日本刀の名刀

折紙つきの日本刀

文字サイズ
今日、美術品として扱われている日本刀は、権力者達の間で土地に代わる「恩賞」として活用されていました。時代が下っていくに従い「折紙」(おりがみ)という「刀剣証明書」が付けられるようになり、これが付属することで持ち主と刀剣の信用が保たれたのです。そんな折紙についてと、「刀剣ワールド」が所蔵している折紙がついた日本刀についてご紹介します。

折紙とは

刀剣に付属する折紙の例

刀剣に付属する折紙の例

よく人柄の良さや、品質が保証されていることの例えとして「折紙つき」といった表現をしますよね。折紙は、古くは公式文書や目録などに用いられた奉書紙(ほうしょがみ)や檀紙(だんし)を2つ折りにした文書のことを指します。これらの紙は、刀剣などを人へ譲渡する際に「太刀折紙」としても活用されていました。

この折紙を「刀剣鑑定書」として正式な発行を認めたのは「豊臣秀吉」です。豊臣秀吉の政権で「刀剣極所」(とうけんきわめどころ)を任されていたのが、刀剣の研磨磨上げ(すりあげ)・鑑定などを生業にしていた本阿弥家の9代目「本阿弥光徳」(ほんあみこうとく)でした。

折紙が付けられた刀剣は、本阿弥家によって「本物であることの証明」としての意味になり、多くの武士達が鑑定を依頼。以降、本阿弥一族は「徳川家康」の開いた江戸幕府でも刀剣鑑定の役目を選任していくことになります。

折紙とは刀剣の証明書

折紙と角印

折紙と角印

また、正式な折紙として認定を受けるには、「刀剣の銘・寸法・特徴・代付(価値)・年月日・鑑定者の氏名・花押[サイン]」が記され、その裏に本阿弥家の「角印」が捺された様式となっていなければなりません。

また刀剣鑑定には「代付」(しろつけ)と言って貨幣額で「代金○○枚[貫]」と表わしますが、これは売買価格ではなく刀剣の価値を貨幣額で表記する制度です。

現在は1948年(昭和23年)に設立した、公益財団法人「日本美術刀剣保存協会」が鑑定書を発行しています。刀身はもちろんのこと、(こしらえ)と呼ばれる刀の装飾なども審査の対象です。その結果、「保存刀剣」、「特別保存刀剣」とした日本刀には鑑定書を発行。他には「重要刀剣」、「特別重要刀剣」とした刀剣には「指定書」と「図譜」を交付しています。

日本美術刀剣保存協会
「日本美術刀剣保存協会」は、日本国の文化財の保護と文化の普及振興に寄与することを目的として活動しています。

折紙がついている日本刀の紹介

太刀 銘 吉弘(たち めい よしひろ)

太刀は、備前国(現在の岡山県岡山市)の岡山藩3代藩主「池田継政」(いけだつぐまさ)が家督を継ぐ際に、8代将軍「徳川吉宗」(とくがわよしむね)より拝領しました。徳川家の歴史書「徳川実記」(とくがわじっき)にも本太刀の拝領について記載された由緒ある刀です。

作刀したのは、南北朝時代初期の筑前国(現在の福岡県北西部)で活動した「左文字派」(さもんじは)の刀工「吉弘」(よしひろ)。筑前国のある九州地方は「大和伝」(やまとでん)の刀工が多く、初期の左文字派も大和伝の作風でしたが、その一派の刀工であった「左安吉」(さのやすよし:のちの左文字)が相模国(現在の神奈川県)で当時有名だった「相州伝」(そうしゅうでん)の刀工「正宗」(まさむね)に入門。この鍛刀方法を修得したことで、左安吉は相州伝の日本刀を作刀するようになっていきました。吉弘は、左安吉の子または弟子であったとも伝わる人物です。

作柄は、左文字派の作風をよく表わしており、重厚感があり明るくえた刃は不思議な魅力を持ちます。吉弘作としては唯一現存する在銘品。そして13代当主「本阿弥光忠」(ほんあみみつただ)の折紙が付属する同工の傑作です。

太刀 銘 吉弘の折紙

太刀 銘 吉弘
太刀 銘 吉弘
吉弘
鑑定区分
特別重要刀剣
刃長
73.9
所蔵・伝来
備前池田家伝来→
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

刀 無銘 伝二字国俊(かたな むめい でんにじくにとし)

本刀は、柳川藩(やながわはん:現在の福岡県柳川地方)の藩主・立花家に伝来した日本刀です。もとは戦国時代に武将「立花宗茂」(たちばなむねしげ)が豊臣秀吉から拝領しました。無銘作ながら、12代当主「本阿弥光常」(ほんあみこうじょう)の折紙と、「本阿弥光遜」(ほんあみこうそん)鑑定小札により、刀工「二字国俊」(にじくにとし)の作と極められています。

本刀を作刀した二字国俊は、山城国(現在の京都府)の刀工「来派」の祖「来国行」(らいくにゆき)の子「来国俊」(らいくにとし)です。来国俊は、「国俊」の二字銘と、「来国俊」の三字銘を切る場合があります。

