日本刀の名刀

名物の日本刀

文字サイズ
優れた刀とは、芸術的な価値の高い出来映えの物や、歴史的な価値の高い物のことを言います。そのなかでもさらに所持者や逸話など歴史的な付加価値を認められた刀のことを、「名物」の日本刀と呼ぶのです。名古屋刀剣ワールド/名古屋刀剣博物館(メーハク)では、この名物である歴史的・芸術的価値の優れた日本刀を所有しています。「名物」について、及び刀剣ワールド財団所蔵の名物について見ていきましょう。

名物とは

名物とは、もともと茶の湯の世界で中国からの名のある道具や茶器に「名物」や「大名物」と付けて使われていた言葉でした。それが室町時代後期になる頃に、戦の主力武器が馬や弓などから日本刀へと推移したことで、名物と付けられる刀剣が出現。武士達もこぞって名物を集めるようなりました。

もとより名物は、権力者のもとに集まりやすいもの。権力者を囲む諸大名達は歓心を買おうと名刀を次々に献上し、その権力者自身も社会的地位を上げるため名刀蒐集への意欲を持ちます。日本刀の名物呼称を確立したのは、江戸時代に編纂(へんさん)された「享保名物帳」(きょうほうめいぶつちょう)だと言われています。

徳川吉宗

享保名物帳は、1719年(享保4年)に8代将軍「徳川吉宗」(とくがわよしむね)が刀剣鑑定の一族・本阿弥家に命じて作らせた名刀リストです。享保名物帳には、平安時代以降に作られた日本各地の名刀が並び、名物とされる刀剣も数多く収録されました。

ここでご紹介する日本刀も名物と称される刀であり、いくつかは享保名物帳に収録されている名刀です。

名物 有楽来国光(めいぶつ うらくらいくにみつ)

短刀の「有楽来国光」は、徳川吉宗の命で本阿弥家が編纂した享保名物帳にも所載されている刀で、1955年(昭和30年)に国宝に指定された名刀になります。

本短刀は、「織田信長」の弟で戦国武将の「織田有楽斎[織田長益]」(おだうらくさい[おだながます])が、「豊臣秀吉」の息子「豊臣秀頼」(とよとみひでより)より拝領しました。織田有楽斎(織田長益)は戦国武将ではありましたが、戦働きよりも学問や茶の湯などを好んだ文化人で、茶聖「千利休」(せんのりきゅう)にも師事。武家茶道の「有楽流」という独自の開祖としても有名です。

のちに本短刀は、織田有楽斎(織田長益)の手を離れ、「本阿弥光甫」(ほんあみこうほ)の取り次ぎで加賀藩3代藩主「前田利常」(まえだとしつね)が入手。そして前田利常の次男で、前田家分家に当たる富山藩藩主「前田利次」(まえだとしつぐ)のもとへと渡りますが、富山藩の財政難で借金の形として再び前田本家に戻ります。以降、本短刀は加賀藩・前田家に伝来しました。

本短刀は、鎌倉時代末期に山城国(現在の京都府南部)で鍛刀をした「来派」の名工「来国光」(らいくにみつ)の作品です。鍛え身幅(みはば)が広く、重ねも厚い豪壮な体配。対して刃文(はもん)は、互の目(ぐのめ)交じりの大丁子乱れで、とても華やかです。差表(さしおもて:刀を差した際の外側の刀身)に「素剣」(そけん/すけん:不動明王の化身である剣の図)が彫られているのも特徴的です。

そして本短刀には、刀身に添う品として(はばき)があります。これは金無垢台付(底面に金の台座が付いた板金)の二重鎺で、差表側に「片岡六左衛門」(かたおかろくざえもん)と1行で刻印。この片岡家とは、江戸時代初期の書家で陶芸家でもある「本阿弥光悦」(ほんあみこうえつ)の父の生家だと言われています。この(めい)が、作者銘なのか所持銘なのか現時点では分かりませんが、本短刀は長く加賀百万石の前田家に伝来した由緒正しい名品であることは間違いありません。

短刀 銘 来国光(名物 有楽来国光)
短刀 銘 来国光(名物 有楽来国光)
来国光
鑑定区分
国宝
刃長
27.7
所蔵・伝来
豊臣秀頼 →
織田有楽斎 →
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
短刀 銘 来国光
日本刀(刀剣)が持つ魅力をご紹介します。

名物 塩河来国光(めいぶつ しおかわらいくにみつ)

本短刀は、摂津国(現在の大阪府北中部と兵庫県南東部)の戦国大名「塩川国満」(しおかわくにみつ)が所持したことから、「塩河来国光」と呼ばれるようになりました。塩川家は、1568年(永禄11年)に織田信長が「足利義昭」(あしかがよしあき)を奉じて上洛をした際に面会、織田信長に臣従の意を示したことで所領を安堵。この面会で塩河来国光は織田信長に献上されたと言われています。のちに塩河来国光は、「徳川家康」の重臣「本多忠勝」(ほんだただかつ)の子「本多忠政」(ほんだただまさ)が所有することになり、江戸時代を通じて本多家に伝来しました。

形状は平造りの三ツ棟。鍛えは小板目がよくみ、地沸(じにえ)が厚く付きます。刃文は互の目で、刀身の上は浅い湾れを主調に互の目交じりの(あし)入り。(なかご)は、生ぶ茎の「来国光」(らいくにみつ)と三字銘が入ります。

