刀剣の基本を知る

刀剣とは

文字サイズ

刀剣とは、刀身、または剣身を備えた武器の総称で、日本では、一般的に片刃の物を「刀」、両刃の物を「剣」として区別しています。
また、「銃砲刀剣類所持等取締法」(銃刀法)では、刀剣を「刃渡り15cm以上の刀、槍、及び薙刀(なぎなた)」、そして「刃渡り5.5cm以上の剣、合口(あいくち)、飛び出しナイフ」と定義。主に「打物」(うちもの:打って鍛えた武器)を指し、その種類は、「剣」、「大刀」(たち)、「太刀」(たち)、「打刀」(うちがたな)、「脇差」(わきざし)、「短刀」などで、「槍」や「薙刀」といった「長柄武器」も入ります。

  • 刀剣・日本刀写真
    刀の種類や鑑定区分、制作時代などから刀剣を検索することができます。
  • 刀剣年表
    「有名な刀工」や「有名な刀剣」などを年表に沿ってご紹介しています。

「刀剣」と「刃物」の違い

刃渡り15cm以上で、刀身を備えているのであれば、包丁も刀剣に含まれるのでしょうか。刀剣と、包丁やナイフなどの刃物との違いは、基本的には形状で判断されます。

「日本刀」のように「反り」のあるタイプは、おおむね「刀剣類」と言えるのです。ただし、「忍者刀」のように、反りがなくても古来の武器であれば、刀剣類とされます。

つまり、刀剣類と刃物の最も簡単な見分け方は、「刀剣類=武器」、「刃物=道具」なのです。刀剣類は、もともと武器として作られました。

例えば日本刀には、反りがあるために、突き刺すことだけでなく、切り引くことにおいても効果を発揮。高い殺傷能力を備えているのです。

一方、料理に使う包丁や、木を削るナイフは道具として作られています。これらは「刃物」であり、日常的に所持することが可能で、特別な手続きは必要ありません。

「刀剣」と「刃物」の違い

「刀剣」と「刃物」の違い

刀剣の所持には注意が必要

銃砲刀剣類登録証

銃砲刀剣類登録証

現代では、日本刀は美術品としての価値が認められ、高い人気を誇っています。しかし、本来は武器であるがゆえに骨董品であっても慎重に取り扱わなければなりません。

また、刀剣を所持するためには、「銃砲刀剣類登録証」が必要です。この登録証が付いている日本刀であれば、刀剣商(刀剣店)で購入することができます。なお、「」や「薙刀」などの「長柄武器」も同様です。

登録証が付いていない日本刀は、銃刀法違反となるため、所持することはできません。これらは、「鍛錬」(たんれん)、「焼き入れ」といった伝統的な制作工程を経ることなく作られた刀剣である可能性が高いのです。

他方、刃の付いていない鑑賞用、または居合用などの模造刀(もぞうとう:レプリカ)であれば、登録証は必要ありません。

銃砲刀剣類登録証がある日本刀を新しく購入したときや、祖父母などから遺産として譲り受けた場合は、「所有者変更届出書」(名義変更)の手続きが必要。登録証に記載されている教育委員会へ、取得から20日以内に提出します。

また、家から日本刀が発見されたものの、銃砲刀剣類登録証が見つからないといった場合には、すみやかに警察へ届け出なければいけません。届出をすると「銃砲刀剣類発見届出済証明書」が発行されます。

そのあと、居住地域の都道府県教育委員会へ銃砲刀剣類登録証と所有者変更届出書を申請。審査が行なわれ、「伝統的な方法で制作された日本刀であり、美術品、または骨董品として価値がある」と認められれば登録証が発行されます。

もし、申請が認められなければ、警察に廃棄してもらわなければなりません。

  • 銃砲刀剣類登録証を提出 都道府県教育委員会一覧
    刀剣類の購入(所持)や譲渡・相続の際には、名義変更届を教育委員会に提出します。お住まいの地域からお探し下さい。
  • 全国の刀剣商(刀剣買取・販売店)リンク
    日本全国の刀剣商(刀剣買取・販売店)リンクを一覧でご覧頂けます。<
  • 「日本刀(真剣)を購入・所持する」をはじめ、日本刀に関する基礎知識をご紹介します。

  • 「日本刀を鑑賞する・所有する」をはじめ、刀剣に関する基礎知識をご紹介します。