日本刀職人の仕事

白銀師の仕事

文字サイズ
1振の刀を作刀するには、刀を打つ刀匠の他にも刀身を研ぐ「研師」(とぎし)や、鞘を制作する「鞘師」(さやし)などの職人がいます。そのうちのひとりが「白銀師」(しろがねし)と言う職人です。白銀師は刀の刀身と茎の境にある金具「鎺」(はばき)を制作する職人で、江戸時代に刀匠・金工師の仕事から分業しました。そのうちのひとり白銀師の仕事は大変細かく、根気を使う作業です。ここでは、刀に必要不可欠な鎺を制作する白銀師の仕事の手順や道具を紹介します。
鎺(ハバキ)写真鎺(ハバキ)写真
刀剣を構成する刀装具の一種で、刀身と鍔(つば)の接する部分にはめる筒状の金具である「鎺(ハバキ)」の写真をご紹介します。

白銀師とは

白銀師の仕事と歴史

鞘内で浮いた状態の鎺

鞘内で浮いた状態の鎺

白銀師(しろがねし)とは、刀の(はばき)を制作する職人のこと。鎺とは、刀の刀装具の一種で、(まち:刀身の刃との境にある窪んだ部分)を覆うようにある筒状の金具のことを指します。

鎺は刀身をに固定するだけでなく、鞘と刀身がぶつかって傷付かないように防ぐ目的や、鍔が刀身に抜け落ちないようにする役割があるのです。

白鞘や拵、鍔や切羽などの金具は鎺をもとに制作されることから、刀装具の金具のなかでも最も重要な部位と言っても過言ではありません。白銀師は、元々目貫(めぬき:茎を柄に固定させるための装飾用の金具)や鍔、(こじり:鞘の下端部にある金具)などの刀装金具全般を制作していました。

江戸時代に入り刀作刀の分業化が進むと、白銀師は鎺専門の職人となり、「鎺師」とも呼ばれるようになったのです。白銀師と言う名前は、江戸時代、金(和名:こがね)が稀少であったことから、刀装に用いられる最高金属が銀(和名:しろがね)であったことに由来しています。

尾張鎺

尾張鎺

江戸時代、白銀師は全国におり、大名家がお抱えで白銀師を雇っていた藩もありました。これにより、「お国鎺」と呼ばれる、諸藩で固有の鎺が制作されるようにもなったのです。

お国鎺には、「尾張鎺」、「大坂鎺」、「加州鎺」、「肥後鎺」などの種類があり、表面に様々な文様を施したり、象嵌などで装飾したりしていました。

白銀師になるには

2020年時点での白銀師は、全体で20人ほどと言われています。白銀師になるために、資格などは必要ありませんが、まずは現在活躍している白銀師のもとに修行へ行かなければいけません。

白銀師のもとで10年程度修練を積み、やっと自分の工房が持てるようになりますが、金銭面的な理由から、鎺作り一筋でやっていくことは難しいのが現状。また、白銀師は細かい作業を多くこなすため、どうしても手先の器用な人が向いていると言われます。

鎺の制作工程

鎺の制作は、刀匠が刀を打ち、鍛冶研ぎと呼ばれる荒研ぎを施した次、もしくは研師が下地研ぎを行った次の段階で行われます。

鎺の素材と切り出し

鎺の制作に用いられる素材は、主に金や銀、銅などの「色金」(いろがね)と呼ばれる物です。古刀期は主に刀身と同じ鉄を素材として刀匠が制作した「共鎺」(ともはばき)と呼ばれる物でしたが、鉄で制作された鎺は刀身を傷付けてしまうことから、材質が変化。色金が使われるようになり、装飾なども施されるようになったのです。

実用向けに刀の鎺に最も適した素材は、銅であるとされます。観賞用の場合は、金や銀の他、メッキなどの高価な材質で制作されるのが一般的です。白銀師は手元に刀が届くと、刀の身幅に合わせて素材を板状に切り出します。切り出しをする際、白銀師はどのような鎺がその刀に合うのかを考え、最適な素材を使うのです。

火造り

火造り

火造り

火造りの工程では、板状に切り出した素材をバーナーで熱してやわらかくし、金槌で叩いて延ばしていきます。延ばした素材は折り曲げ、再度熱して成形。刀身の茎にはめ込み、左右の平を金槌で叩いて刀身に合わせた形へ調整します。

このとき、白銀師は金槌で刀身を叩いて疵を付けないように細心の注意を払わなければいけません。

蝋付け

蝋付け

蝋付け

折り曲げた鎺を刃側で接着する「蝋付け」(ろうづけ)では、まず折り曲げた下地のつなぎ目に区金(まちがね)と呼ばれる細い棒を入れ、次に素材の両端を針金で固定。

刃区側の下地に酸化を防ぐ「硼砂」(ほうしゃ:ホウ酸塩鉱物の一種で白色半透明)を塗り、銀蝋(ぎんろう:銀と真鍮で作られた合金)を置いて、バーナーで加熱します。

硼砂と銀蝋がつなぎ目に流れ込み、接着ができれば蝋付けは完了です。このとき、刃区や焼刃に蝋が当たると傷んでしまう恐れがあるため、熟練の白銀師はとの粉(石を細かく砕いた粉)などを詰めて予防します。

鍛造と整形

鍛造

鍛造

鍛造は「きめ込み」とも呼ばれる工程で、鎺を刃区や棟区に収める作業です。蝋付けした鎺を茎に通したあと、鎺を叩いて緩めたり締めたりしながら調整します。

叩く場所を誤り、刀身を傷付けてしまうこともあるため、集中力と経験が必要になる作業です。鎺の大きさ、形が決まったあとは、いったん茎から外して、鑢(やすり)を使って各部の整形を行います。

仕上げ

金着せ

金着せ

鍛造と整形が終わったら、次は「金着せ」(きんきせ)と呼ばれる、鎺に薄い金の板を張り付ける作業です。金着せは見た目を美しくするだけでなく、刀身を鞘に固定させる機能を高めます。

最後に仕上げとして、鑢や鏨(たがね)を用いて装飾が施されるのです。この装飾は白銀師のセンスによって施される場合の他に、注文者がオーダーする場合や、お国鎺の伝統に則って施される場合があります。

煮色着色

煮色着色

また、装飾は鑢や鏨を使って文様を付ける他、「煮色着色」(にいろちゃくしょく)による色付けが行われることも。

煮色着色は、煮色仕上げや色揚げとも呼ばれ、酸化することによって色が変化する、銅合金の表面に行われる化成処理方法のひとつです。煮色着色を行うには、鎺の表面を磨き、大根おろしの液に浸す作業が行われます。

白銀師の主な道具

非常に細かい作業を行うことから、白銀師の道具は長年使い込んだ、職人の手に馴染んだ物がほとんどです。

金槌

金槌は、鎺の素材となる金属を延ばす際や、茎に合わせて鎺をはめる鍛造の際に用いられます。

鑢、鑿(のみ)、鏨

鏨

鑢と鑿、鏨は、鎺を成形・調整する際や、鎺制作工程の仕上げとなる装飾の際に使用される道具です。

細かい調整や、繊細な装飾を入れる際に用いられる物なので、様々な種類、太さ、細かさの鑢や鑿、鏨が準備されます。

ペンチ・ピンセット

ペンチはガスバーナーで熱したあとの素材を持つために使用。ピンセットは、銀蝋などの細かい物を摘まむ際に用いられます。

ガスバーナー

ガスバーナーは、素材を熱してやわらかくする際や蝋付けなどに用いられます。