刀剣の豆知識

日本刀や刀が由来の言葉

文字サイズ
現在、私達日本人が日常のなかで何気なく使う言葉のなかには、刀剣が由来する言葉が多く存在しています。古来より日本人は刀剣を祭事に使用し、神への奉納品として扱っていました。やがて時代が進み、武士達にとって刀剣は必要不可欠な存在として大事にされ、日本人の文化や生活にも深くかかわり溶け込んでいきます。そのため、刀剣に由来する言葉が数多く生まれていきました。
剣舞と詩舞 世界の剣舞刀剣マンガ(刀剣ことわざ4コマ漫画)
日本刀にまつわることわざを題材にした4コマ漫画がお楽しみ頂けます。

刀剣そのものが由来する言葉

かつての武士や日本人の生活と文化に深く溶け込んでいた刀剣。ここでは、刀剣そのものに由来する言葉を見ていきます。

助太刀(すけだち)

助太刀

助太刀」という言葉は、室町時代に生まれた言葉です。当時は果し合いの「敵討ち」の際に加勢する、または、敵討ちをするその人自身を指す意味で使われています。

現在のように一般的に広く「助っ人」、「加勢する」という意味で使われるようになったのは江戸時代後期からです。「歌舞伎」などの大衆娯楽の影響から一般的に広まったという説もあります。

伝家の宝刀

伝家の宝刀」は、代々受け継がれて来た家宝の刀剣のことを指し、そのような大事な宝刀を使わざるを得ない状況に追い詰められた場合に使われる言葉です。それが転じて、現在ではとっておきの手段、切り札を使うという意味で広く知られています。

諸刃の剣

諸刃の剣」とはその名の通り、刀身(とうしん)の両端に刃が向いている刀剣のことです。この諸刃の剣を相手に振り上げて攻撃すると、自分にも刃が向いているため自分自身も傷を負ってしまう可能性があります。そのことから、一方では非常に役に立つが使い方によっては大きな損害を受ける危険をはらんでいる物や事柄を指す言葉です。

懐刀(ふところがたな)

懐刀

懐刀」とは、懐や帯に間に挟んで携帯する護身用の小さな守り刀のことで、「懐剣」(かいけん)と呼ぶこともあります。

このことが転じて、知略に長け、秘密の計画や相談ができる腹心の部下を示す言葉として使われているのです。

刀剣の部位が由来の言葉

ここでは、「」(しのぎ)や、「」(つば)といった、刀剣の部位が由来の言葉をご紹介します。かつての武士や日本人にとって、刀剣は非常に身近な存在として大事に扱われていたことから、「刀の部位」から由来する言葉も多く生まれたのです。

鎬(しのぎ)を削る

鎬を削る

鎬とは、刀剣の「刃」と「」(むね:刀剣の背の部分)の間を刀身に沿って貫いて走る鎬筋(しのぎすじ:角が付き高く山のようになっている部分)を指します。

刀同士で打ち合うと、薄い刃はすぐに欠けてしまうという理由から、激しく打ち合う際には分厚く作られた鎬筋を合わせて戦ったのです。

あまりにも激しい刀剣同士の戦いでは、鎬さえも削れてしまいます。このことから「鎬を削る」とは、激しく争う様子のことを示す言葉として使われるようになったのです。

反りが合わない

反り」(そり)とは、刀剣における刀身の湾曲とその度合いを示します。

刀剣の反りと「」(さや)が合わなければ刀をしっかりと収めることができなかったことから、考え方や相性が悪い相手のことを「反りが合わない」という意味で使う言葉です。

鍔競合い(つばぜりあい)

鍔競合い」は「鍔迫り合い」とも表現できる言葉で、どちらも負けまいと戦うことや、実力に差がなくどちらが勝つか分からない膠着(こうちゃく:その状態で固定してほとんど動きがなくなる状況)した状態のことを意味します。

鍔とは刀における刀身と「」(つか)の間に付けられた板状の部分で、その多くが鉄製であり、柄を握る手を守る役割があるのです。刀剣を使用した戦いで、お互いの刀をぶつけ合い、鍔で受け止め押し合っている状況から由来して「鍔競合い」と言います。

鍔際(つばぎわ)