そのことから別人説が出ていましたが、同時代の作が多いこともあり同一人物説も浮上。しかし本阿弥家では、両者の作風に違いが見られることを考慮し、二字国俊を「父」とし、来国俊を「子」だとして別々の折紙を発行していました。

作柄は、地刃共に健全で、拵の保存状態も良く、作られた当時のままの姿を保っています。本刀は立花家の刀剣台帳にも記載がある由緒正しい1振です。

刀 無銘 伝二字国俊の折紙

刀 無銘 伝二字国俊
刀 無銘 伝二字国俊
無銘
鑑定区分
重要美術品
刃長
71.6
所蔵・伝来
豊臣秀吉 →
立花宗茂 →
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

刀 金象嵌銘 兼光(かたな きんぞうがんめい かねみつ)

本刀は、筑前福岡藩(現在の福岡県福岡市)の6代藩主「黒田継高」(くろだつぐたか)が、7代将軍「徳川家継」(とくがわいえつぐ)と謁見した際に拝領した物です。1714年(正徳4年)のことで、徳川実紀の「筑前福岡黒田家刀剣目録」の項にも記載されています。もともとは、尾張徳川家が所有していましたが徳川宗家の手に渡り、そして黒田家に伝来することになったのです。

本刀を作刀した「兼光」(かねみつ)は、備前国(現在の岡山県南東部)の「長船派」(おさふねは)の名工「景光」(かげみつ)の子として伝わります。兼光は作風に幅があることから、初代と2代がいる説が唱えられていました。しかし現在は、当時の流行を取り入れるなどした変化だとして、1代限りとする説が有力視されています。そして備前の刀工ながら相州伝に師事し、作風にもおっとりとした湾れ(のたれ)が主調となった相州伝の影響も加わり「相伝備前」と称されるようになりました。

本刀の姿は大磨上げ(長大な刀を短くすること)となっていますが、元来は大太刀であったと考えられています。その刃文は、肩落ち風の互の目(ぐのめ)のみならず、角互の目や丁子風の刃など変化が交じり、(よう)もよく入っており、出来が優れた健全な良品です。1695年(元禄8年)には、本阿弥光常による「代七百貫」の折紙を付け、大磨上げ無銘の作に入れる金象嵌銘にて「兼光」と切られています。

刀 金象嵌銘 兼光の折紙

刀 金象嵌銘 兼光
刀 金象嵌銘 兼光
(金象嵌銘)兼光
鑑定区分
特別重要刀剣
刃長
73.8
所蔵・伝来
尾張徳川家伝来
黒田家 黒田長好→
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

刀 無銘 伝倫光(かたな むめい でんともみつ)

本刀は、1658年(明暦4年/万治元年)に紀州徳川家により本阿弥家に鑑定依頼が出され、「金 七枚」とする折紙を発行したことが「本阿弥留帳」(本阿弥家の鑑定書発行の記録台帳)に記載されています。

その後、本刀は徳川四天王のひとり「本多忠勝」(ほんだただかつ)が譲り受けます。さらに時代は下り、本多忠勝の孫「本多忠晴」(ほんだただはる)が以前出された評価を不服とし、1713 年(正徳3年)本阿弥家に再鑑定を依頼。新たな評価鑑定として折紙「金 拾五枚」として発行されています。

そして本刀を作刀したのは南北朝時代の刀工で、長船派の名工・景光の三男「倫光」(ともみつ)です。子とされていますが、景光の門人とする説もあります。また大和伝の鍛冶「友光」と区別する意味で、「倫」の字を音読みして「リントモミツ」と呼ばれていました。

本刀の作柄は大太刀大磨上げにした刀で、倫光作のなかでも鍛えが特に優れていることから肉置(にくおき)の健全さが賞される1振です。

刀 無銘 伝倫光の折紙

刀 無銘 伝倫光
刀 無銘 伝倫光
無銘
鑑定区分
重要美術品
刃長
72.4
所蔵・伝来
本多弾正少弼
(本多忠晴)→
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

刀 無銘 中島来(かたな むめい なかじまらい)

本刀は、14代「本阿弥光勇」(ほんあみこうゆう)が1724年(享保9年)に記した折紙と、古鞘が付属している1振です。また徳川実紀の「元文二年五月二十八日条」にも、本刀に関連した記載が残る名刀でもあります。

作刀したのは「来国長」(らいくになが)と言い、来派の刀工・来国俊の門人。のちに摂津国(現在の大阪府北中部と兵庫県南東部)の中島に移り住み、作刀したことから「中島来」と呼ばれるようになりました。

作柄は、身幅(みはば)が広くやや浅い反りがあり、地鉄(じがね)の板目肌には杢目や流れ肌が交じり、(にえ)の付き方は厚め。直刃(すぐは)基調の刃文には、互の目や小互の目が交じり、足・葉が入り、金筋砂流しがかかるなど、刃中の働きが多く、来派の特色がよく表現されています。

刀 無銘 中島来の折紙

刀 無銘 中島来
刀 無銘 中島来
無銘
鑑定区分
特別重要刀剣
刃長
71.4
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