刀剣を鑑賞する

刀 銘 長曽祢興里入道乕徹を観てみよう

文字サイズ
「刀 銘 長曽祢興里入道乕徹」(かたな めい ながそねおきさとにゅうどうこてつ)を作刀したのは、江戸時代中期に江戸で活躍した刀工「長曽祢興里」(ながそねおきさと)、通称「長曽祢虎徹」(ながそねこてつ)です。その作刀の腕前は非常に高く、現代でもゲームや漫画などの作品にその名が登場するほどの人気ぶり。今回は、「長曽祢虎徹」の基本情報と共に、「刀剣ワールド財団」が所蔵する刀 銘 長曽祢興里入道乕徹の特徴をご紹介します。

人物

長曽祢虎徹」は、「虎徹」の通称で知られる、江戸時代前期に江戸で活躍した刀工です。(なかご:[つか]に収める部位)に虎徹と(めい:作刀者や所有者などの情報)を切った刀工は、初代である「長曾祢興里」と、2代目「長曽祢興正」(ながそねおきまさ)が存在しますが、一般に虎徹と言うと長曾祢興里を指します。

両名共に、「最上大業物」(さいじょうおおわざもの:刀工の格付けのひとつで、特に切れ味に優れた刀を作刀した刀工のこと)にその名が列せられるほどの腕前を誇ったことで有名です。長曽祢虎徹は、もともと越前国(現在の福井県)で甲冑師(甲冑[鎧兜]を制作する職人)として活動していましたが、50歳頃に江戸へ移住して刀工になりました。

長曽祢虎徹の作品には、「入道」と言う言葉が銘に使用されていますが、これは長曽祢虎徹が仏門に入ったことを意味しています。そして、入道して以降、「こてつ」と読む銘を使用するようになったのです。長曽祢虎徹は、作刀した時期によって、銘に切るときのこてつの漢字が3種類あるのが特徴。

最も古い作では「古徹」、その次が通称「はねとら」銘と呼ばれる虎徹、そして最後に「はことら」銘と言われる「乕徹」の漢字が用いられました。時期によって銘の漢字を変更していた理由には諸説ありますが、長曽祢虎徹は非常に高名な刀工であったため、生前から偽物が多く出回っていたことが関係していると言われています。

作風

刃文・地鉄

刃文・地鉄

長曽祢虎徹は、もともと甲冑師であったため、鉄の鍛え方が優れているだけではなく、刃文(はもん:刀の表面に 現れる模様のうち、白っぽく、波のように見える部位)や地鉄(じがね:刀の表面に 現れる、黒っぽい部位に見える模様)が良く冴えているのが特徴。

また、甲冑師時代に培った技量は、刀身彫刻にも存分に発揮されており、長曽祢虎徹の作品のなかでも彫物がある作は一層高い人気を誇ります。

刀身彫刻(浦島虎徹)

刀身彫刻(浦島虎徹)

そして、長曽祢虎徹の作で最大の特徴と言えば、最上大業物に選定されたその抜群の切れ味。長曽祢虎徹が鍛えた「石灯篭切虎徹」(いしどうろうぎりこてつ)と呼ばれる刀は、庭に生えていた松の太枝を切った際に、傍にあった石灯篭まで切り込んだことが名称の由来となっており、長曽祢虎徹の刀がいかに凄まじい切れ味を誇ったかを示す逸話として有名です。

浦島虎徹
様々な「名刀」と謳われる刀剣を検索できます。

評価

長曽祢虎徹は、江戸幕府の要職が好んで所有していたため、いつしか上流階級が所蔵する刀として有名になりました。一方で、その知名度の高さと、銘の切り方が直線的で他人に真似されやすかったことが理由となり、大量の偽物が出回ったと言います。

刀剣界では現在でも、「虎徹を見たら偽物と思え」と言う言葉が有名です。「偽物の虎徹」と言う話で挙げられるのが、幕末時代に活躍した「新選組」の局長「近藤勇」の愛刀虎徹。近藤勇の虎徹は、贋作(がんさく:本物に似せて作られた作品)と言うのが通説となっていますが、近藤勇が虎徹を愛用していたことが、結果的に刀剣界以外にも虎徹の名を知らしめることになりました。

虎徹は現在でも、ゲームや漫画、実写の映画などで多く登場する名刀として知られています。なお、長曽祢虎徹の造刀技術は、はことら銘を使用していた時期が「同時代のなかで最高水準」と評されました。

