刀剣を鑑賞する

名物 大坂長義を観てみよう

文字サイズ
「大坂長義」は、「名物」と評される名刀であり、南北朝時代に活動した刀工「長義」(ながよし/ちょうぎ)を代表する1振です。長義は、数々の名工を輩出した備前国(現在の岡山県南東部)の刀工集団「長船派」の刀工。長船派でありながら、相州伝の鍛刀方法「相伝備前」を交えた刀を打ち、個性的で華やかな日本刀を作り上げました。今回は、「大坂長議」の基本情報と共に、「刀剣ワールド財団」が所蔵する「名物 大坂長義」の特徴をご紹介します。

人物

長義」は、南北朝時代に備前国(現在の岡山県南東部)を拠点に活動していた刀工集団「長船派」の刀工です。備前国は、古来より鉄資源に恵まれた土地であり、刀匠の数も突出して多いことから現存する名刀の70パーセントが備前生まれと言われます。

なかでも長船派は、鎌倉時代から備前国を代表する刀工集団。長船派の鍛刀した日本刀は「長船物」(おさふねもの)と呼ばれ高い評価を受け、名刀の代名詞とされてきました。長義の本名は「藤左衛門」(とうざえもん)、長船派・中興の祖「光忠」の子「真長」(さねなが)を祖父として、父はその子「光長」(みつなが)と伝わります。

そして祖父・真長の兄「長光」(ながみつ)が嫡子として長船派の正統を継いでいるのです。そのため長義の一族は、長船派でも少々流れの異なる一族となります。長義は備前国の刀工でしたが、「相州伝」(現在の神奈川県で確立した方法)の鍛刀方法を取り入れた「相伝備前」の鍛冶でもありました。

相州伝を完成させた「正宗」をはじめ「貞宗」、「行光」、「広光」([廣光])など、鎌倉幕府の頃から相模国を中心に優秀な刀工が揃っていました。長義が刀を打っていた時代は、鎌倉幕府は滅亡し関東地方出身の武士「足利尊氏」(あしかがたかうじ)が活躍していたときです。

足利尊氏をはじめ、その他の武士達の後援を受けた相州鍛冶はより大きく繁栄をみせていました。備前物に相州風を取り入れることで、長義はその流行に対応したのです。のちに長義は「正宗十哲」という、正宗の影響を受けた名工10名のひとりとして、その中に名を連ねるようになります。

また長義と似たような時期に、長船派でありながら同じように相州風を取り入れた「兼光」(かねみつ)は、長義と良く比較される刀工でした。「長義は兼光よりも技巧的で華がある刃文で、変化に富んでいる」に対し「兼光は長義と比べ穏やかでおっとりとした刃文だ」などと、良く対比されるのです。

作風

長義は、相州伝の鍛刀方法を取り入れたことで、長船派の鍛冶としては異端者であり「一番長船物らしくない」と言われる刀工でした。しかし備前国の鍛冶はもともと流行に敏感で、その時代に好まれる作風を取り入れるのを得意としました。

それでも長船派の特徴である、焼入れ(刃文を入れる工程)時に出る、匂本位丁子乱れや互の目の刃文を守っていたと言います。長義の場合は、相州伝の沸が目立つ「荒沸本位」の「板目肌」を採用していました。と言っても、純粋な相州伝の板目肌鍛えとは少し違い、相州伝の板目肌に備前伝の杢目肌の遺風を残しています。

使用した玉鋼(たまはがね)が、長船派の拠点となる地域に流れる吉井川から採取した物だと考えられ、これが地鉄(じがね)にも影響していると言われているのです。長義はこの荒沸本位に、幅の広い大互の目乱の刃文を焼くのを得意として、刃中には見事な金筋(きんずじ)や砂流し(すながし)がかかります。

また、互の目交じりの中に耳形乱(みみがたみだれ)という、人間の耳の形に似た2つで1組の乱刃なども焼きました。そして鋒/切先は、良く伸び、ふくらは枯れた中鋒や大鋒など。さらに帽子の焼きは強めで、乱れ込んで大きく突き上げています。

耳形乱、互の目(短刀 銘 長義)

耳形乱、互の目(短刀 銘 長義)

全体として、太刀は大きく湾れた互の目の華やかな刃文。長大だったためほとんどが磨り上げられて無銘となり在銘品は僅かです。短刀は、刃長が30cmほどで、重ね(刀身の厚さ)は厚く付き、また鋒/切先の方が反る先反り気味の作品が残ります。

評価

古今鍛冶備考

長義は、江戸時代に出版された「古今鍛冶備考」(ここんかじびこう)にて「大業物」(おおわざもの)の評価を得ています。この業物は、「業良き物」(わざよきもの)を意味する言葉で、切れ味の良い日本刀のことを指していました。