本短刀には金無垢台付の二重鎺があり、差表に「うめただ」、棟側には「寿斎」と刻印。これは戦国武将から江戸時代初期に活躍した金工家の一族「埋忠寿斎」(うめただじゅさい)の作品です。埋忠寿斎の在銘品は「埋忠」を仮名にし、「寿斎」を漢字で表記することが一致しているため埋忠寿斎の真銘作で間違いないと言えます。

そして本短刀は、「代金百枚 信長公の御時、江州塩河殿所持。後本多美濃守所持」と享保名物帳にも所載された名刀です。1937年(昭和12年)に重要美術品に指定され、のちの1952年(昭和27年)に重要文化財となりました。

短刀  銘  来国光(名物塩河来国光)
短刀 銘 来国光(名物塩河来国光)
来国光
鑑定区分
重要文化財
刃長
25.6
所蔵・伝来
本多美濃守
忠政所持→
本多家伝来→
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

名物 大坂長義(めいぶつ おおさかちょうぎ)

本短刀の「大坂長義」は、豊臣秀吉の愛刀であったと伝わる名刀ですが、豊臣秀吉がどのようにして本短刀を入手したかは判明していません。また大坂長義と号が付けられた由来については2つの説があります。

それは、豊臣秀吉の家臣で古くからの友人でもあった「前田利家」に大阪城内にて譲り渡したとする説。もうひとつが、前田利家の四男で加賀藩3代藩主・前田利常が大阪で買い求め、それが前田家に代々伝わったとする説です。伝来した理由はどのようであれ、本短刀は加賀藩・前田家の家宝として同家に長く伝来しました。

本短刀は、南北朝時代に備前国(現在の岡山県東南部)を中心に活躍した刀工「長義」(ながよし)の作です。長義は、備前国「長船派」の刀工でしたが、「相州伝」の刀工「正宗」(まさむね)の作風を得意とし、正宗の優れた弟子に与えられる称号「正宗十哲」(直弟子ではなく影響を受けた刀工も挙げられる)にも挙げられる名工のひとり。そのため長義は「五箇伝」([大和伝]・[山城伝]・[備前伝]・相州伝・[美濃伝]の5つの伝法)のなかの相州伝と備前伝の鍛刀法による唯一無二の特徴を持つのです。

作柄は、鍛え板目肌たちごころに地沸が付きます。大乱れ足や(よう)がよく入る刃文は、(にえ)がよく付き、砂流し(すながし)、金筋(きんすじ)がかかる豪壮ながら華麗な刀身です。銘は、差表に「備州長船住長義」と居住地と刀工名が入り、差裏には「正平十五年五月日」と年紀が刻まれています。本短刀は、豊臣秀吉と前田家に珍重され、江戸時代に編纂された享保名物帳でも名物としてその名を連ねた名宝です。

短刀  銘  備州長船住長義
短刀 銘 備州長船住長義
表:備州長船
住長義
裏:正平十五年
五月日
鑑定区分
重要文化財
刃長
27.7
所蔵・伝来
豊臣秀吉→
前田利家→
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
五箇伝の名工
日本刀の歴史に名を残した、数々の名工をご紹介します。

名物 上部當麻(桑山當麻)(うわべたいま・くわやまたいま)

本短刀は、戦国時代の大名で豊臣家徳川家に仕えた武将「桑山元晴」(くわやまもとはる)が所持した刀です。桑山元晴は、徳川政権においては大和国(現在の奈良県)の御所藩で初代藩主となった大大名。この本短刀は、桑山元晴が近江国大津(現在の滋賀県大津市)で買い求めた刀であり、当初は持ち主の名前から取って「桑山當麻」と呼ばれていました。

のちに桑山元晴の子「桑山貞晴」(くわやまさだはる)が末期養子を決めることなく没したことで、桑山家は領地を没収され、本短刀は紀州徳川家が手にすることになります。そのあと、紀州徳川家は尾張徳川家と御道具替えをすることになり、桑山當麻は尾張徳川家へと移りました。理由は、紀州徳川家に同じ刀工による「上部當麻」の短刀があったからだと伝わります。

尾張徳川家へと移ってから刀剣鑑定家・本阿弥家の鑑定により、本阿弥家が紀州徳川家の上部當麻と混同。結果的に本短刀は上部當麻と呼ばれることになったとされています。そのあとは、わずか3歳で死去した尾張徳川家5代藩主「徳川五郎太」(とくがわごろうた)の形見として、7代将軍「徳川家継」(とくがわいえつぐ)に献上されるなど徳川家を渡り歩きました。

本短刀は、大和国で鎌倉時代後期から南北朝時代にかけて活躍した当麻派(たいまは/たえまは)の作品。書き字は「當麻」・「当磨」・「當磨」など。当麻派は、僧兵の刀を作る刀工として「当麻寺」(奈良県葛城市)に所属していたことに由来すると伝わります。

本短刀は、鍛えが平造りで三つ棟、重ねは厚く、地鉄は小杢目詰み、大板目流れ肌が交じる作風。刃文は湾れ調の小乱刃、幅広の足が入り、地刃に小沸厚く付くなど、上品ながら覇気を感じられる名品です。

短刀 無銘 名物上部当麻(當麻)
短刀 無銘 名物上部当麻(當麻)
無銘
鑑定区分
重要美術品
刃長
25.3
所蔵・伝来
桑山元晴→
徳川将軍家伝来→
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
短刀 無銘 名物上部当麻
日本刀(刀剣)が持つ魅力をご紹介します。