刀 銘 長曽祢興里入道乕徹の特徴

「刀 銘 長曽祢興里入道乕徹」は、長曽祢虎徹が活動後期の乕徹の銘を使用していた頃に作刀した刀です。ここでは、本刀を実際に鑑賞する際に観ておきたい「姿」、刃文、地鉄、「その他」の鑑賞ポイントを解説します。

姿

本刀は、鎌倉時代に作刀されていた実用向きの太刀をイメージして作られました。長曽祢虎徹が活動していた時代は、実用に不向きな「無反り」(むぞり:ほとんど反りがない刀)が主流でしたが、本刀は実用に即した、反りの付いた姿となっているため、同時代に作刀されていた他の刀と比較しても、その切れ味の良さを連想させます。

反りが付いた「刀 銘 長曽祢興里入道乕徹」

反りが付いた「刀 銘 長曽祢興里入道乕徹」

同時代に作刀された無反りの「刀 銘(丸に橘紋)近江守法城寺橘正弘(寛文十一年二月日)」

同時代に作刀された無反りの「刀 銘(丸に橘紋)近江守法城寺橘正弘(寛文十一年二月日)」

刃文

刃文、地鉄共に冴え、互の目(ぐのめ:大きさの不揃いな丸みを帯びた刃文)調の乱れが交じり、ところどころ強くむら立つのは、良く付いた(にえ:刃文に現れる、肉眼で確認できる大きさの粒子)。本刀を鑑賞する際に、特に注目したいのは、はことら時代に見られる「数珠刃」(じゅずば)風の刃文です。

数珠刃風とは、刃文に現れる模様が数珠のような均一の大きさの丸みを持って、連続して描かれている様子のこと。互の目と混同されがちですが、数珠刃は互の目と違って、連続する頭の丸みがほぼ同じ大きさであるため、技量が優れた刀工にしか焼くことができない刃文です。

なお、刃文は刀を遠目からただ眺めただけでは決して観ることができません。刀に光を当てて、様々な角度から観たとき、ある一定の位置に来ると確認できます。本刀の数珠刃風の刃文は、鋒/切先(きっさき)から約20cm下の位置や、茎寄りの部位に観ることが可能です。

数珠刃風の刃文、互の目の刃文

数珠刃風の刃文、互の目の刃文

地鉄

地鉄は、板目肌(いためはだ:年輪を連想させる、大きな楕円形の模様)に杢目(もくめ:年輪を連想させる板目肌より小ぶりな円形の模様)交じり、金筋(きんすじ:刃中に現れる線状に太く黒光りしている働き)や地景(ちけい:地鉄に現れる、黒光りする線状の模様)、二重刃(にじゅうば:刃文に沿って現れる白っぽい線状の働き)などが見られます。

板目肌、杢目

板目肌、杢目

金筋、二重刃、地景

金筋、二重刃、地景

その他

磨上げられた茎

磨上げられた茎

本刀は、銘にも特徴が存在。本刀の銘は、佩表(はきおもて:刃を下にして腰から吊るした際に、体の外側に来る側面)に切られていますが、これは同時代に作刀された他の刀と明確に異なる点と言えます。

江戸時代において主流だったのは、一般に「日本刀」と呼ばれる打刀(うちがたな)です。打刀は、腰帯に差して携帯しますが、鎌倉時代以前に使用されていた太刀は、腰から紐などで吊り下げて携帯しました。

腰帯に刀を差すときは、刃の向きは上向きに、太刀を腰から吊り下げるときは、刃の向きは下向きになりますが、このとき、どちらの刀であっても銘を切る位置は体の外側に来るのが通常です。つまり、腰帯に差すことを前提に作刀された打刀であれば、銘の位置は差表(さしおもて:刀を腰に差したとき、体の外側に来る側面)。腰から吊り下げる太刀をイメージして作刀されたのであれば、銘の位置は佩表にくるのです。

佩表に切られた銘

佩表に切られた銘

こうしたことから、刀 銘 長曽祢興里入道乕徹は太刀として作刀された刀と推測できます。また、本刀は「磨上げ」(太刀の茎を短く切り詰めて、長さの短い刀へ改造すること)をされていない、「生ぶ茎」(うぶなかご:作刀当時の状態を保った茎)である点も特徴のひとつ。

戦場で刀が活躍していた時代に作刀された太刀は、ほとんどが打刀へと姿を変えましたが、本刀は平和な江戸時代に作刀されたため、当時の姿のまま現存しているのです。

なお、本刀のように佩表に銘が切られている長曽祢虎徹の作は僅かであるため、本刀は資料としても大変貴重な1振と言えます。