日本刀の名刀

天下五剣

文字サイズ

「天下五剣」(てんがごけん)とは、5振の名刀「鬼丸国綱」(おにまるくにつな)、「数珠丸恒次」(じゅずまるつねつぐ)、「三日月宗近」(みかづきむねちか)、「大典太光世」(おおてんたみつよ)、「童子切安綱」(どうじきりやすつな)のことです。それぞれの刀剣には、様々な逸話が存在し、刀剣が好きな女性「刀剣女子」をはじめ、多くの人びとを魅了しています。

天下五剣とは

天下五剣」という言葉自体は、江戸時代に書かれた書物にその名が登場しますが、天下五剣と呼ばれるようになった明確な時期や、その選定基準はじつは定かになっていません。選定基準に関しては、「見た目の美しさ」や「刀が持つ由緒伝来」などを考慮したのではないかと言われていますが、これはあくまで推測です。

なお、天下五剣に選定された5振はいずれも「太刀」(たち)と呼ばれる刀に分類されます。太刀とは、刃長約80㎝前後の、騎乗用の武器として作刀された刀のことです。

一般に「刀」と聞くと、武士が腰帯に差して持ち運ぶイメージがありますが、腰帯に差すタイプの刀は「打刀」(うちがたな)と呼ばれる刀で、太刀が活躍していた時代よりもあとの時代に作刀されました。太刀は腰帯に差すのではなく、「太刀緒」(たちお)と呼ばれる紐や革を使用して、腰から吊り下げる形で持ち運んでいたと言います。

鬼丸国綱

鬼丸国綱」は、鎌倉時代初期に山城国(現在の京都府南部)で活動した刀工「国綱」が作刀した太刀。鎌倉幕府5代執権「北条時頼」の愛刀として知られており、号の鬼丸国綱は、この太刀にまつわる逸話が由来となっています。

北条時頼は毎夜、夢の中で小鬼に苦しめられていました。お祓いなどを試みますが、一向に効果はなく、寝不足によって次第に衰弱していきます。

ある晩のこと。北条時頼は夢のなかで、ひとりの老人と遭遇しました。老人は、「私は粟田口(あわたぐち)の刀工・国綱が作刀した刀の化身だ」と身分を明かし、「私の刀身は、悪事を働く人びとに触れられたことで錆び、から抜けなくなってしまった」、「私の身に付いた錆を落としてくれたならば、お前を悩ませる小鬼を退治してやろう」と言ったのです。

翌朝、北条時頼は老人の言葉にしたがって刀を清め、刀を寝床の壁に立て掛けて就寝。その夜、刀がひとりでに倒れたかと思ったら、傍にあった火鉢の飾りを切り落としました。切り落とされた飾りを見た北条時頼は驚きます。その飾りは、悪夢で見た小鬼とそっくりだったのです。

以後、北条時頼が悪夢を見ることはなくなり、小鬼を退治した刀は「鬼丸」という号が与えられ、北条家の宝刀として大切にされました。

鬼丸国綱
鬼丸国綱
國綱
鑑定区分
御物
刃長
78.2
所蔵・伝来
北条時頼 →
新田義貞 →
斯波高経 →
足利家 →
織田信長 →
豊臣秀吉 →
徳川家康 →
皇室
鬼丸国綱
鬼丸国綱など、様々な「名刀」と謳われる刀剣を検索できます。

数珠丸恒次

数珠丸恒次」は、平安時代末期から鎌倉時代前期に備中国青江(現在の岡山県倉敷市)で活動した刀工「恒次」が作刀した太刀。日蓮宗(法華宗)の祖である「日蓮」の愛刀で、柄(つか)に数珠を巻いていたことが名称の由来となっています。

数珠丸恒次は、仏法と繋がりがある刀であるため、その切れ味についての具体的な逸話は残されていません。日蓮が数珠丸恒次を所有していた理由は、「破邪顕正」(はじゃけんしょう:邪道を打ち破り、正しい道理を世に広めること)の太刀として佩用していたため。古くから刀は、武器としてだけではなく、儀式に使用したり、お守りとして所有したりすることがあったのです。

なお、数珠丸恒次は明治時代初期に行われた「廃仏毀釈」(はいぶつきしゃく:仏教を排除するための運動)によって、一時、その行方が分からなくなっていました。のちに、明治時代後期から大正時代にかけて活躍した刀剣学者「杉原祥造」(すぎはらしょうぞう)によって発見されますが、このとき、数珠丸恒次は華族の競売に出されており、もしも杉原祥造が買い上げていなければ、数珠丸恒次は海外へ流出していました。

