代中期と言われています。それから室町時代中期まで、日本刀と言えば騎馬で用いる「太刀」(たち)のことでした。
しかし、戦国の世が訪れると、歩兵による大規模な戦いにふさわしい「打刀」(うちがたな)が考案され、広まっていったのです。 この打刀が日本刀の主流となった歴史的背景と、併せて「刀剣ワールド財団」が所蔵する代表的な打刀をご紹介します。

  • 刀剣・日本刀写真
    刀の種類や鑑定区分、制作時代などから刀剣を検索することができます。
  • 刀剣年表
    「有名な刀工」や「有名な刀剣」などを年表に沿ってご紹介しています。

打刀とは

帯刀する武士

帯刀する武士

打刀」とは、テレビの時代劇などで観られる、一般的な日本刀のイメージと言っても差し支えありません。打刀と、それより短い「脇差」(わきざし)の大小2振を腰に差している武士の姿はよく知られています。

室町時代まで日本刀の主流であった「太刀」は、腰に吊るす様式で、これを「佩く」(はく)と表現。

一方、打刀はに収めたとき、刃を上に向けた状態で腰に差し、このことを「帯刀する」と言います。

帯刀する打刀の登場には、戦国時代の到来が大きく関与しているのです。

一騎打ちから集団戦へ。戦い方の変化が生んだ打刀

室町時代後期から安土桃山時代にかけての戦国時代、戦の規模が拡大するにつれて、戦い方にも大きな変化がありました。

それまでは、騎馬による一騎打ちが戦場での主流でしたが、戦国時代には足軽による徒歩(徒士:かち)での集団戦が大半を占めることになります。この戦い方の変化が、武器である日本刀にも変化をもたらしました。

騎馬で使用するための太刀は、長大で重量もあったため、集団が密集して戦う徒歩戦には向きません。そこで、太刀よりも軽量で抜きやすい打刀が多く用いられるようになりました。

さらに、刃を上にして差すため、抜く動作からそのまま敵を斬ることができるという利点もあったのです。

使いやすく、装備する際も簡単な打刀は、瞬く間に普及していきました。

打刀

打刀

打刀の刃長は、2尺1寸(63.6cm)前後。持ち主の身長や腕の長さに合わせて作らせたと言われています。身幅は広く、反りの中心が刀身の先の方にある「先反り」が強く付くことが特徴です。地上での徒歩戦のために扱いやすい形状となっています。

武器の主流ではなかった打刀

戦国時代の集団戦に適した打刀は、日本刀の主流にはなったものの、実は戦いにおける武器としては脇役だったのです。

現代でこそ、「日本刀は武士の魂」という印象がありますが、古くは武器の主役は「弓」であり、武道とは「弓道」でした。騎馬での戦いに、弓は有効な武器であったと言えます。

戦国時代には、徒歩での戦いが多くなりますが、戦場で主戦力となったのは、「薙刀」(なぎなた)や「」などの長柄武器でした。打刀は、それらの主力武器を失ったときや、接近戦になった場合にのみ使用されたのです。

そんな打刀も、幕末の動乱期には戦いの主役となります。当時は、「新撰組」のような治安維持を任務とした集団が反幕府勢力の活動を取り締まっていたため、街中での接近戦が多く、そのほとんどは少人数での戦いでした。そうした条件のもとでは、打刀は最適な武器であったのです。

「徳川綱吉」の時代に、打刀が武士の魂となる

戦国時代までは農民など一般庶民も日本刀を持つことができ、武士だけが帯刀していたのではありませんでした。一般庶民にとっても、日本刀は身を守るための武器であるのと同時に、正装用の装身具でもあったのです。当時は男性の身だしなみとして、日本刀を身に付けていました。

そんななか、1588年(天正16年)、「豊臣秀吉」によって「刀狩令」が出されます。

これには、農民の武力による反抗を防ぎ、武士と農民との身分的区別を明確にする「兵農分離」の目的がありましたが、江戸時代の初期までは町人でも日本刀を身に付けることが許されていました。

日本刀の大小帯刀が許されるのは武士のみと徹底したのは、徳川5代将軍「徳川綱吉」です。徳川綱吉の政策により、旅先での護身用など特別な場合を除いて町人の帯刀は禁止となりました。

これにより、日本刀と武士の関係は特別であると見なされ、江戸時代に日本刀の主流であった打刀が、武士が持つ日本刀のイメージとして定着したと考えられます。

徳川綱吉を含む、江戸幕府を治めた徳川家15人の将軍についてご紹介します。

磨上げによる打刀への作り変え

室町時代後期以降、打刀が日本刀の主流となりました。

それまで主流であった太刀の多くは、当時の戦闘様式に適するように、「」(なかご)の部分を短く詰める「磨上げ」(すりあげ)を行なって、打刀と同様の長さへと作り直されたのです。茎とは、通常は「」(つか)に収められている握りの部分のこと。ここを短くすることで、帯刀したときに、抜刀しやすくなりました。

