刀剣の歴史

五箇伝 相州伝

文字サイズ
刀にあまり詳しくない人でも、「正宗」(まさむね)と言う刀工の名前は、一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。それほどまでに高名であった正宗は、「五箇伝」のひとつであり、相模国(現在の神奈川県)で鎌倉時代中期に発祥した「相州伝」(そうしゅうでん)を完成させたと伝わる名工です。
相州伝が同時代の刀工のみならず、現代刀匠にまで多大な影響を与えるまでになった歴史を追うと共に、「刀剣ワールド財団」が所蔵する相州伝の刀についてもご説明します。

相州伝の歴史 刀の性能を大きく進化させた経緯

源頼朝

源頼朝

相州伝が相模国で発祥する以前の東国には、著名な刀工や流派が出現していませんでした。それまで技量の高い刀工達が集中していたのは、山城国(現在の京都府南部)や大和国(現在の奈良県)など、政治権力や経済の中心地であった西国だったのです。

そんな中、相州伝の誕生に繋がるきっかけとなったのが、1185年(文治元年)、「源頼朝」(みなもとのよりとも)により「鎌倉幕府」が創始されたこと。日本初の武家政権となった同幕府が、相模国に開かれて中央集権体制が敷かれたことにより、同国における軍備増強が目下の課題となったのです。

そこで源頼朝の没後、実権を握った5代執権の「北条時頼」(ほうじょうときより)が、備前国(現在の岡山県東南部)から「三郎国宗」(さぶろうくにむね)、山城国から「国綱」(くにつな)と言う2名の優秀な刀工を招聘します。さらには、鎌倉幕府7代将軍「惟康親王」(これやすしんのう)が、「備前伝」の「福岡一文字派」より「助真」(すけざね)をその一門と共に招きました。

これら3名を中心とした刀工達が、急増する鎌倉武士からの依頼に応えるべく作刀に当たり、鎌倉鍛冶の基礎を築いていったのです。しかし、このときはまだ、刀工達の間で共通する鍛法はなく、まさしく三者三様に異なっていました。

そのあと、相州伝の素地を作ったと言われるのが、国綱の子と伝わる「新藤五国光」(しんとうごくにみつ)。短刀の名手と評される同工は、実父の国綱だけでなく三郎国宗の門人となり、「山城伝」と備前伝、双方の鍛法を習得。この技術は「行光」(ゆきみつ)へと伝えられ、その子である正宗が相州伝を完成させたのです。

その背景にあったと考えられているのが、1274年(文永11年)と1281年(弘安4年)の2度に亘り、元(げん:旧モンゴル帝国)軍が日本に侵攻して来た「元寇」(げんこう)です。同合戦によって日本軍が用いていた刀の脆さが露呈したことで、日本の刀工達には、さらに強靭で実用性の高い作刀が求められることに。

そこで正宗は、全国を巡って各地の作刀技術を研究し、軽量でありながら強度を高める鍛法である相州伝を完成させるに至ったのです。そして相州伝は瞬く間にブームとなり、正宗は、同伝の技術を継承する門人の育成にも尽力します。その養子の「貞宗」(さだむね)や「来国次」(らいくにつぐ)といった名工を世に送り出したことで、相州伝は全盛期を迎えました。

ところが相州伝の隆盛も、1333年(元弘3年)に鎌倉幕府が滅亡したことにより終焉。相州伝は、室町時代中期頃には、鎌倉の地に刀工がひとりもいなくなったと言われるほどに衰退してしまったのです。

相州伝の特徴 次世代にまで人気を博した作風とは

焼き入れ

焼き入れ

作刀工程において非常に高い温度で「焼き入れ」を行い、すぐさま水に入れて急速に冷やすと言う相州伝の鍛法は、五箇伝の中で最も難しいと言われています。

そのため、技術継承が一筋縄ではいかず、他伝に比べると、その刀工数はあまり多くありませんでした。しかし、豪壮で実用性と美しさをかねた相州伝の作風は、相模国のみならず他国の刀工達をも魅了し、時を経て「新刀期」(しんとうき)の鍛冶達もその再現に力を注いだのです。

ここからは、そんな相州伝の特徴について、①姿、②地鉄(じがね)、③刃文と言う3つの観点から解説します。

①姿:長寸で豪壮な作柄

相州伝による作刀の姿は、長寸であり、総じて刀身の中央付近で反る「中反り」(なかぞり:別称[輪反り])であるのが最大の特徴。中反りは山城伝の刀にもよく見られますが、相州伝の場合、浅い反りになっています。また、中反りに加えて身幅(みはば)が広く、鋒/切先(きっさき)が延びてフクラが枯れるのも、相州伝の姿における特徴です。

フクラとは、鋒/切先における刃部分のカーブのこと。このカーブが少なく、直線に近い形状となっている様子を「フクラが枯れる」と表現します。このような部位で構成された姿により相州伝の刀は、豪壮な印象を受ける作柄になっているのです。