古今鍛冶備考は、江戸幕府で「御様御用」(おためしごよう)という試し斬り役を務めていた「山田浅右衛門」(やまだあさえもん)が著した本です。試し斬り役とは、刑死した罪人の遺体を利用してその切れ味の結果を鑑定する役目。

ここで選出された刀工は「業物」・「良業物」・「大業物」・「最上大業物」などに振り分けられました。その他、山田浅右衛門は「懐宝剣尺」(かいほうけんじゃく)といった評価本を出版しています。

本作長義

長義作の最高峰と言われているのが、山姥を切った伝説を持つ「本作長義」(ほんさくちょうぎ)です。正式名称は、以下の長い銘となります。

差表)本作長義天正十八年庚寅五月三日二九州日向住 國廣銘打 (差裏)長尾新五郎平朝臣顕長所持 天正十四年七月廿一日小田原参府之時従 屋形様被下置也

このように長いため、刀剣界では本作長義と省略して呼ばれることが多いです。本作長義にこの銘を彫ったのは、「新刀の祖」とも言われる名工「堀川国広」(ほりかわくにひろ)です。この堀川国広が、本作長義の持ち主だった「長尾顕長」(ながおあきなが)の依頼で作刀したのが「山姥切国広」という本作長義の写し(複製のこと)の刀。

堀川国広は、山姥切国広を打ったあとに、長尾顕長に頼まれ本作長義の方に長銘を施したと伝わります。現在、本作長義は「徳川美術館」(愛知県名古屋市)が所蔵し、山姥切国広は個人蔵となっています。

本作長義

本作長義

名物 大坂長義を観てみよう

本短刀の大坂長義は、名物と評される名刀であり、刀工・長義を代表する1振。「豊臣秀吉」の愛刀とされ、家臣であり古くからの友人「前田利家」(まえだとしいえ)に下賜したと伝わります。以降、前田家に伝来した由緒ある刀です。

1926年(大正15年)に、陸軍参謀本部部長や貴族院議員などを務めた前田本家15代当主「前田利為」(まえだとしなり)氏が、「公益法人育徳財団」(現在の[前田育徳会])を設立。法人化したことで、現在まで本短刀は散逸することなく保管され、「刀剣ワールド財団」が所蔵するに至りました。

ここでは、本短刀を実際に鑑賞する際に見ておきたい「姿」、「刃文」、地鉄、「」などの鑑賞ポイントを解説します。

短刀  銘  備州長船住長義
短刀 銘 備州長船住長義
表:備州長船
住長義
裏:正平十五年
五月日
鑑定区分
重要文化財
刃長
27.7
所蔵・伝来
豊臣秀吉→
前田利家→
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

名物 大坂長義の特徴

姿

長義の手による本短刀は、同時代に作られた短刀と比べると身幅が広く、刃長も27.7㎝とかなり長い造込みとなっています。短刀は反りのないものがほとんどですが、本短刀は0.3㎝の反りがあるため、身幅の広さ刃長の長さなどと相まって、より豪壮な印象を与える作品です。

刃文

本短刀の最大の特徴とも言えるのが、燃え立つような華麗な刃文。ひと目見ただけで誰もが虜になる魅力を持っています。まず見てみたいのが、大きく乱れた刃文。どれも不規則に焼きの頭(乱れ刃の焼きの高い部分)を作っていますが、大互の目の中に小乱れなどを繊細に交えています。

これは相州伝の刀工に見られる刃文・皆焼(ひたつら)にも良く似た、相州伝の鍛刀方法を取り入れた長義らしい個性のひとつです。本来、皆焼は鎬地平地(鎬地から刃先の部分)、そして(刃の反対側)まで焼きを入れることを指しますが、本短刀は棟まで焼かない刃文となっています。

  • 大坂長義の刃文
    大坂長義の刃文
  • 皆焼の刃文(刀 銘 兼延・刀剣ワールド所蔵)
    皆焼の刃文
    (刀 銘 兼延・刀剣ワールド所蔵)

また刃中(刃文の中の模様)には、金筋や(よう)などがさかんに入り、とても賑やかな働きを構成しています。金筋は、刃に沿うように線状に光る働きのことで、異なる鉄の組織同士が合わさることで生じるのです。葉は、鉄の成分が刃中に独立して点在する様子。それを葉が舞い散っているように見えたことから葉と例えるようになりました。

