日本刀の名刀

天下三名槍 - 名古屋刀剣ワールド

文字サイズ
日本刀には、「天下五剣」(てんがごけん)をはじめとして「名物」と呼ばれる名刀が多くありますが、長柄武器の一種である槍にも「天下三名槍」(てんがさんめいそう/てんかさんめいそう)と呼ばれる天下に名高い3口の槍が存在。この3口の槍は、著名な戦国武将達が所有していたため、愛刀家だけではなく、日本史が好きな歴史ファンにもその名が広く知られています。

天下三名槍(てんがさんめいそう/てんかさんめいそう)とは

天下三名槍」とは、「天下三槍」(てんかさんそう)とも呼ばれる3口の蜻蛉切」(とんぼきり)、「御手杵」(おてぎね)、「日本号」(にほんごう/ひのもとごう)のことです。

戦国時代を舞台にしたゲームや漫画などではその名がたびたび登場するため、ゲームファンやアニメファンのなかにも、槍の名前だけは知っていると言う人も少なくありません。3口はそれぞれ異なる武将が所有していましたが、いずれの人物も武勇に秀でた武将として著名であったことから、愛用していた槍にまつわる逸話が残されています。

なお、3口のうち「蜻蛉切」と「日本号」は現存しますが、「御手杵」だけは太平洋戦争の際、東京大空襲に遭い焼失してしまいました。しかし、のちに現代刀匠によって「写し」(本物に限りなく似せて作られた刀)が作刀されているため、現在でも「御手杵の写し」を観ることは可能です。

蜻蛉切(とんぼぎり)

名称の由来

「蜻蛉切」は、徳川家に仕えた戦国武将本多忠勝」が所有していた槍です。正式名称は「槍 銘 藤原正真作」。「蜻蛉切」は号で、「壁に立て掛けてあった槍の刃に触れた蜻蛉(とんぼ)が真っ二つに切れた」と言う逸話から名付けられたと言われています。

刀身の特徴

槍は、刀身の形状によって様々な種類がありますが、蜻蛉切は「大笹穂槍」(おおささほやり:刀身の形状が笹の葉に似た槍)に分類されており、天下三名槍のなかでも最も切れ味が優れていた槍として有名です。

蜻蛉切の刀身には、「」(ひ:刀身に彫られる、溝のような細長い彫物)が掻かれており、そのなかには梵字(ぼんじ:インドで誕生した、神仏を一字で表す文字)と三鈷剣(さんこけん:悪気や煩悩から身を守る密教法具)が彫られています。

梵字は、樋のなかと外、あわせて4つ彫られており、鋒/切先(きっさき)側から順に「地蔵菩薩」を意味する「カ」、「阿弥陀如来」を意味する「キリーク」、「聖観音菩薩」を意味する「サ」、三鈷剣を挟んで最下部にあるのが「不動明王」を表す長梵字「カンマン」です。

  • 地蔵菩薩(カ)、阿弥陀如来(キリーク)、聖観音菩薩(サ)
    地蔵菩薩(カ)、阿弥陀如来(キリーク)、聖観音菩薩(サ)
  • カンマン
    カンマン

作刀者について

蜻蛉切を作刀したのは、「三河文殊/田原文殊」(みかわもんじゅ/たはらもんじゅ)とも称される、室町時代に三河国田原(現在の愛知県田原市田原町)で活躍した刀工「正真」。田原城の城代は「本多広孝」(ほんだひろたか)。本多広孝は、本多忠勝と親戚同士であった縁から、正真に蜻蛉切を作らせたのではないかと言われています。

蜻蛉切
蜻蛉切
藤原正真作
鑑定区分
未鑑定
刃長
43.7
所蔵・伝来
本多忠勝 →
個人蔵
(佐野美術館へ寄託)

御手杵(おてぎね)

名称の由来

「御手杵」は、下総国(現在の千葉県北部、茨城県の一部)の結城城主「結城晴朝」(ゆうきはるとも)が所有していた槍です。正式名称は「槍 銘 義助作」。号の「御手杵」は、(さや)の形状が手杵(てぎね:餅つきに使う道具)に似ていることから来ています。手杵形の鞘が作られた逸話は刀剣愛好家の間でも有名です。

結城晴朝が戦場から帰還するときのこと。結城晴朝は、戦場で挙げた十数個の首級(しゅきゅう:討ち取った敵の頭部)を槍に刺して帰路を進んでいましたが、しばらくすると槍の真ん中あたりに刺してあった首がひとつ転がり落ち、そこだけ刀身が剥き出しになりました。その様子が手杵のように見えたことから、結城晴朝は手杵形の鞘を作ったと言われています。

刀身の特徴

御手杵は、東京大空襲の際に焼失しているため、刀身の詳しい特徴は書物などからしか読み取れませんが、その刀身には「谷のように深い樋」が掻かれていました。刀身に樋を深く掻く作業は、一歩誤れば作業中に刀が折れたり、脆くなったりする恐れがあるため、作刀者の技量の高さが窺えます。

