刀剣の基本を知る

刀とは

文字サイズ

刀(かたな)とは、武器の一種で、刀身の片側にのみ刃がある刀剣のこと。断ち切る効果を高めるために「反り」を付けた構造の「湾刀」(わんとう)が多く、一方、反りのないタイプは「直刀」(ちょくとう)と呼ばれています。

  • 刀剣・日本刀写真
    刀の種類や鑑定区分、制作時代などから刀剣を検索することができます。
  • 刀剣年表
    「有名な刀工」や「有名な刀剣」などを年表に沿ってご紹介しています。

日本と世界の刀

日本における「刀」の定義

刀の定義

刀の定義

日本では、紀元前から青銅製や鉄製の直刀が作られていました。そして、平安時代中期に武士が勢力を伸ばしはじめると、騎馬戦に適するよう反りを持たせた「太刀」(たち)が登場します。この太刀は直刀と同じく腰から吊るす様式です。

また、太刀以降の刀を「日本刀」と称し、その制作の工程で、日本独自の「折り返し鍛錬」(おりかえしたんれん)や「焼き入れ」が行なわれていることが日本刀の条件とされました。

さらに、第2次世界大戦後は、武器としてよりも、美術品としての価値が高いことが必須となっているのです。

しばしば刀と日本刀は同一視されますが、刀には長さの規定があります。戦国時代には、武士が腰に差す様式の日本刀が生まれ、その大小2振のうち長い方が刀で、短い方は「脇差」です。なお、この刀は、刃長が2尺(約60.6cm)以上でなければなりません。

また、腰に差す様式の刀は「打刀」(うちがたな)と呼ばれます。江戸時代には、打刀の寸法が持ち主の身分によって規定されました。武士や剣術の修行者は、3代将軍「徳川家光」の時代までは、2尺3寸(約69.7cm)以下、4代将軍「徳川家綱」以降は、2尺2寸8分(約69.0cm)以下とされたのです。

他にも、帯刀を許された神職や武家奉公人などの身分の者は、2尺2寸3分(約67.5cm)までとされました。

そして、刃長が1~2尺(約30.3~60.6cm)の日本刀が脇差、1尺(30.3cm)より短いと「短刀」です。町人などの身分でも、旅をする場合などには護身用として脇差の携行が許されています。

  • 徳川家光を含む、江戸幕府を治めた徳川家15人の将軍についてご紹介します。

  • 徳川家綱を含む、江戸幕府を治めた徳川家15人の将軍についてご紹介します。

  • 「直刀とは」をはじめ、日本刀に関する基礎知識をご紹介します。

  • 「太刀とは」をはじめ、日本刀に関する基礎知識をご紹介します。

  • 「脇差とは」をはじめ、日本刀に関する基礎知識をご紹介します。

  • 「打刀とは」をはじめ、日本刀に関する基礎知識をご紹介します。

  • 「短刀とは」をはじめ、日本刀に関する基礎知識をご紹介します。

  • 「日本刀と刀の違い」をはじめ、日本刀に関する基礎知識をご紹介します。

  • 「日本刀の作り方(制作方法)」など、日本刀に関する基礎知識をご紹介します。

刀の歴史

「刀」と言えば、日本固有の刀剣である日本刀がイメージされますが、刀は世界各地で用いられ、独自の発展を遂げてきました。

中国では、1~3世紀頃に栄えた後漢の時代、それまで主流であった「両刃」(もろは)の「」(けん/つるぎ)から、「片刃」(かたは)の直刀が多く使われるようになります。

その理由は、騎馬民族である匈奴(きょうど)との騎馬戦が増えたためで、片刃の刀は、すれ違いざまに振るう戦い方に向いていたのです。以来、武器の主流は刀になります。

また中世の中国においては、日本製の刀、つまり日本刀がよく知られており、その美しさから人気を博し、宝刀と呼ばれて日本から中国へ輸出されていました。

シャムシール

シャムシール

アジア諸国でも11~13世紀にかけて、馬上での戦いに適した反りのあるペルシャ(現在のイラン)の「シャムシール」や、インドの「タルワール」といった刀が誕生しています。

