刀剣の基本を知る

剣とは

文字サイズ

剣(けん/つるぎ)とは、両刃(もろは)で直線状の剣身を持つ武器の一種。片刃(かたは)の刀(かたな)とは区別され、基本的には剣身が60cm以上で、両手で持つ物を指します。また、それより短く、片手で扱える物は、短剣です。

  • 刀剣・日本刀写真
    刀の種類や鑑定区分、制作時代などから刀剣を検索することができます。
  • 刀剣年表
    「有名な刀工」や「有名な刀剣」などを年表に沿ってご紹介しています。

剣の文化:日本における「剣」

日本においても、剣は古くから歴史に登場しています。なかでも、「三種の神器」(さんしゅのじんぎ)のひとつである「天叢雲剣」(あめのむらくものつるぎ/あまのむらくものつるぎ)、「古事記」(こじき:奈良時代に成立した日本最古の歴史書)に記されている「天十握剣」(あめのとつかのつるぎ)、「石上神宮」(奈良県天理市)に祀られている「布都御魂」(ふつのみたま)の3振は、「神代三剣」(かみよさんけん)として有名です。

このうち布都御魂は片刃の直刀で、正確には「上古刀」(じょうことう:古刀が登場する前に作られた大刀[たち])ですが、「剣」と名付けられています。

布都御魂(石上神宮)

布都御魂(石上神宮)

しかし、平安時代中期に「日本刀」が誕生すると、剣が実用的に用いられることは、ほとんどなくなってしまいました。それでも剣の文化が失われることはなく、その制作は日本刀誕生以降も行なわれています。

鎌倉時代には、京都を拠点とした「粟田口派」(あわたぐちは)の名工「吉光」(よしみつ)が剣「白山吉光」(はくさくよしみつ)を制作。現在、国宝に指定されています。

また、制作者不明の剣であっても現代まで残る傑作は多く、南北朝時代以前に作られた無の剣は、生産地にかかわらず「大和古剣」(やまとこけん)と総称。それは、剣の場合は総じて大和風の出来となるためです。

そして、室町時代以降の剣は「古剣」と表されます。室町時代初期に備前長船(現在の岡山県瀬戸内市)を拠点とした「長船盛光」(おさふねもりみつ)なども剣の制作を手掛けました。

平安時代中期以降に日本で制作された剣は武器ではなく、祭祀的な意味を備えた寺社への奉納品であったのです。

  • 「上古刀」をはじめ、日本刀に関する基礎知識をご紹介します。

  • 「古刀」をはじめ、日本刀に関する基礎知識をご紹介します。

  • 刀剣にまつわる神事・文化・しきたりなどをご紹介します。

  • 刀工「吉光」の情報と、制作した刀剣をご紹介します。

剣の文化:武器として重視された西洋の剣

一方西洋では、銃などの火器が武器の主流となるまで剣は実戦に用いられてきました。その戦い方は、「叩き切る」ことと「突く」ことが中心です。

叩き切る際には、日本刀のように鋭利な刃で引き切るのではなく、重く厚い刃を振り下ろしていました。そのため切れ味よりも、重量のある剣身へ、いかに効率よく力を加えられるかが重視されたのです。

この戦い方には、刃こぼれしても効果が落ちにくいというメリットがあります。

また、突いて貫くことに重点が置かれたため、剣の形状は基本的に剣先からグリップ(握りの部分)までが真っすぐです。さらに、剣身には溝が施され、相手を刺したときに切断面と剣身との間に隙間ができ、空気が入ることで抜きやすくなるという機能を持っています。

突くことを重視した剣の特徴は、西洋の剣術をもとにしたとされるスポーツ競技の「フェンシング」にも受け継がれました。フェンシングの種目3種類のうち、2つは攻撃が「突き」のみと決められています。

世界の刀剣・甲冑
日本だけでなく、世界にある様々な刀剣についてご紹介します。

西洋の剣の作り方は「鍛造」が中心

鍛造

鍛造

西洋の剣の制作方法は一様ではありません。高温で溶かした鉄を型に流し込んで成形する「鋳造」(ちゅうぞう)、熱した鋼(はがね)を叩き延ばして形を作る「鍛造」(たんぞう)、または、その両方を交えた方法が挙げられます。

主流となったのは鍛造で、現存する鋼の長剣のほとんどは鍛造によって作られました。

鍛造の工程において、中世前半までは日本刀と同様に硬さや性質の異なる複数の鋼を組み合わせていましたが、やがてより効率的な製鋼法が考え出されます。

それは、まず柔軟性のある鋼を生成し、それを焼き入れすることによって、表層面に含まれる炭素量を増やす「浸炭」(しんたん)を施すという方法です。

この方法によって、表層面を硬くし、内部には柔軟性を残すことが可能となりました。

現代の剣はフィクションで活躍

剣が実戦で使用されることがなくなって久しい現代でも、剣のモチーフを目にする機会は少なくありません。権力や力の象徴としての意味合いは現代にも継承され、また、何らかのシンボルとして剣がデザインされることも多いと言えます。

フィクションの分野では、ファンタジーや中世を舞台にした映画やドラマ、コンピュータゲームなどに多種多様な剣が登場。

最も一般的な主力武器としての役割を与えられることもあり、その個性とデザイン性を競っています。

刀剣ワールド所蔵の剣

「刀剣ワールド財団」が所蔵する日本の剣は、伝統的な剣の文化を語る上でも貴重な史料であり、美術品としても優れた名品ばかりです。ここでは、その一部をピックアップしてご紹介。いずれも、名古屋刀剣博物館「名古屋刀剣ワールド」(愛知県名古屋市中区栄)で間近に鑑賞することができますので、片刃で反りのある日本刀とはまた一味違う剣の魅力を堪能してみましょう。

