愛知県(名古屋)と刀剣

三種の神器 草薙の剣

文字サイズ
古代から連綿と現代に伝わる「草薙の剣」(くさなぎのつるぎ)、「八尺瓊勾玉」(やさかにのまがたま)、「八咫鏡」(やたのかがみ)は三種の神器と呼ばれ、日本国の象徴である天皇家に受け継がれてきました。三種の神器は、奈良時代に成立した日本最古の歴史書である「古事記」と「日本書紀」にその存在が書かれ、現代は神宝として祀られています。ここでは、三種の神器と草薙の剣について、現代に伝えられている伝承と歴史を紹介します。

三種の神器(草薙の剣・八咫鏡・八尺瓊勾玉)とは

三種の神器」(さんしゅのじんぎ)とは、皇位と共に歴代天皇に伝えられる国宝で、「草薙の剣」(くさなぎのつるぎ)、「八咫鏡」(やたのかがみ)、「八尺瓊勾玉」(やさかにのまがたま)の総称です。日本神話では、天皇家の先祖となる「瓊瓊杵尊」(ににぎのみこと)が日向国(現在の宮崎県)に降り立った際に、「天照大御神」(あまてらすおおみかみ)より授かったとされています。

草薙の剣は「熱田神宮」(愛知県名古屋市)、八咫鏡は「伊勢神宮」(三重県伊勢市)、八尺瓊勾玉は皇居の「剣璽の間」(東京都千代田区)にそれぞれ安置されており、三種の神器を直接観ることは代々伝来されている天皇陛下ですらできません。神宝として秘匿され、皇位継承の際には、剣・鏡・玉それぞれの形代(かたしろ:神霊が依り代とするもの)が用いられています。

三種の神器

三種の神器

草薙の剣(天叢雲剣)とは

「草薙の剣」は、「天叢雲剣」(あめのむらくものつるぎ)とも呼ばれる三種の神器の内のひとつ。天皇家が持つ「武力」の象徴とされており、現在は愛知県名古屋市の「熱田神宮」のご神体として祀られています。

草薙の剣の姿

三種の神器は、直接観ることを禁じられています。実物は、天皇陛下や奉納されている熱田神宮の宮司すらも直接観ることが叶わないのです。そのため、草薙の剣の実態がどのような形なのかを知る人はおらず、明らかにもされていません。

直接観ることが許されていない草薙の剣ですが、草薙の剣の姿について「玉千集裏書」(ぎょくせんしゅううらがき)に記録されています。「玉千集裏書」には木箱に赤土と石の箱が納められており、さらに石の箱の中にある木箱に草薙の剣が納められていると記録されました。

なお、外箱には鍵が掛けられており、鍵の開け方は熱田神宮大宮司の秘伝。草薙の剣の姿については、全体的に白く、長さが81~84cmほどで、刃先が菖蒲の刃のような形をしており、魚の背骨のような節立った柄をしているとされます。

このとき草薙の剣を目にした、宮司を含んだ人々は流罪もしくは重病となり亡くなったと記録されました。このことから、草薙の剣を目にすると祟りによって呪われると信じられているのです。

草薙の剣(天叢雲剣)

草薙の剣(天叢雲剣)

草薙の剣(天叢雲剣)にまつわる伝説

八岐大蛇退治伝説

八岐大蛇退治

八岐大蛇退治

草薙の剣の誕生に大きくかかわっているのが、天照大神の弟神で、三貴神の1柱「建速須佐之男命」(たけはやすさのおのみこと)です。

日本神話において、日本列島を創造したとされている国造りの神である「伊弉諾尊」(いざなぎのみこと)が鼻を濯いだときに誕生した、海原を治める神とされています。

神々の住まう国である高天原(たかまがはら)で問題を起こして放逐された建速須佐之男命は、出雲国(現在の島根県)に降り、そこで人々を襲う「八岐大蛇」(やまたのおろち)の話を耳にしました。

建速須佐之男命は生贄となる予定の娘を嫁に貰うことを条件に、8つの頭と8つの尾を持つ巨大な怪物・八岐大蛇を退治することとなったのです。

八岐大蛇は酒が好物であったため、建速須佐之男命は強い酒を用意して八岐大蛇を泥酔させて眠らすと、「十拳剣」(とつかのつるぎ)と呼ばれる剣で頭と尾を斬り、退治をすることに成功。このとき、1尾から荒々しい1振の剣が出てきました。これが、のちに「草薙の剣」と呼ばれる剣で、建速須佐之男命は高天原に住む天照大神へ献上したのです。

英雄・日本武尊と草薙の剣

英雄・日本武尊と草薙の剣

英雄・日本武尊と草薙の剣

瓊瓊杵尊の天孫降臨により再び高天原から日本へ降ろされた草薙の剣は、伊勢神宮に祀られることとなりました。

元々は、天照大神のご神体である八咫鏡や八尺瓊勾玉と共に皇居内に祀られていましたが、11代天皇「垂仁天皇」(すいにんてんのう)の時代に、八咫鏡と共に「伊勢神宮」に遷座されたのです。

そのあと、「日本武尊」(やまとたけるのみこと)が東方の国々の平定へ向かう際に、日本武尊の叔母で、伊勢神宮に天照大神を祀った初代斎宮の「倭姫命」(やまとひめのみこと)から草薙の剣が託されます。同時に倭姫命は「火打石」が入った袋を渡し、日本武尊は東方遠征へと旅立ちました。

順調に東国を制覇していった日本武尊でしたが、相模国(現在の神奈川県)に至った際、現地の国造(くにのみやつこ:地方を治める官職に就く者)におびき出され、周囲の野に火を放たれてしまいました。進退窮まった日本武尊は、腰に帯刀していた草薙の剣で周囲一帯の草を薙ぎ、倭姫命より賜った火打石で向かい火を放つことで炎を逆方向に燃え広がらせたのです。

日本武尊は無事に相模国を下し、生還。この戦いで燃えた野の地名が、現在静岡県の中部に存在する「焼津」(やいづ)、草を薙いだ剣を「草薙の剣」と称するようになりました。

そのあと、日本武尊は尾張国(現在の愛知県西部)にたどり着き、「宮簀媛」(みやづひめ)と婚姻。宮簀媛のもとで休息を取ったのち、「伊吹山」(岐阜県滋賀県の境にある山)の神を征伐しに向かうことになりましたが、日本武尊は草薙の剣を宮簀媛のもとに置いたまま旅立ちました。

草薙の剣を帯びていなかったからなのかは分かりませんが、日本武尊は敗北し、三重県の鈴鹿山脈付近で死亡。草薙の剣は宮簀媛によって尾張国に祀られることとなり、草薙の剣を主座に配した熱田神宮が建立され、現在まで続いています。

壇ノ浦に沈んだ草薙の剣

熱田神宮に奉納された草薙の剣の名前が再び歴史書に現われたのが、平安時代末期に起こった「源平合戦」でのこと。平家は都落ちをした際、平家一門に擁立された幼い「安徳天皇」(あんとくてんのう)と共に三種の神器を携えて逃亡。西国で態勢を立て直し、新しく朝廷を開こうとしていましたが、1185年(寿永4年)、「壇ノ浦の戦い」にて最終決戦を迎えた源氏と平家の戦いは、源氏の勝利で幕を下ろしました。

このとき、幼い安徳天皇を母「二位尼」(にいのあま)が胸に抱き、草薙の剣を伴って入水。朝廷で祀られていた形代の草薙の剣は、平家滅亡と共に海の底に沈んだとされています。