数珠丸恒次は現在、兵庫県尼崎市にある「本興寺」が所蔵しています。

数珠丸恒次
数珠丸恒次
恒次
鑑定区分
重要文化財
刃長
82.1
所蔵・伝来
日蓮
数珠丸恒次
数珠丸恒次など、様々な「名刀」と謳われる刀剣を検索できます。

三日月宗近

三日月宗近」は、平安時代に山城国で活動した刀工「宗近」が作刀した太刀。一般に日本刀と呼ばれる形式の刀としては最古の存在と言われており、刀身に三日月型の打徐け(うちのけ:刃の縁に現れる、弧状の働き)が見られるのが名称の由来です。

作刀者の宗近は、「三条小鍛冶宗近」(さんじょうこかじむねちか)という別名で知られており、「日本三名匠」のひとりにも数えられています。もともとは公家の出身で、鍛冶は趣味で行っていましたが、「一条天皇」からその腕を買われて刀を作刀するように依頼されました。そして、このときに作刀されたのが「小狐丸」(こぎつねまる)と呼ばれる伝説の刀です。

この逸話は、宗近にまつわる「能」の演目「小鍛冶」にも登場するため、能が好きな人の間でも広く知られています。

三日月宗近
三日月宗近
三条
鑑定区分
国宝
刃長
80
所蔵・伝来
足利家 →
徳川秀忠 →
東京国立博物館
三日月宗近
三日月宗近など、様々な「名刀」と謳われる刀剣を検索できます。

大典太光世

大典太光世」は、平安時代末期に筑後国(現在の福岡県南西部)で活動した刀工「光世」が作刀した太刀。作刀者である光世の刀は、「病魔を祓う力が宿る」と言われており、大典太光世にもその不思議な力にまつわる逸話があります。いくつか説がありますが、なかでも有名なのは「前田利家」の四女「豪姫」(ごうひめ)にまつわる逸話です。

豪姫が、嫁ぎ先で病に苦しんでいたときのこと。前田利家は、光世の刀に不思議な力があるという話を聞いたため、「豊臣秀吉」から光世の刀を借りて、豪姫の枕元へ置きました。すると、豪姫の病はたちまち回復したのです。前田利家は、豊臣秀吉へ刀を返却しますが、その直後に病が再発。また刀を借りて枕元へ置くと、再び回復しました。

その後、刀を返却すると病が再発するため、また借りる、ということが何度か続いたことで、豊臣秀吉は「もう返さなくて良い」と前田利家へ刀を授け、以後、大典太光世は前田家の宝刀として大切にされたと言います。

大典太光世
大典太光世
光世作
鑑定区分
国宝
刃長
66
所蔵・伝来
足利家 →
徳川家 →
前田家 →
公益財団法人前田育徳会
大典太光世
大典太光世など、様々な「名刀」と謳われる刀剣を検索できます。

童子切安綱

童子切安綱」は、平安時代に伯耆国(現在の鳥取県西部)で活動した刀工「安綱」が作刀した太刀。天下五剣のなかでも最古の存在で、丹波国(現在の京都府中央部と兵庫県東部)の「大江山」(おおえやま)に住み着いていた鬼の頭領「酒呑童子」(しゅてんどうじ)を斬った刀として有名です。

あるとき、京の町へ現れては悪事を繰り返していた酒呑童子を見かねた帝が「源頼光」へ鬼退治を命じました。源頼光は、「頼光四天王」と呼ばれる4名の武将「碓井貞光」(うすいさだみつ)、「渡辺綱」(わたなべのつな)、「卜部季武」(うらべのすえたけ)、「坂田公時」(さかたのきんとき)を連れて、大江山へと向かいます。

源頼光は、鬼達が酒を好むという話を事前に聞いていたため、「神便鬼毒酒/変奇特酒」(じんべんきどくしゅ/じんぺんきどくしゅ)という毒入りの酒を持ち込み、鬼達と宴会を開きました。気分良く酒を飲んだ酒呑童子らは、毒が体中に回って動けなくなります。源頼光は、この隙を見て酒呑童子の首を刀で刎ね、首級を帝のもとへ持ち帰ったのです。

そして、このときに使用されたのが安綱という刀工が作刀した刀であったことから、童子切安綱と呼ばれるようになりました。

童子切安綱
童子切安綱
安綱
鑑定区分
国宝
刃長
80
所蔵・伝来
源頼光 →
足利家 →
豊臣秀吉 →
徳川家康
童子切安綱
童子切安綱など、様々な「名刀」と謳われる刀剣を検索できます。