刀剣を鑑賞する

銘とは

文字サイズ
「銘」(めい)とは、日本刀の刀身(とうしん)のなかでも柄(つか)に収める部位「茎」(なかご)へ入れられる文字のこと。茎に銘を入れることを「銘を切る」と言い、銘は特別なサインとして古くから重要視されてきました。日本刀へ施される銘とはどのような物で、どのような種類があるのか。刀剣鑑賞をする際に見逃せない「銘」に関する基礎知識をご紹介します。

銘とは

刀に入れられるサイン

の最大の役割と言えば、その刀を作刀した人が誰であるのかを示すことです。銘が切られはじめたのは大宝時代(701~704年)で、このときに制定された「大宝律令」(たいほうりつりょう)によって刀工名などを刀へ施すことが義務付けられたと言われています。この時代は多くの刀が作刀されていました。そのため、各刀工の技量により仕上がりにも大きな差が出はじめたことから、誰が作刀したのかを明確にしたのです。

絵画などの美術品にも、その作品を作刀した人のサインが入れられます。そして、そのサインは絵の隅や作品の裏側など、目立たない部分に入れることが多いです。日本刀のサインである銘も「」(なかご)と言う、普段は(つか)に覆われている部分に入れられています。そのため、日本刀を鑑定する際は必ず茎部分もチェックしますが、なぜ銘は茎へ施されたのでしょうか。

茎

その理由は諸説ありますが、日本刀が「刃物」であることが関係していると言われています。刃物は、その切れ味を維持するためには定期的に刃を研がなければいけません。

また、錆(さび)を防止するためには手入れが欠かせませんが、「研ぎ」の作業も「手入れ」の作業も、基本的には刀身(とうしん)の「上身」(かみ:刀身のなかでも[さや]に収める部位)へ行います。

手入れはともかく、研ぐと言うことはその刀身を削ることになるため、上身部分へ銘を施してしまうと、次第にその銘は削られて失われてしまう恐れがあるのです。そのため、銘は研がれる心配がない茎へ施されたのではないかと推測されています。

「銘を切る」と言う言葉の由来

日本刀に関する「刀剣用語」は、とても難しい言葉が多いことで有名です。一般的にはあまり表現されないような単語も多くありますが、銘もまた「切る」と言う、独特の表現がされています。では、なぜ「切る」と言われるのでしょうか。

銘は、「鏨」(たがね)と呼ばれる棒状の金属道具を用いて茎へ文字を彫ります。彫られた部分はV字型に削れますが、その様子が刃物で肉を切り開いたように見えることが「銘を切る」の語源になったと言うのが通説です。

鏨枕

なお、銘は鏨をコツコツと少しずつ押し削るようにして施すため、銘を切った際には押し削った周りの跡が隆起して見えます。

この隆起のことを「鏨枕」(たがねまくら)と言いますが、鏨枕は柄と擦れたり、やすりをかけられたりすることで次第に消えていくのが特徴です。

そのため、作刀年代が新しい刀には、くっきりと鏨枕が残っています。刀剣を鑑賞する際は、古い刀と新しい刀の銘を見比べて、鏨枕がある状態と鏨枕が消えてしまった状態を比較するのもおすすめです。

無銘の刀

銘は、日本刀の特別なサインですが、現存する刀のなかには銘が切られていない作品も多く存在します。そうした刀のことを「無銘」(むめい)と呼びますが、日本刀は無銘の刀であっても、その刀身の形状や表面に現われる「刃文」(はもん)などを見れば、作刀年代や作刀者などがある程度推測することができるのです。

しかし、なぜ銘が切られていない刀があるのでしょうか。その理由は様々あるため、ここでは一般に言われている理由を3つご紹介します。

  1. 作刀者があえて銘を切らなかった

    日本刀は、「侍」や「武士」のためだけに作刀されていたわけではありません。身分が高い人物へ献上したり、神社・仏閣などへ奉納したりするためにも作られていました。この場合、銘を切ることは失礼にあたると言われていたため、相当な逸品であっても銘を切ることはなかったのです。

  2. 後世になって茎を短く切り詰めた

    磨上げられた茎

    磨上げられた茎

    日本刀は、作刀された時代が古いほど、長大で扱いづらい武器でした。

    そのため、後世になってから刀を扱いやすいように、長さを短く改造することがあったのです。

    こうした寸法直しを「磨上げ」(すりあげ)と呼び、磨上げる場合は刃の先端部分である鋒/切先(きっさき)側ではなく、茎部分を切り落としていました。このとき、切り落とす寸法によっては銘が丸ごとカットされるため、無銘の刀ができあがるのです。

    なお、カットした銘は改めて茎へ嵌め込むことがあった他、銘が長い場合は作刀者名など、必要な部分だけを短い銘として残しました。こうした改造は珍しいことではなく、その刀が歩んできた歴史を垣間見ることができる貴重な史料にもなっているのです。

  3. 後世になって人為的に削った

    優れた美術品は非常に価値が高いため、しばしば偽物などが出回ります。日本刀も例外ではなく、名工と呼ばれる刀工の作品と偽って売買されることがありました。例えば、もともと銘が入っていた刀の銘をあえて削って無銘にしてしまうことで、「名工の無銘の作」として売り出すことがあったのです。