太刀の磨上げは、戦国武将の「織田信長」や豊臣秀吉の命によって盛んに行なわれたと伝えられています。

では、なぜ刀身の上部を短く詰めなかったのでしょうか。

それは、刀身の「鋒/切先」(きっさき)を切り詰めると、鋒/切先の刃文である「帽子」(ぼうし)がなくなってしまうからです。

帽子は、刀工の個性が最大限に発揮される日本刀の華。帽子はあとから付けることはできません。短く詰めるのであれば、茎部分しかなかったのです。

刀剣ワールド財団所蔵の打刀

刀 銘(葵紋)於武州江戸越前康継 以南蛮鉄末世宝二胴 本多五郎右衛門所持

本打刀の茎に切られたの読みは、「ぶしゅうえどにおいてえちぜんやすつぐ なんばんてつをもってまっせのたからふたつどう ほんだごろうえもんしょじ」。大変に長い銘ですが、これには大切な意味が込められています。

制作者である刀工「越前康継」は、「関ヶ原の戦い」が起こった1600年(慶長5年)に、「徳川家康」の次男で越前国(現在の福井県北東部)福井藩の藩祖「結城秀康」(ゆうきひでやす)に召し抱えられました。

そののち、高い力量を認められ、徳川家康と2代将軍「徳川秀忠」に仕えることになり、越前国から江戸へ移住。徳川家康から「康」の一文字を賜ると共に、作品の茎に「葵の御紋」を切ることを許されます。

本打刀の銘に名前のある「本多五郎右衛門」は、結城秀康の家臣であり作刀の支援者でもあった「本多成重」(ほんだなりしげ)の家来とされる人物です。本多五郎右衛門の依頼により、南蛮鉄(輸入された鋼鉄)を使って江戸で制作されたことが分かります。

この打刀の出来栄えが非常に優れていたため、「末世宝」つまり「末代までの宝」とするよう銘に刻まれました。また、「二胴」とは、罪人の亡きがらを2つ重ねて試し切りしたことを意味しており、切れ味が鋭いことを表しています。

そして、「鎺元」(はばきもと)に「葵の御紋」が彫られているのも際立った特徴です。

本打刀は、名高い名刀のなかでも特に貴重な1振であり、鑑賞できる機会があれば、決して逃せない逸品中の逸品となっています。

刀  銘 (葵紋)於武州江戸越前康継 以南蛮鉄末世宝二胴 本多五郎右衛門所持
刀 銘 (葵紋)於武州江戸越前康継 以南蛮鉄末世宝二胴 本多五郎右衛門所持
於武州
江戸越前康継
以南蛮鉄末世宝二胴 本多五郎右衛門所持
鑑定区分
重要美術品
刃長
72.6
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

刀 無銘 貞宗

本打刀に銘はありませんが、鎌倉時代後期から南北朝時代に相模国(現在の神奈川県)で活躍した「貞宗」(さだむね)の作品とされる名刀です。

貞宗は、「相州伝」の伝法を確立した名刀工「正宗」(まさむね)の子、または養子と伝えられ、正宗の作風を継承しながらも独創性を発揮。ときに正宗をもしのぐ腕前を見せたと言われています。とりわけ、地鉄の美しさは突出しており、正宗と並んで、後代の刀工達に多大なる影響を与えました。

本打刀は、華やかさこそないものの、静かな風格を感じさせる姿が印象的です。刃文は穏やかで、ゆったりと波打つような「湾れ」(のたれ)に、控えめな働きが見て取れます。地鉄は美しく冴えて精緻。細かく付いた「」(にえ)は、明るく映え、うっすらと積もった新雪のようです。

本打刀も滅多にない名品であり、重要文化財に指定されています。

刀 無銘 貞宗(重要文化財)
刀 無銘 貞宗(重要文化財)
無銘
鑑定区分
重要文化財
刃長
69.1
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

日本刀に息づく日本の歴史

名古屋刀剣博物館「名古屋刀剣ワールド」(愛知県名古屋市中区栄)では、貴重な名刀を数多く展示。堂々たる打刀の名品も揃い、「武士の魂」を間近に鑑賞することができます。

また名刀は、類まれな武器であったばかりでなく、伝統の技が活きる美術品でもありました。多くの武将達が日本刀の魅力に心を奪われたことは言うまでもありません。

戦国時代の武将達、そして江戸時代の武士達は、どのような心持ちで打刀を手にしたのでしょうか。名刀の輝きを前に、日本の歴史に思いを馳せてみるのもおすすめです。