  • 金筋
    金筋
  • 葉

そして本短刀は、刃縁(はぶち)と呼ばれる刃文と地鉄の境目が非常にはっきりとしています。その境が明瞭だと「匂口締まる」、不明瞭だと「匂口潤む」と表すのです。

ほとんどの刀剣は、刃文を構成する鉄組織である匂と沸が交ざった状態であり、どちらの構成が主体となっているかで匂本位、「沸本位」(にえほんい)と分類。本短刀の場合は、沸本位で匂口の締まった明るい刃文をしています。

匂口(短刀 銘 備州長船住長義[名物 大坂長義])

匂口(短刀 銘 備州長船住長義[名物 大坂長義])

匂口が潤んだ刃縁(刀 無銘 伝倫光・刀剣ワールド所蔵)

匂口が潤んだ刃縁(刀 無銘 伝倫光・刀剣ワールド所蔵)

地鉄

地鉄は、日本刀作刀において重要な工程のひとつである「折り返し鍛錬」(おりかえしたんれん)によって模様が現れる場所。その模様を「地肌」(じはだ)とも呼びます。地肌には、刃文と同じように、数多くの種類があり、それらが複雑に交ざり合って表面に現れるのです。本短刀は、細かな「小板目肌」が良く詰んだ美しい地肌をしています。

小板目肌が入った部分の地鉄

小板目肌が入った部分の地鉄

板目肌は、地鉄の表面が木材の板目に似た模様のことです。それがさらに小さな模様となっているのが小板目肌です。また本短刀には、「地沸」(じにえ)と呼ぶ焼き入れによって地鉄に現れる「地中の働き」があります。

地沸は、砂を散らしたように光る微粒子が刀身に現れること。本短刀は、この地沸の穏やかな輝きと、刃文のはっきりとした輝きの対比が、品格もありつつ均整の取れた美しい模様となっています。

地沸が現れた部分の地鉄

地沸が現れた部分の地鉄

長義が作刀した刀の銘は、ほとんどが長い銘となる「長銘」です。銘として一般的なものに「作者銘」と言って刀工の名前のみを入れたものや、所持者の名前を入れた「所持銘」、作刀した年月日を入れる「年紀銘」などがあります。

しかし長義の銘は、「備前国長船住長義」や「備州長船住長義」のような居住地と名前を合わせて入れる場合がほとんど。さらに年紀などを彫りますが、茎の中心に銘を大きく入れるため短刀の場合、茎がやや詰まって見えます。

本短刀は差表に備州長船住長義、差裏には「正平十五年五月日」と年紀銘が刻まれています。「正平十五年」は西暦だと1360年のことで、南北朝時代の南朝側(後醍醐天皇方の大覚寺統)の和暦年号です。長義は、はじめ南朝側の年号を用いていましたが、やがて北朝側の年号を使用していきます。

  • 差表の銘
    差表の銘
  • 差裏の銘
    差裏の銘

鞘書

白鞘に鞘書を入れる様子

白鞘に鞘書を入れる様子

日本刀は、使用しないとき「白鞘」(しらさや)と言って、刀身すべてが収まる木製の容器に保管をします。通常、腰に差すときの「」(こしらえ)でも雨や風、埃などから守る効果はありますが、気密性が高すぎて湿気などを含んだまま密閉することになってしまうのです。

日本刀は、温度や湿度の変化に敏感な美術品。このままだと日本刀が錆びてしまうため、使用しないときは調湿機能のある木製の白鞘に入れて保管します。

この白鞘に書かれているのが「鞘書」(さやがき)という文章です。白鞘には、直接、なかに入った日本刀の号・刀工名・刃長・鞘書年月日などを記入。本短刀には「大坂長義 長九寸壱分 正平年号有之 寛文三年代金貳拾枚折紙有之」と書かれています。

大坂長義
大坂長義の鞘書

大坂長義の鞘書

本短刀の号です。

長九寸壱分

古い単位で刃長(刀身の刃のある部分)のことを表しています。本短刀は約27.7㎝です。

正平年号有之

「刀に正平年号の銘が入っています」という意味です。本短刀は差裏に「正平十五年五月日」の年紀銘が彫られています。

寛文三年代金貳拾枚折紙有之

「寛文3年に、代金20枚と代付けした折紙があります」という意味です。寛文3年は西暦1663年のことで、江戸時代の初期。

この頃の代金20枚は、大判金貨1枚となる1両が約100,000円だったので現代の金額に換算すると約2,000,000円の価値があると書かれているということになります。

「折紙」は、奉書紙を二つ折りにした物で、刀剣鑑定を生業としていた本阿弥家が代々鑑定書を作成しました。そこには刀の銘、正真(本物)であることを示す文字、刀の寸法、他には彫り物などの特徴。

そして代付と言って刀剣の価値を「金〇〇枚」と示しますが、これは金額ではなく刀剣の価値を金で換算したものです。さらに年月日と鑑定者の花押を押しました。