剣 銘 盛光

本剣の制作者「長船盛光」(おさふねもりみつ)は、室町時代初期の1394~1428年(応永年間)に備前国長船(現在の岡山県瀬戸内市)で活動した「応永備前」(おうえいびぜん)を代表する名工です。

名工である盛光が、実戦用ではなく、密教(神秘的な要素を含む仏教の教え)の法具として作った本剣。刀身の表には、「カーン」と発音する梵字(ぼんじ)が記され、裏には「護摩箸」(ごまばし)が刻まれています。どちらも「不動明王」(ふどうみょうおう)の化身を表す意匠で、「不動明王」は、魔を祓い、煩悩(ぼんのう)を断ち切り、すべての人々を救う仏教の守護者であり、日本では平安時代から広く信仰されてきました。

地鉄(じがね)は、板目肌に杢目(もくめ)が入り、霞がかったような直映り(すぐうつり)が立っています。刃文は匂出来(においでき)の直刃(すぐは)で小沸(こにえ)盛んに付き、細かな金筋(きんすじ)が見られる明るい出来栄え。造込み(刀身の構造)は剣ですが、地刃に応永備前らしい名刀の特徴が色濃く表れている、貴重な1振です。

剣 銘 盛光
剣 銘 盛光
盛光
時代
室町時代
鑑定区分
特別保存刀剣
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

刀工「盛光」の情報と、制作した刀剣をご紹介します。

大和古剣 無銘

銘の切られていない剣で、南北朝時代以前に作られた作品は、すべて「大和古剣」(やまとこけん)と称します。それは、大和国(現在の奈良県)以外の地域で制作された剣でも、おおむね大和風の出来になるためです。室町時代以降の作品は「古剣」とのみ表記されます。

本剣は、(なかご)の先をわずかに摘んだと見られるものの、ほとんど制作当時のまま残っている生ぶ茎(うぶなかご)の大和古剣です。

刀身の鍛えは、良く詰んだ小板目肌に柾目(まさめ)交じり、地沸(じにえ)付き。刃文は細く、直刃湾れ調(すぐはのたれちょう)で小沸が見られ、鋒/切先(きっさき)の刃文である帽子(ぼうし)の先は掃掛(はきかけ:ほうきで掃いたように霞んだ状態)に、刃先まで焼刃が延びて返りのない焼詰(やきつめ)となっています。

日本の剣のほとんどは、寺社へ奉納するための特注品であり、実戦で用いることはありませんでした。仏事のために高僧が持つ魔除けとしての意味合いがあり、それゆえに剣を作ることができたのは、腕前を高く評価された名工に限られていたのです。

大和古剣 無銘
大和古剣 無銘
時代
南北朝時代
鑑定区分
特別保存刀剣
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

剣 銘 浪華住月山貞一作 明治七年二月日

身幅の広い特徴的な姿が目を惹く本剣は、「初代 月山貞一」(がっさんさだかず)が作刀しました。

月山貞一は、11歳から刀工の修業を始めると、「備前伝」、「相州伝」、「山城伝」の伝法を習得。1876年(明治9年)に「廃刀令」が施行されたのちも作刀に打ち込み、1906年(明治39年)には「帝室技芸員」に任命され、宮内省御用刀匠となります。愛刀家として名高い「明治天皇」の軍刀をはじめ、皇族や著名人の刀剣を数多く手掛け、第一人者の地位を不動としました。

本剣においても月山貞一の手腕は遺憾なく発揮され、月山一派が得意とする「綾杉肌」(あやすぎはだ)の地鉄も秀逸です。刃文は直刃で小互の目、ほつれ、喰違刃(くいちがいば)を交え、金筋、砂流しがかかり、小足(こあし)が盛んに入り、明るく冴えています。

また、刀身彫刻の名人としても知られており、刀身の表に施された「棒樋」(ぼうひ)、裏の「三鈷柄剣地肉彫」(さんこつかけんじにくぼり)も見事と言う他ありません。

剣 銘 浪華住月山貞一作 明治七年二月日
剣 銘 浪華住月山貞一作 明治七年二月日
浪華住月山貞一作
明治七年二月日
時代
明治時代
鑑定区分
保存刀剣
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
  • 皇室・公家に関連する刀剣の歴史などをご紹介します。

  • 皇室・公家に関連する刀剣の歴史などをご紹介します。

  • 日本刀の歴史に名を残す、数々の現代刀の名工・名匠をご紹介します。

  • 「帝室技芸員」をはじめ、日本刀に関する基礎知識をご紹介します。

剣 無銘 伝 新刀関

本剣は、制作後に手を加えられていない生ぶ茎で、銘はないものの江戸時代前期の作品と推定されています。

刀身の中央にある鎬(しのぎ)は高く、鍛えは小板目肌が沈んで無地風に詰み、地沸入り。刃文は、小互の目乱れを主体として、(におい)も深く、足が頻繁に入る華やかな出来栄えです。

これらの特徴から、美濃国(現在の岐阜県南部)または加賀国(現在の石川県)で作られたのではないかと考えられています。

細部までじっくりと鑑賞する価値がある、素晴らしい1振です。

剣 無銘 伝 新刀関
剣 無銘 伝 新刀関
時代
江戸時代前期
鑑定区分
未鑑定
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

「西洋と日本の剣」イラストYouTube動画

「西洋と日本の剣」イラストYouTube動画