刀剣の基本を知る

刀剣とは

文字サイズ

刀剣とは、刀身、または剣身を備えた武器の総称で、日本では、一般的に片刃の物を「刀」、両刃の物を「剣」として区別しています。
また、「銃砲刀剣類所持等取締法」(銃刀法)では、刀剣を「刃渡り15cm以上の刀、槍、及び薙刀(なぎなた)」、そして「刃渡り5.5cm以上の剣、合口(あいくち)、飛び出しナイフ」と定義。主に「打物」(うちもの:打って鍛えた武器)を指し、その種類は、「剣」、「大刀」(たち)、「太刀」(たち)、「打刀」(うちがたな)、「脇差」(わきざし)、「短刀」などで、「槍」や「薙刀」といった「長柄武器」も入ります。

  • 刀剣・日本刀写真
    刀の種類や鑑定区分、制作時代などから刀剣を検索することができます。
  • 刀剣年表
    「有名な刀工」や「有名な刀剣」などを年表に沿ってご紹介しています。

武器として作られたのが刀剣

刃渡り15cm以上で、刀身を備えているのであれば、包丁も刀剣に含まれるのでしょうか。刀剣と、包丁やナイフなどの刃物との違いは、基本的には形状で判断されます。

「日本刀」のように「反り」のあるタイプは、おおむね「刀剣類」と言えるのです。ただし、「忍者刀」のように、反りがなくても古来の武器であれば、刀剣類とされます。

つまり、刀剣類と刃物の最も簡単な見分け方は、「刀剣類=武器」、「刃物=道具」なのです。刀剣類は、もともと武器として作られました。

例えば日本刀には、反りがあるために、突き刺すことだけでなく、切り引くことにおいても効果を発揮。高い殺傷能力を備えているのです。

一方、料理に使う包丁や、木を削るナイフは道具として作られています。これらは「刃物」であり、日常的に所持することが可能で、特別な手続きは必要ありません。

「刀剣」と「刃物」の違い

「刀剣」と「刃物」の違い

刀剣の所持には注意が必要

銃砲刀剣類登録証

銃砲刀剣類登録証

現代では、日本刀は美術品としての価値が認められ、高い人気を誇っています。しかし、本来は武器であるがゆえに骨董品であっても慎重に取り扱わなければなりません。

また、刀剣を所持するためには、「銃砲刀剣類登録証」が必要です。この登録証が付いている日本刀であれば、刀剣商(刀剣店)で購入することができます。なお、「」や「薙刀」などの「長柄武器」も同様です。

登録証が付いていない日本刀は、銃刀法違反となるため、所持することはできません。これらは、「鍛錬」(たんれん)、「焼き入れ」といった伝統的な制作工程を経ることなく作られた刀剣である可能性が高いのです。

他方、刃の付いていない鑑賞用、または居合用などの模造刀(もぞうとう:レプリカ)であれば、登録証は必要ありません。

銃砲刀剣類登録証がある日本刀を新しく購入したときや、祖父母などから遺産として譲り受けた場合は、「所有者変更届出書」(名義変更)の手続きが必要。登録証に記載されている教育委員会へ、取得から20日以内に提出します。

また、家から日本刀が発見されたものの、銃砲刀剣類登録証が見つからないといった場合には、すみやかに警察へ届け出なければいけません。届出をすると「銃砲刀剣類発見届出済証明書」が発行されます。

そのあと、居住地域の都道府県教育委員会へ銃砲刀剣類登録証と所有者変更届出書を申請。審査が行なわれ、「伝統的な方法で制作された日本刀であり、美術品、または骨董品として価値がある」と認められれば登録証が発行されます。

もし、申請が認められなければ、警察に廃棄してもらわなければなりません。

  • 銃砲刀剣類登録証を提出 都道府県教育委員会一覧
    刀剣類の購入(所持)や譲渡・相続の際には、名義変更届を教育委員会に提出します。お住まいの地域からお探し下さい。
  • 全国の刀剣商(刀剣買取・販売店)リンク
    日本全国の刀剣商(刀剣買取・販売店)リンクを一覧でご覧頂けます。
  • 「日本刀(真剣)を購入・所持する」をはじめ、日本刀に関する基礎知識をご紹介します。

  • 「日本刀を鑑賞する・所有する」をはじめ、刀剣に関する基礎知識をご紹介します。

刀剣ワールド所蔵の刀剣

名古屋刀剣博物館「名古屋刀剣ワールド」(愛知県名古屋市中区栄)では、「刀剣ワールド財団」が所蔵する刀剣の名品と出会うことができます。

その中から、「太刀」、「刀」(打刀)、「脇差」、「短刀」を、それぞれ1振ずつピックアップしてご紹介。いずれも、歴史人達に尊ばれた美しい作品ばかりです。

太刀 貞真

本太刀は、信濃国諏訪藩(現在の長野県諏訪市)2代藩主「諏訪忠恒」(すわただつね)が、主君である江戸幕府3代将軍「徳川家光」より賜った1振。諏訪忠恒は、若い頃に「大坂冬の陣・夏の陣」で武功を挙げ、藩主となってからは新田開発などの藩政に力を尽くした大名であり、徳川将軍家からも一目置かれる存在でした。

そんな由緒ある本太刀の制作者は、「福岡一文字派」の刀工「貞真」(さだざね)です。福岡一文字派とは、鎌倉時代初期に備前長船福岡(現在の岡山県瀬戸内市)の地で興った一派で、国宝重要文化財にも指定される数多くの名刀を生み出しました。

本太刀の作風は、直刃調(すぐはちょう)に小乱れ、小丁子乱れ(こちょうじみだれ)に地沸(じにえ)が付き、刃中は小沸出来。古備前鍛冶の遺風が表れていることから、「古一文字」と呼ばれています。

古備前鍛冶の風格を備えながらそこに新しさを加味した、鎌倉時代中期の福岡一文字らしい華やかな作品です。

太刀 貞真
太刀 貞真
貞真
時代
鎌倉時代中期
鑑定区分
重要美術品
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
  • 徳川十五代将軍のひとり、第3代将軍・徳川家光についてご紹介します。

  • 刀工「貞真」の情報と、制作した刀剣をご紹介します。

  • 歴史上の人物が活躍した大坂冬の陣・夏の陣をご紹介!