  • 中反り
    中反り
  • フクラ枯れ
    フクラ枯れ

②地鉄:地沸が厚い板目肌

板目肌

板目肌

相州伝の地鉄においていちばんに目を引くのが、地肌に厚く付いた「地沸」(じにえ)です。

地沸とは、地中にある肉眼で確認できる大きさの微粒子のこと。「沸」は刃中や刃先にも現れますが、相州伝では地中に付く沸のほうが大きくなっています。

また、同伝の地肌は、木材の板目のような文様となる「板目肌」(いためはだ)であることが基本。その中でも相州伝では、文様が大きい「大板目肌」(おおいためはだ)の作刀が多く見られるのです。さらに相州伝の地鉄には、「地中の働き」の一種である「地景」(ちけい)が交じるのも大きなポイント。

地景とは、鍛肌の模様に沿って黒光りする線状となって現れる沸のこと。作刀工程における焼き入れや地鉄鍛えによって、地中に生じる働きのひとつです。相州伝にとって地景は、沸を強調する同伝の作風における要(かなめ)となる働きであり、これがあることで、相州伝の作刀には、独特の美しさが醸し出されているのです。

  • 地沸
    地沸
  • 地景
    地景

③刃文:覇気に満ちた多彩な働き

相州伝の刃文は、五箇伝の中で最も焼幅(やきはば)が広い流派として知られています。また、その刃中において、特に粒子が大きい「荒沸」(あらにえ)が現れるのも相州伝の刃文における特徴です。

この他にも「金筋」(きんすじ)や「砂流し」(すながし)なども刃中に現れ、これらの多彩な働きが、相州伝による作刀が覇気に満ちている要因となっています。

さらには、荒沸本位でなければ作刀が難しい「大乱れ刃」(おおみだれば)や、「互の目乱れ」(ぐのめみだれ)の一種である「馬の歯乱れ」(うまのはみだれ)などを焼くことも、相州伝における刃文の特徴。

また、相州伝の刃文において特筆すべきなのは、「皆焼」(ひたつら)と称される乱刃/乱れ刃です。

これは、刃部分だけでなく刀身の表面全体を埋め尽くす形状となっており、正宗、もしくは貞宗の門弟であったと伝わる「広光/廣光」(ひろみつ)が得意としていました。

相州伝 刀剣ワールドの所蔵刀

相州伝を完成させた正宗は、その名が日本における刀の代名詞と言えるほど著名である名工です。ここまでご説明した通り、相州伝には共通する特徴もありますが、正宗以前と以後でその作風が少しずつ異なっていました。

ここからは、刀剣ワールド財団が所蔵する刀の中で、相州伝の代表的な刀工による作刀を取り上げ、それぞれの作風にどのような違いがあるのかを観ていきます。

刀 無銘 貞宗(尾張徳川家伝来)

本刀を作刀した貞宗は、相州伝の刀工の中でも、正宗の直系である名工です。正宗の門人、またはその影響を受けた10人の刀工「正宗十哲」(まさむねじってつ)のひとりに数えられています。

貞宗の師であった正宗の作風は、特にその刃文においては華美であることが目立ちますが、本刀の刃文は、どちらかと言えば静かで穏やかな働きを示しているのが特徴。

さらに地鉄は精微で美しく冴えており、正宗に負けず劣らずの出来栄えとなっています。国の重要文化財に指定されているのも納得の優品です。

刀 無銘 貞宗(尾張徳川家伝来)
刀 無銘 貞宗(尾張徳川家伝来)
無銘
鑑定区分
重要文化財
刃長
69.1
所蔵・伝来
尾張徳川家 →

刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

太刀 銘 直綱作

本刀を作刀した「直綱」(なおつな)は、石見国・出羽(現在の島根県邑智郡)に住して作刀していた刀工です。室町時代に活躍した直綱一門では同銘が4代続き、なかでも「初代 直綱」は、石見国へ移住する以前に、相模国で正宗より作刀技術を学んだと伝えられています。

その技量は高く、正宗十哲のひとりに挙げられることもある名工です。直綱による作刀は、反りの浅い姿で鋒/切先が延び、フクラが少し枯れるなど、当時流行していた相州伝の作風を顕著に示しており、師・正宗が完成させた同伝の特徴をしっかりと受け継いでいることが窺えます。

本太刀においても、身幅が広い豪壮な姿や、板目肌に沸が厚く付いて地景が入る地鉄、「湾れ」(のたれ)に互の目が交じった大乱れとなる華美な刃文など、正宗の作風が随所に現れている傑作です。

太刀 銘 直綱作
太刀 銘 直綱作
直綱作
鑑定区分
重要美術品
刃長
70.0
所蔵・伝来
大和国小泉藩
片桐家→
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

刀 銘 相州住伊勢大掾源綱広

本刀の銘にある「綱広」は、相州伝が衰退の一途を辿るなか、室町時代後期頃に相模国・小田原(現在の神奈川県小田原市)に移住し、同伝の系譜を継いだ「末相州」(すえそうしゅう)の一門です。

綱広は明治時代まで同銘が15代続いており、本刀を作刀したのは、綱広一門の中でも随一の腕前と評されていた5代 綱広です。同工の作風は、刃文が沸出来の互の目となり、刃部分に近い刃文の頂点である「焼きの谷」(やきのたに)には、相州伝の大きな特徴である荒沸が必ず見られます。本刀は、穏やかで落ち着いた地鉄になっており、5代 綱広による作刀の中でも特に優れた逸品です。

刀 銘 相州住伊勢大掾源綱広
刀 銘 相州住伊勢大掾源綱広
相州住
伊勢大掾源綱広
鑑定区分
保存刀剣
刃長
75.2
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