刀剣の基本を知る

刀とは

文字サイズ

刀(かたな)とは、武器の一種で、刀身の片側にのみ刃がある刀剣のこと。断ち切る効果を高めるために「反り」を付けた構造の「湾刀」(わんとう)が多く、一方、反りのないタイプは「直刀」(ちょくとう)と呼ばれています。

  • 刀剣・日本刀写真
    刀の種類や鑑定区分、制作時代などから刀剣を検索することができます。
  • 刀剣年表
    「有名な刀工」や「有名な刀剣」などを年表に沿ってご紹介しています。

日本における「刀」の定義

刀の定義

刀の定義

日本では、紀元前から青銅製や鉄製の直刀が作られていました。そして、平安時代中期に武士が勢力を伸ばしはじめると、騎馬戦に適するよう反りを持たせた「太刀」(たち)が登場します。この太刀は直刀と同じく腰から吊るす様式です。

また、太刀以降の刀を「日本刀」と称し、その制作の工程で、日本独自の「折り返し鍛錬」(おりかえしたんれん)や「焼き入れ」が行なわれていることが日本刀の条件とされました。

さらに、第2次世界大戦後は、武器としてよりも、美術品としての価値が高いことが必須となっているのです。

しばしば刀と日本刀は同一視されますが、刀には長さの規定があります。戦国時代には、武士が腰に差す様式の日本刀が生まれ、その大小2振のうち長い方が刀で、短い方は「脇差」です。なお、この刀は、刃長が2尺(約60.6cm)以上でなければなりません。

また、腰に差す様式の刀は「打刀」(うちがたな)と呼ばれます。江戸時代には、打刀の寸法が持ち主の身分によって規定されました。武士や剣術の修行者は、3代将軍「徳川家光」の時代までは、2尺3寸(約69.7cm)以下、4代将軍「徳川家綱」以降は、2尺2寸8分(約69.0cm)以下とされたのです。

他にも、帯刀を許された神職や武家奉公人などの身分の者は、2尺2寸3分(約67.5cm)までとされました。

そして、刃長が1~2尺(約30.3~60.6cm)の日本刀が脇差、1尺(30.3cm)より短いと「短刀」です。町人などの身分でも、旅をする場合などには護身用として脇差の携行が許されています。

  • 徳川家光を含む、江戸幕府を治めた徳川家15人の将軍についてご紹介します。

  • 徳川家綱を含む、江戸幕府を治めた徳川家15人の将軍についてご紹介します。

刀の歴史

「刀」と言えば、日本固有の刀剣である日本刀がイメージされますが、刀は世界各地で用いられ、独自の発展を遂げてきました。

中国では、1~3世紀頃に栄えた後漢の時代、それまで主流であった「両刃」(もろは)の「」(けん/つるぎ)から、「片刃」(かたは)の直刀が多く使われるようになります。

その理由は、騎馬民族である匈奴(きょうど)との騎馬戦が増えたためで、片刃の刀は、すれ違いざまに振るう戦い方に向いていたのです。以来、武器の主流は刀になります。

また中世の中国においては、日本製の刀、つまり日本刀がよく知られており、その美しさから人気を博し、宝刀と呼ばれて日本から中国へ輸出されていました。

シャムシール

シャムシール

アジア諸国でも11~13世紀にかけて、馬上での戦いに適した反りのあるペルシャ(現在のイラン)の「シャムシール」や、インドの「タルワール」といった刀が誕生しています。

西ヨーロッパでは、肉切り包丁をそのまま大きくしたような「ファルシオン」や「ハンガー」、「グロスメッサー」といった直刀が使用されました。

これらは、従来の剣と比較して安価であり、容易に扱うことができたため、一般民衆から募った下級兵士や、一部の騎士に使われただけでなく、斧(おの)や鉈(なた)と同じく日常的にも用いられたとのことです。

また16世紀頃には、銃の発達によって歩兵が強力な火力を手に入れると、騎兵が主力武器としていた「騎兵槍」(先端が尖った刃のない槍。ランス)は廃れ、集団での接近戦に適した「サーベル」が使われるようになります。

サーベルは20世紀初頭まで、ヨーロッパのみならず多くの国の軍隊で将校の階級を表すシンボルとして装備され続けました。

  • 世界の剣・刀剣・甲冑(鎧兜)
    日本とは一味違う、海外の剣・刀剣・甲冑についてご紹介します。
  • 「サーベル」をはじめ、日本刀に関する基礎知識をご紹介します。