刀剣の歴史

五箇伝 美濃伝

文字サイズ
「五箇伝」の中で最も新しい時代である南北朝時代に、美濃国(現在の岐阜県南部)で発祥した「美濃伝」(みのでん)。実用性に富んでいた同伝の刀は、戦国時代、様々な武将達に重宝されていました。そんな美濃伝がどのような経緯で全国の武士達に広まったのか、その歴史を紐解くと共に、「刀剣ワールド財団」が所蔵する美濃刀についてもご説明します。
美濃伝の刀剣 関市美濃伝の刀剣 関市
世界でも有数の刃物の産地である美濃伝の岐阜県関市についてご紹介します。

美濃伝の歴史 発祥のきっかけは2人の名工にあった

美濃国の刀鍛冶は元々、奈良時代に大和国(現在の奈良県)で興った「大和伝」(やまとでん)系に属していました。しかし南北朝時代初期に、大和国から美濃国・志津(現在の岐阜県海津市)へ「志津三郎兼氏」(しづさぶろうかねうじ)が、同時代中期に「金重」(かねしげ/きんじゅう)が、越前国・敦賀(福井県敦賀市)から美濃国・関(現在の岐阜県関市)へ移住して来たことにより、美濃鍛冶の作風が変化。

両名は、相模国(現在の神奈川県)の「相州伝」(そうしゅうでん)を完成させた「正宗」に師事し、その10人の高弟「正宗十哲」(まさむねじってつ)のひとりに数えられるほど、高い作刀技術を持っていました。

そんな2人が美濃へ移ってきたことで、元来の大和伝に相州伝を加味した新しい作風の鍛法が生まれ、後世に「美濃伝」と称されるようになったのです。美濃伝は驚異的なスピードで完成し、戦国時代に入ると、全国の武士達に広まっていきました。その背景となったのは、美濃国の周辺諸国に有力武将が多数いたこと。

同国の「土岐家」(ときけ)や「斎藤家」、尾張国(現在の愛知県西部)の「織田家」、甲斐国(現在の山梨県)の「武田家」など、その数は枚挙にいとまがありません。彼らが求めていたのは、見た目の美しさよりも、激しい合戦に耐え得るだけの強靭さを持った刀。美濃鍛冶は切れ味が良く頑丈な刀、すなわち実用性に富んだ作風を追求しており、武将達の需要に合致した刀を作刀できたのです。

そのため当時の美濃鍛冶のもとには、いくら作っても捌き切れない(さばききれない)ほどの注文が殺到。その作刀の中心となっていたのが、「関鍛冶」だったのです。戦国時代の関鍛冶による作刀は、総称して「末関物」(すえせきもの)と呼ばれています。

関鍛冶は、金重の移住によりその礎が築かれましたが、本格的に隆盛期を迎えたのは、金重と同様に大和国に住んでいた「兼光」(かねみつ:初銘は同音で「包光」と表記)が、関に移住して来たことがきっかけ。同工は、「鍛冶座」と称する自治組織を結成します。そして師弟や親族間で技術交流を図って統括的に作刀するだけでなく、刀の販売体制も整えることで、美濃刀の供給が滞らないようにしたのです。

こういった経緯を経て関鍛冶は、多くの有力武将達をお得意先として抱えるようになります。その中には、「織田信長」や「豊臣秀吉」、「徳川家康」の「三英傑」(さんえいけつ)も名を連ねていたと推測されているのです。多くの戦国武将達に重宝される刀を作った美濃伝は、戦国時代が終わって太平の世となった江戸時代に突入してからも全国に伝播し、幕末期に至るまで大いに繁栄しました。

美濃伝の特徴 国宝でなくても支持される作風とは

多くの名工を世に送り出し、全国の武将からの注文が絶えることがなかった美濃伝の刀。一方で同伝は、五箇伝の中で唯一「国宝」に指定された刀が1振もない伝法だったのです。特に戦国時代、実用性を重視して刀身の美しさにはあまりこだわらない作風であった美濃刀は、武具よりも美術品としての価値を刀に見出している現代では、国宝の基準にまで達していないとされているのかもしれません。

しかし国宝に指定されていないからと言って、美濃刀の出来がすべて悪いかと言えばそうではなく、多くの美濃刀が現代にまで残っていたり、江戸時代以降にも兼氏の「写し」を作刀する刀工が大勢いたりしたことから、その人気ぶりが窺えるのです。

ここからは、人気を博していた美濃伝が作風にはどんな特徴があるのか、①姿、②地鉄(じがね)、③刃文の観点から見ていきます。

①姿:反りが少なく実用性に特化

太刀と打刀

太刀と打刀

美濃伝が最盛期を迎えた戦国時代は、戦闘様式が、それまで主流となっていた馬上戦から徒歩による集団戦へと移行した時期。

そのため美濃刀は、馬に乗ったままで戦うのに有利な長いリーチの「太刀」ではなく、ほとんどが、接近戦で刀を素早く鞘(さや)から抜ける「打刀」でした。美濃伝の刀工は、実戦での利便性を考えて刀身を短くし、できるだけ反りを浅くした打刀を作刀していたのです。

②地鉄:板目肌に柾目肌が交じる

板目肌

板目肌

美濃刀の地鉄は、肌立ちがザングリとした板目肌」(いためはだ)が基本。「ザングリ」とは、垢抜けしてさっぱりとした様子を表す言葉です。

また板目肌はその名の通り、木材の板目のようになっている肌模様のこと。刀の地肌に用いられる場合には、地鉄がよく鍛えられたことにより、板目肌の模様が比較的粗めになり、はっきりと見える様子を指します。