  • 武将達が戦った大坂冬の陣・夏の陣の古戦場をご紹介!

刀 銘 備州長船住近景

本刀は、長柄武器である「長巻」(ながまき)の(なかご)を磨上げて打刀に作り直した「長巻直し」で、周防国岩国藩(現在の山口県岩国市)の藩主「吉川家」(きっかわけ)に伝来しました。吉川家の祖となった「吉川義経」(きっかわよしつね)は、「源頼朝」の側近くに仕えたことで知られています。

本刀を手掛けた「近景」(ちかかげ)は、鎌倉時代末期から南北朝時代にかけて、備前国長船(現在の岡山県瀬戸内市)で活躍。近景の作品としては、「本能寺の変」で主君「織田信長」に反旗を翻した「明智光秀」の愛刀「明智近景」が有名ですが、本刀は明智近景よりも先に鍛えられています。

地鉄(じがね)は板目肌が詰んで地沸が細かく映り立ち、刃文は匂出来で、中直刃にやや尖り、小互の目(こぐのめ)が交じって小足(こあし)が入る美しさが特徴的です。鋒/切先(きっさき)まですらりと伸びた気品漂う刀姿には目を奪われます。

刀 銘 備州長船住近景
刀 銘 備州長船住近景
備州長船住近景
時代
鎌倉時代後期
鑑定区分
重要美術品
所蔵・伝来
岩国藩藩主
吉川家伝来→
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
  • 源頼朝のエピソードをはじめ、それに関係する人物や戦い(合戦)をご紹介します。

  • 織田信長のエピソードをはじめ、それに関係する人物や戦い(合戦)をご紹介します。

  • 明智光秀のエピソードをはじめ、それに関係する人物や戦い(合戦)をご紹介します。

  • 織田信長のエピソードや、関連のある刀剣・日本刀をご紹介します。

  • 明智光秀のエピソードや、関連のある刀剣・日本刀をご紹介します。

  • 刀工「長船近景」の情報と、制作した刀剣をご紹介します。

  • 歴史上の人物が活躍した本能寺の変をご紹介!

  • 武将達が戦った本能寺の変の古戦場をご紹介!

脇差 銘 源清麿 嘉永元年八月日

本脇差を所有していたのは、信州松代藩(現在の長野県長野市)の藩士「高野武貞」(たかのたけさだ)。兵学者で武術家でもあった「窪田清音」(くぼたすがね)の門人となり、兵学と田宮流居合剣術を学んだ人物です。

本脇差を制作した「源清麿」(みなもときよまろ)もまた窪田清音の門人であり、刀工としての腕前を認められ、窪田清音の屋敷に設けられた鍛冶場で作刀に励みました。四谷北伊賀町(現在の東京都新宿区三栄町の一部)に居を構えたことから、「四谷正宗」とも呼ばれています。

高野武貞は、同じ窪田清音の門人で、同郷でもある源清麿の脇差を愛用しました。

本脇差は、「薙刀直し」(なぎなたなおし)を模して制作されました。薙刀直しとは、鎌倉時代の薙刀を脇差に作り直すことで、本脇差においては、その特徴を再現した勇壮な姿が印象深く見事です。

脇差 銘 源清麿 嘉永元年八月日
脇差 銘 源清麿 嘉永元年八月日
源清麿
嘉永元年八月日
時代
江戸時代
鑑定区分
重要刀剣
所蔵・伝来
高野武貞→
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

江戸時代の代表的な100藩を治世などのエピソードをまじえて解説します。

短刀 銘 光包 延慶二年二月日

「備前長船派」の刀工「長光」(ながみつ)の庶子(側室の子)と伝えられる「光包」(みつかね)は、「来派」を代表する名工「来国俊」(らいくにとし)に師事。長光と来国俊の2人に学んだとも言われています。

また、「比叡山延暦寺」(ひえいざんえんりゃくじ:滋賀県大津市)の「根本中堂」(こんぽんちゅうどう)に籠って作刀したことから、「中堂来」の異名を取りました。

本短刀は、光包の作品の中でも出色と評される傑作であり、重要文化財(旧国宝)に指定されています。

鍛えは板目で肌立って地沸付き。刃文は、細直刃に小沸深く、砂流し、ほつれごころあり。そして、表には「不動明王」(ふどうみょうおう)を象徴する「種字」(しゅじ)と「素剣」(すけん)、裏には同じく不動明王の種字と「護摩箸」(ごまばし)が彫刻されています。

魔を祓い、煩悩を断ち切るとされる不動明王への加護の願いが込められた凛々しい1振です。

短刀 銘 光包 延慶二年二月日
短刀 銘 光包 延慶二年二月日
光包
延慶二年二月日
時代
鎌倉時代
鑑定区分
重要文化財
(旧国宝)
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
  • 刀工「長光」の情報と、制作した刀剣をご紹介します。

  • 刀工「光包」の情報と、制作した刀剣をご紹介します。

  • 刀工「来国俊」の情報と、制作した刀剣をご紹介します。