鍔際

「鍔際」とは、刀の刀身と鍔が接する部分のことを指し、「鍔元」(つばもと)という場合もあります。

この部分に由来して鍔際とは、物事が差し迫り追い詰められるかどうかという状態のことを表現した言葉です。「切羽詰まる」状況よりも少し前の状態と言えます。また、「瀬戸際」(せとぎわ)と同じ意味で使われることが多いです。

目貫(目抜き)通り

目抜き通り

目貫き通り」は「目抜き通り」とも書くことができ、現在では、街の中心の華やかな大通りを示す言葉として使われています。

これも刀剣の「目貫」(めぬき)という部位から由来している言葉で、目貫とは刀剣の柄(握る部分)に付ける豪華な装飾金具です。

刀剣の「剣術」に由来する言葉

昔から刀剣は祭事や戦(いくさ)を通じて非常に重要な役割を担ってきました。ここでは、刀剣由来の言葉のなかでも「剣術」から由来する言葉をいくつかご紹介します。剣術から派生しているため、その殆どの言葉が攻撃的な意味合いを持ち、競争や勝負事の場面でよく使われているのです。

相打ち

相打ち

一対一の斬り合いや勝負のなかで、双方が同時に相手を打つことを「相打ち」と言います。これが転じて、現在では勝負がつかない状態(あいこ)のときにも使われるのです。

また、「相討ち」(読み方は同じく、合いうち)と書くと、1人に対して2人(または複数人)で討つ、という意味に変化します。

理由としては「討つ」という言葉は「敵を攻めて征伐する、滅ぼす」、「武器を用いて敵を傷付ける、殺す」という意味を持つからです。

太刀打ちできない

「太刀打ち」とは、刀剣の「太刀」(たち:刃を下に向けて腰に吊り下げる長大な刀剣)を使用して打ち合って戦うことを言います。これが転じて、「張り合う」、「まともにぶつかる」、「対等に戦う」という意味で使われるようになったのです。そのことから「太刀打ちできない」とは、まっとうに戦っても相手にならない、全く歯が立たない状況のことを示します。

抜き打ち

学校でよく使われる言葉で「抜き打ちテスト」がありますが、これも実は「剣術」が由来の言葉なのです。「抜き打ち」とは、どのような状態からでも鞘から刀を抜くと同時に斬りかかるという、いわゆる「居合い抜き」という剣術のことを言います。このことが由来して、予告なしに出し抜けに実行される物事を意味する言葉です。

火花を散らす

火花を散らす

石や金属がぶつかり合いその摩擦で発生した火の粉を「火花」と表現しますが、刀剣同士をぶつけ合い戦う様子を「火花を散らす」という言葉で表わし、それが転じて現在では激しく争う状態を示す言葉として使われるようになりました。

峰打ち

「峰」とは刀剣の刃の反対側、背の部分(棟:むね、とも言います)のことです。

峰打ち」とは、刀剣の刃ではなく峰で相手を打ち付けることから、斬らず(殺さず)に撃退することを意味します。

「怖い意味」を持つ刀剣由来の言葉

現在でも、普段からよく使われる刀剣由来の言葉のなかによく調べてみると実は怖い意味を含んでいる言葉が存在するのです。

ここでは少し趣向を変えて、「怖い日本刀由来の言葉」をご紹介します。

切羽詰まる(せっぱつまる)

切羽詰まる

「切羽詰まる」は、物事が差し迫っていて、身動きが取れずどうにもならない状況や余裕がない状態のことを表わした言葉です。これは刀剣の「部位」から由来しています。

切羽」とは、刀の鍔と表裏が、それぞれ柄と鞘に接する部分に添える薄い金具の武装具のことです。この「切羽」が「詰まって」しまうと、刀が抜けず戦えなくなってしまうことから由来しています。

自腹を切る

現在でもよく使われる「自腹を切る」という言葉。これも日本刀に由来する言葉のひとつなのです。かつての武士達が、何か重大な失敗をし責任を取らなければならい事態になったときに日本刀で切腹をしていたことに由来して、自らお金を出して責任を取ることを自腹を切ると表現します。

土壇場(どたんば)