    なお、そうした偽物の刀は、特徴などから偽物と判断することができますが、非常に精巧に作られた偽物も多く存在します。江戸時代には名工の作を模した刀を作って生計を立てる刀工もいたと言われているほど。また、「徳川幕府」にまつわる逸話のなかにも「無銘にさせられた刀剣」が存在。

    例えば、「妖刀」の異名で知られる「村正」の刀は、「徳川将軍家」に災いをもたらしたことから「徳川家康」が嫌ったため、諸藩の大名や家臣は、村正の刀剣を手放したり村正の銘をわざと削って隠し持ったりしたと言われています。

    脇差 銘 勢州桑名住村正
    脇差 銘 勢州桑名住村正
    勢州桑名住村正
    鑑定区分
    特別保存刀剣
    刃長
    40.0
    所蔵・伝来
    刀剣ワールド財団
    〔 東建コーポレーション 〕

日本刀以外の「銘」

銘は、日本刀独自のサインと思われがちですが、実は日本刀以外の刀剣にも銘に近い役割を持つサインが施されていました。

中国で作刀された刀剣には、刀工の名以外にも、その刀の号を刀身の上身部分へ入れていたと言います。中国のこうしたサイン入りの刀剣は「楚王の宝剣」や「呉王の宝剣」などと呼ばれ、重宝されました。

銘の種類

作者銘

作者銘

作者銘

「作者銘」とは、作刀者である刀工の名を切った、最も代表的な銘のこと。人によって楷書体風や行書体風、また文字の癖などで、個性的な銘が切られました。特に、文字の癖に関しては、本物か偽物かを判断する上で非常に重要なポイントとなります。

鏨で文字を彫るのは大変難しいため、紙に文字を書くときのような感覚では銘を切ることができません。そのため、銘は切る人によって文字に上手・下手が生まれるのです。

「作者銘を切るのが下手」と言う特徴を持っていた刀工の作のなかには、「作者銘が上手であるから偽物だ」と判断されることもありました。また、正真の作に見られる作者銘の「留め」や「払い」などの癖をコピーすることができていない偽物も存在。名工達が切った銘の「文字の癖」を見極めることが、刀剣を鑑賞・鑑定する上で重要なポイントとなるのです。

年紀銘

年紀銘

年紀銘

「年紀銘」とは、その刀を作刀した年月日が切られた銘のこと。通常、作者銘の裏側に切られるため「裏銘」(うらめい)とも呼ばれます。

年紀銘は、後世に作られた刀剣に多く見られる銘で、この場合、一般に刀の「焼き入れ」に適した時期と言われる2月や8月などの日付を「二月日」、「八月日」と言うように茎へ切りました。

なお、2月や8月と言うのは、鎌倉時代に刀を鍛えていた「冬至の時期」である2月と、「夏至の時期」である8月に則っていると言われています。そのため、後世に作られた刀の場合、「二月日」や「八月日」と年紀銘が切られていても、実際にその月に作刀されたわけではなく、あくまでも慣例にしたがって年紀銘を入れたと言う作もありました。

受領銘

受領銘

受領銘

「受領銘」(ずりょうめい)とは、朝廷や幕府から刀工へ与えられた国司(こくし:中央から派遣された行政官)名を切った銘のこと。

実際にその役職に就いたと言うわけではなく、名目上の官位でしたが、江戸時代には多くの刀工が受領したため、「守」(かみ)や「大掾」(だいじょう)、「介」(すけ)など、様々な受領銘が入れられました。

なお、本来の受領名とは、神職や武家に与えられた官職名のことです。しかし、刀工以外にも特定の商工業者へ授けられることがあり、現在で言う「ブランド品」に相当したため、受領を授けられた職人の作品は、他の作品と比較してひと際高い価値があったと言われています。

所持銘

所持銘

所持銘

「所持銘」とは、日本刀の所有者名を切った銘のこと。刀は、様々な人のもとへ伝来した美術品です。そのため、別の人物のもとへ刀が渡った際、新たな所有者の氏名とその刀を入手した経緯などを切る場合がありました。

所持銘は室町時代、及び江戸時代末期の日本刀に多く見られます。

注文銘

注文銘

注文銘

「注文銘」とは、刀を注文した人物名が切られた銘のこと。日本刀を注文する際に、注文者が希望することで入れられる場合が多く、通常はその刀を作刀した刀工の名と同時に注文銘が切られます。

注文を受けて作られた刀は「注文打ち」と呼び、大量生産された「数打ち」と呼ばれる刀よりも重宝されました。

その他の銘

試し銘

試し銘

銘にはこの他にも、茎を傷付けないように鏨の代わりに朱漆(しゅうるし:朱色の漆)で文字を書いた「朱銘」(しゅめい)や、朱漆の代わりに金粉を使った「金粉銘」(きんぷんめい)、試し切りをした際に、どの部位をどれだけ切ったかを記録した「試し銘」(ためしめい)など、様々な種類が存在。

特に試し銘は、その刀剣がどれほど素晴らしい切れ味を誇ったのかを示す重要な情報であったため、愛刀家の間で大変珍重(ちんちょう:珍しい物として大切にする)されました。