また、その長さは(つか)まで含めて1丈1尺(約333.3cm)もありました。結城晴朝の子孫である上野国(現在の群馬県)前橋藩主「松平家」では、御手杵を自慢の家宝として大切にしており、刀身に少しでも錆(さび)が付いたときは、すぐに研師(刀を研磨する職人)に研がせ、手入れを担当した研師には十人扶持の加増をしたと言われています。

作刀者について

御手杵を作刀したのは、室町時代に駿河国嶋田(現在の静岡県島田市)で活躍した刀工「義助」(ぎすけ/よしすけ)。「義助」とを切った刀工は、室町時代から江戸時代中期までいますが、御手杵を作刀したのは天正年間(1573~1593年)に活躍した「4代義助」と推測されており、4代義助は槍の名手として名を馳せていました。

御手杵
御手杵
義助作
鑑定区分
未鑑定
刃長
-
所蔵・伝来
結城晴朝

日本号(にほんごう/ひのもとごう)

名称の由来

「日本号」は、「呑み取りの槍」と言う別名でも知られる、「豊臣秀吉」の家臣「福島正則」が所有していた槍です。日本号はもともと、朝廷が所有していた「御物」(ぎょぶつ:皇室の私有品)でした。槍でありながらも、「正三位」(しょうさんみ)の位を賜ったと言う伝承から「槍に三位の位あり」と謳われるほどの名槍で、のちに室町幕府15代将軍「足利義昭」に下賜されます。その後、足利義昭から「織田信長」へ、織田信長から豊臣秀吉に下賜され、豊臣秀吉から福島正則へ。最終的には、福島正則から黒田家へと渡りました。

別名である「呑み取りの槍」は、福島正則から黒田家家臣の「母里友信」(もりとものぶ)のもとへ渡った際の逸話が由来となっています。福島正則と母里友信は、ともに「槍の名手」であり、「酒豪」としても名を馳せていました。

あるとき、母里友信が使いとして福島正則の屋敷へ訪れたときのこと。「母里友信が酒豪である」と言う噂を聞いていた福島正則が母里友信へ酒を勧めますが、母里友信は「使いの途中であるから」と、これを拒否します。すると、福島正則は「では、賭けをしよう。母里殿が酒をすべて飲み干したならば、望む物をなんでもやろう。それとも、黒田家の武士は酒も呑めない腰抜けなのか」と挑発しました。

母里友信は仕方なく、酒を呑むことを承諾。そして、出された酒をすべて飲み干し、福島正則との賭けに勝つ形で終わりました。駆けに勝った母里友信は、日本号を所望し、福島正則から名槍を受け取ったのです。

この逸話から「呑み取りの槍」という別名が付けられ、民謡「黒田節」が生まれました。

刀身の特徴

日本号は、「大身槍」(おおみやり)に分類されています。大身槍とは、穂が長い槍のことで、柄の形状は扱いやすいように穂よりも短く太くなるのが特徴です。なお、穂の長さが長大になれば重量が増し扱いにくくなるため、大身槍を扱うことができたのは筋力と腕力が優れた槍の使い手だけだったと言われています。

日本号の刀身に施されている刀身彫刻は「倶利伽羅龍」(くりからりゅう)。倶利伽羅龍は、不動明王が右手に持つ剣に巻き付いている龍のことで、不動明王の象徴そのものでもあります。不動明王は、軍神・炎の神として知られており、火を扱う刀工にとって守護神のような存在でした。そのため、刀の刀身に施されることがよくあるのです。

作刀者について

日本号は、銘が切られていないため作刀者は不明ですが、室町時代に大和国(現在の奈良県)で活躍した刀工一派「金房派」(かなぼうは/かなんぼうは)が作刀したと言うのが通説となっています。

なお、日本号は「槍を制作する刀工で腕に覚えのある者は、生涯に一度は写しに挑戦する」と言われるほど、制作するのが非常に難しい槍です。また、写しを制作する場合は刀身だけではなく、外装である「」(こしらえ)も併せて制作するのが慣わしだったと言われています。

日本号
日本号
-
鑑定区分
未鑑定
刃長
79.2
所蔵・伝来
豊臣秀吉 →
福島正則 →
福岡市博物館

天下三名槍 写し制作プロジェクト

名古屋刀剣博物館「名古屋刀剣ワールド」(メーハク)では、「天下三名槍 写し制作プロジェクト」で「天下三名槍の写し」を作刀!「蜻蛉切」、「御手杵」、「日本号」は現代刀匠「上林恒平」(かんばやしつねひら)氏が手掛けます。

「名古屋刀剣ワールド」(メーハク)の「天下三名槍 写し制作プロジェクト」のページでは、「制作レポート」を公開中。上林刀匠が、3口の名槍はどのように制作するのか、その作刀過程と見どころを語ります。天下三名槍の写しは「名古屋刀剣ワールド」(メーハク)で展示・公開されます。

天下三名槍 写し制作プロジェクト天下三名槍 写し制作プロジェクト
名古屋刀剣ワールドにて行われている「天下三名槍 写し制作プロジェクト」をご紹介します。