土壇場

現在では、「ドタキャン」という言葉がよく使われています。これは前もって決まっていた予定を直前「土壇場」になって「キャンセル」するという意味の造語。この土壇場という言葉は、日本刀にかかわりの深い言葉なのです。

土壇場とは、主に江戸時代に罪人の処刑や首のない胴体で刀剣の試し切りをするための場所を示します。土で築いた檀「土壇」(どだん)と、その前には穴が掘られていたのです。

そのことから転じて、現在では、土壇に上げられているような決断を迫られた最終局面や進退が窮まった、もうあとがない状態を表わす言葉として使われるようになりました。

身から出た錆(みからでたさび)

身から出た錆」という言葉は、現在では自分が行った悪行によって自分自身が苦しむ状態を表現する言葉です。つまり、自業自得と同じ意味の言葉で使われます。これは、刀の錆(さび)が主に刀身から出ることから由来しているのです。

槍玉に挙げる

「槍玉に挙げる」とは、「剣術」に由来する言葉で、槍で手玉をもてあそぶかのように自由自在に操作し、そのの穂で相手を高く突き上げる様子を示しています。そこから転じて、多くのなかから選び出した対象を犠牲にし、非難や攻撃の目標として挙げて責め立てるという意味の言葉です。

刀剣の「作刀工程」に由来する言葉

昔から大事に扱われてきた刀剣は、刀工(とうこう)と呼ばれる、刀作り職人達の技術と魂が込められています。そこから生まれた言葉も数多く存在しているのです。

ここでは、刀剣そのものや刀剣の部位ではなく、刀剣を作るための「作業工程」に由来する言葉を集めました。

相槌(あいづち)を打つ

相槌を打つ

相手の話の調子に合わせて受け答えや反応を示すことを「相槌を打つ」と言い、日常的によく使われる言葉ですが、これも日本刀由来の言葉なのです。

「相槌」とは、刀工が刀を鍛造(たんぞう:金属を打って目的の形状にする技術)する作業工程において、師が槌で刀を打つのに対して弟子がタイミングよく別の槌で刀を打つ作業を交互に行うことです。

この交互にタイミングを合わせて槌で打つ様子から由来して、現在では相手に合わせて反応する意味として広まりました。

地蹈鞴(ぢたたら)を踏む(同:地団駄(じだんだ)を踏む)

「蹈鞴」(たたら)とは、刀剣作りの工程において、金属の精錬や加工用に使用する送風装置のことです。「ふいご」とも言いますが、この装置で主に砂鉄と木炭で鉄を炉のなかで燃やして蹈鞴で風を送り、炉の温度を調整します。

地蹈鞴を踏む」という言葉は、刀職人が上から蹈鞴を踏み付けて風を送る様子から由来しているのです。人間が何度も地面を激しく踏み付けるほどに怒りや悔しさに身もだえる様子を指す言葉として使われています。

付け焼き刃

付け焼き刃」の本来の意味は、切れ味の悪い質が良くない刀剣に、「刃金」(はがね)の焼き刃を付け足した物を指します。見た目は切れそうに思えるのですが、実際はもろく切れにくい上にすぐに刃金が剥がれてしまうのです。

このことから由来して、現在ではその場しのぎで身に付けた技術や知識という意味で使われるようになりました。

焼きが回る

焼きが回る

焼きが回る」という言葉は、刀剣の作刀工程の「焼き入れ」から由来する言葉です。

焼き入れとは、刀剣の作刀における仕上げ工程のひとつで、高温に熱した刀身を水に入れて急激に冷却することを指します。そうすることで、刀剣の強度が増し、「刃文」(はもん:焼き入れによって現われる刃の模様や形状)や反りを生じさせることが可能となるため、とても大事な工程のひとつなのです。

この焼き入れ作業において火がいき渡りすぎてしまうと、却って刀の切れ味が悪くなってしまうことから由来して、現在では「焼きが回る」という言葉は、頭の切れや技術の腕前が落ちる、加齢などの理由により能力が鈍り低下する意味で使われます。

また、怠慢な態度を取る人間に喝を入れる意味で使われる「焼きを入れる」という言葉がありますが、これも同じく焼き入れから由来する言葉です。

刀剣の「鑑定」に由来する言葉

かつて武士にとって、価値の高い刀剣を持つことは一種のステータスとなっていました。特に名工によって作り出された名刀を持つことは、その武士の名声を高める意味でも、とても重要なことでした。