さらには、板目肌に柾(まさ)が流れるのも美濃刀の地鉄における大きな特徴。「柾」は「柾目肌」の略称であり、木材の中心を通って縦断した際に現れるような、ストライプ状の肌模様を言います。

美濃伝による作刀には、板目に柾目が流れるように交じった模様がよく見られるのです。そしてこの柾目肌の多くは、刃の反対側、すなわち刀身における背の部分である「棟」(むね)寄りに現れます。

③刃文:匂本位で尖り刃が必ず出現

美濃刀の刃文における第一の特徴は、肉眼ではほとんど確認できない粒子「匂」(におい)が主体となった「匂本位」(においほんい)にあります。その一方で、志津三郎兼氏や金重は相州伝を修得していたため、その大きな特徴である「」(にえ)を強調した作風になっている刀が多く観られるので、無銘の刀を極める際には注意が必要です。

また、美濃刀の刃文において特筆すべきなのは、必ず「尖り刃」(とがりば)が現れること。これは「乱刃/乱れ刃」(みだれば)のみならず、「直刃」(すぐは)の美濃刀にも観られる特徴です。この他にも美濃伝では、末関鍛冶を代表する名工「兼元」により考案された「三本杉」や、金重の系譜を継ぐ「兼房」(かねふさ)による「兼房乱れ」(けんぼうみだれ)といった新しい刃文が生み出されています。

三本杉とは、杉の木のように「互の目」(ぐのめ)の頭が尖り、3本ずつ連なって現れる刃文のこと。そして兼房乱れは、焼幅(やきはば)が広い「互の目丁子」(ぐのめちょうじ)の刃文です。このような個性的な刃文も、美濃伝の大きな特徴と言えます。

さらに美濃刀は、「鋒/切先」(きっさき)と称する刀の先端部分に現れる刃文、すなわち「帽子」が、独特な形状になっているのも注目すべきポイント。座している地蔵の上半身を横から観た様子に似ていることから、「地蔵帽子」と呼ばれています。

美濃伝 刀剣ワールドの所蔵刀

美濃伝では兼氏や兼元など、その名に「兼」の字を冠した優秀な刀工が多数います。兼の字が付いた刀工名は言ってみれば、美濃伝の名工である証しでもあるのです。

ここからは、そんな名工達による美濃刀を刀剣ワールド財団の所蔵刀の中からいくつか取り上げ、その作風などについて解説します。

刀 無銘 伝志津(黒田志津)

本刀を作刀したと鑑せられる志津三郎兼氏は、ここまでご説明した通り、美濃伝の始祖として同伝を大きく発展させた名工です。本刀の姿は、南北朝時代によく観られた「大鋒/大切先」(おおきさっき)が施され、反りは少しだけ深くなっています。

また、小湾れ刃(このたれば)の刃文には、互の目や丁子のほかに、美濃刀の証しである尖り刃が交じっているのが特徴。一方で志津三郎兼氏は正宗に師事していたため、本刀には、相州伝の最大の特徴である沸が、地刃共に強調されて現れているのです。

本刀の「鞘書」(さやがき)に「黒田志津」と記されていることから、福岡藩(現在の福岡県)を立藩した「黒田家」に伝来していたことが推測され、歴史的価値の高い1振であると言えます。

刀 無銘 伝志津(黒田志津)
刀 無銘 伝志津(黒田志津)
無銘
鑑定区分
特別重要刀剣
刃長
68.6
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

刀 銘 和泉守兼定作(之定)

本刀を手掛けた「和泉守兼定」(いずみのかみかねさだ)は、同銘が三代続いた「兼定」のうち、関鍛冶随一の技量の高さを誇る「二代 兼定」です。同工は、本刀の「」(なかご)にもあるように、その銘にはウ冠の下部分に「之」(の)の字を切っていたことから、「之定」(のさだ)の愛称で呼ばれていました。

本刀の「金象嵌銘」(きんぞうがんめい)に切られた「三浦将監」(みうらしょうげん)は、「紀州徳川家」の家老として江戸時代後期に活躍した人物であり、本刀の所持者であったと推測されています。

大鋒/大切先で反りの深い本刀は、相州伝を思わせる豪壮な姿。一方でその刃文は、互の目と丁子の乱刃/乱れ刃に尖り刃が交じっており、美濃伝の特徴も顕著に現れている1振です。

刀 銘 和泉守兼定作(金象嵌)二ツ胴 三浦将監所持
刀 銘 和泉守兼定作(金象嵌)二ツ胴 三浦将監所持
和泉守兼定作
(金象嵌)
二ツ胴
三浦将監所持
鑑定区分
特別重要刀剣
刃長
65.2
所蔵・伝来
紀州徳川家の家老→
三浦将監→
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

刀 銘 兼元(孫六初代)

本刀を作刀したのは、室町時代後期から美濃国で作刀していた名工の二代 兼元です。兼元の銘は天文年間(1532~1555年)頃まで四代に亘って続き、その中で最も優れた技術の持ち主が、通称「孫六兼元」(まごろくかねもと)と呼ばれていた二代 兼元でした。前述した和泉守兼定と共に末関鍛冶の双璧を成していた初代 孫六兼元は、抜群の切れ味を有する刀を鍛えていたことから、「最上大業物」(さいじょうおおわざもの)にも列せられています。

本刀でいちばんに目を引くのは、孫六兼元の代名詞と言える三本杉が不規則に連なっている刃文です。

また茎は、作刀当初から一切手を加えられていない「生ぶ茎」(うぶなかご)になっており、初代 孫六兼元の作風が当時のまま窺える貴重な1振だと言えます。

刀 銘 兼元(孫六初代)
刀 銘 兼元(孫六初代)
兼元
鑑定区分
保存刀剣
刃長
67.0
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