しかし、そうした背景により世の中に多くの贋作が出回るようになったことで、1596年(慶長元年)頃から刀剣の価値を定めるための「鑑定」が頻繁に行われるようになりました。ここでは、その刀剣の「鑑定」に由来する言葉をご紹介します。

折紙付き

折紙付き」とは、そのものの価値、またその人の能力や技術に定評があり、保証ができるという意味の言葉です。これも日本刀由来の言葉で、ここでいう「折紙」とは、「刀剣極め所」によって発行された「刀剣鑑定書」のことを指し、折紙仕様であったことからそう呼ばれています。

この刀剣極め所の鑑定書制度は、1596年(慶長元年)頃から始まり、代々刀剣の研磨や鑑定を生業としてきた「本阿弥家」(ほんあみけ)が折紙の発行を許可されていたのです。

折紙付きの刀剣は信用度が高く、安定した相場が付けられていたことから、「折紙付き」という言葉が広まりました。

極め付き

極め付き

極め付き」も折紙付きと同様に、鑑定書である「極め書き」が付いている物を指す言葉です。

しかし、この極め書きは刀剣以外に書画や古美術品にも使われる鑑定書であり、「極め札」とも呼ばれ、特に古文書に関しては、その真偽の鑑定に使用され、極め書きそのものが権威性を持つという考えが強くありました。俗に、その価値や程度が最高のものを指す言葉です。

「ユニーク」な刀剣由来の言葉

最後に、これまでご紹介した刀剣由来の言葉とは違い、「ユニークな意味や印象のある言葉」をいくつかご紹介します。

現在でもよく使われる言葉も多く、日本人にとってはとても馴染みのある言葉が多いです。「一度は言ってみたい」、「意味を知ると面白い」、「まるであの人のことを言っているみたい」というような、ユニークな刀剣由来の言葉を、ご紹介します。

丸腰

丸腰

丸腰」とは、武士が腰に刀を差していない状態のことの意味。

まるっきり武器や必要な道具などを持たずにいる状態を表わす言葉です。

もとの鞘に収まる

刀がぴったりと合った鞘に収まる様子に由来して、一度は絶交してしまった、また、離れ離れになってしまった人同士が、再び復縁することを意味しています。

小手先

小手先

刀を小手(肘と手の間)の先で細かい動きで打つ技術のように、ちょっとした機転を利かせることを表現した言葉です。

また、「小手先の技術」といったように、その場しのぎで先を見据えていない浅い考えのことを表わす場合もあります。

とんちんかん

とんちんかん」とは、刀工が刀を鍛造する際に、相槌のタイミングがずれて、「トン、チン、カン」と音がすることに由来する言葉です。

見当違いな事柄や、間の抜けた言動などを「とんちんかん」と表現。また、「とんちんかん」を漢字で書くと、「頓珍漢」となりますが、これはあとから作られた当て字なので、この由来とは関係はありません。

なまくらもの(なまくら刀)

なまくらもの」とは漢字で書くと「鈍物」です。これは主に切れ味が悪く価値の低い刀剣を表す言葉です。この言葉が「なまくら者」と対象が人になり、頭の回転が遅く感覚が鈍い人や怠け者、気が利かない人へ向けた皮肉言葉として定着しました。

また、「なまくら刀」という言葉になると、その対象は「物」(または武器)になり、本来の「価値のない刀」の意味に戻るのです。

しかし、現在においては、この「物」(または武器)が、その人物の持つ、道具、能力、技術、特技といった証明が難しい事柄を対象とするような、幅広い表現の言葉となります。

横槍を入れる

横槍を入れる

「横槍」とは、合戦の場で両軍が入り乱れているところへ別部隊が側面から槍で攻め入ることです。その様子から由来して、「横槍を入れる」とは、人の談話や仕事の途中で、第三者が割って入り口を挟むことを意味します。

さらに、もともとの「横槍」という言葉が攻撃的な意味を持つため、「口を挟む」よりも「非難めいた発言をする」、「出しゃばった行いをする」等の、「妨害する」、「邪魔をする」行為が見られる場面で使われる言葉です。