西ヨーロッパでは、肉切り包丁をそのまま大きくしたような「ファルシオン」や「ハンガー」、「グロスメッサー」といった直刀が使用されました。

これらは、従来の剣と比較して安価であり、容易に扱うことができたため、一般民衆から募った下級兵士や、一部の騎士に使われただけでなく、斧(おの)や鉈(なた)と同じく日常的にも用いられたとのことです。

また16世紀頃には、銃の発達によって歩兵が強力な火力を手に入れると、騎兵が主力武器としていた「騎兵槍」(先端が尖った刃のない槍。ランス)は廃れ、集団での接近戦に適した「サーベル」が使われるようになります。

サーベルは20世紀初頭まで、ヨーロッパのみならず多くの国の軍隊で将校の階級を表すシンボルとして装備され続けました。

  • 世界の剣・刀剣・甲冑(鎧兜)
    日本とは一味違う、海外の剣・刀剣・甲冑についてご紹介します。
  • 「サーベル」をはじめ、日本刀に関する基礎知識をご紹介します。

  • 「剣とは」をはじめ、日本刀に関する基礎知識をご紹介します。

刀剣ワールド所蔵の刀

ここでは、名古屋刀剣博物館「名古屋刀剣ワールド」(愛知県名古屋市中区栄)で鑑賞することができる刀(打刀)の中から4振をご紹介。いずれも「刀剣ワールド財団」が未来へ残すべき日本の宝として大切にしている名品揃いです。

名刀を鑑賞しながら、受け継がれてきた数百年の歴史に思いを馳せてみてはいかがでしょうか。

刀 無銘 伝正宗

本刀は、「明治天皇」の父「孝明天皇」(こうめいてんのう)が佩刀した極め付けの名品です。

制作者の「正宗」は、「相州伝」の作風を確立した名工として知られていますが、のある作品は稀で、国宝に指定されている9振にも正宗自身が切った銘はありません。しかし、その作風には特色があり、本刀においても、相州伝の極意を示す冴えた沸(にえ)が見られます。

正宗はまた多くの門人を育てた教育者でもありました。これらの功績から、日本刀中興の祖と呼ばれています。

刀 無銘 伝正宗
刀 無銘 伝正宗
時代
鎌倉時代末期
鑑定区分
特別重要刀剣
所蔵・伝来
孝明天皇→
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
  • 皇室・公家に関連する刀剣の歴史などをご紹介します

  • 皇室・公家に関連する刀剣の歴史などをご紹介します

  • 刀工「正宗」の情報と、制作した刀剣をご紹介します。

  • 「相州伝」をはじめ、日本刀に関する基礎知識をご紹介します。

刀 無銘 伝来国光(朱銘)

本刀は、刀剣鑑定の家元「本阿弥家」(ほんあみけ)によって「来国光」(らいくにみつ)の作品であると明らかにされ、(なかご)に朱銘(しゅめい)が記されました。

来国光は、「来一門」を代表する刀工「来国俊」(らいくにとし)の子とする説が有力です。来一門の正統を継ぎ、鎌倉時代末期から南北朝時代にかけて山城国(現在の京都府)で活躍しました。国宝・重要文化財に指定されている作品も多く現存しています。

来国光の作風としては、刃文直刃(すぐは)にやや乱れごころがあり沸足(にえあし)入り。刃中は匂口がよく締まって、くっきりとした印象です。また、猪首鋒/猪首切先(いのくびきっさき)風の姿からは、勇壮な力強さが感じられます。

刀 無銘 伝来国光(朱銘)
刀 無銘 伝来国光(朱銘)
来国光(朱銘)
時代
鎌倉時代末期
鑑定区分
重要美術品
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
  • 刀工「来国光」の情報と、制作した刀剣をご紹介します。

  • 刀工「来国俊」の情報と、制作した刀剣をご紹介します。

刀 銘 井上真改

1596年(慶長元年)から、江戸時代中期の1781年(安永10年)までに制作された「新刀」(しんとう)。その中でも、大坂(現在の大阪府)で活躍した刀工の作品を特に「大坂新刀」と呼びます。

井上真改」(いのうえしんかい)は、「津田助広」(つだすけひろ)、「一竿子忠綱」(いっかんしただつな)と共に「大坂新刀の三傑」と称される名工です。

その顕著な特徴は、大坂新刀屈指の美しさを誇る精緻な地鉄(じがね)にあります。本刀においても、地沸(じにえ)が微塵に厚く良く付き、匂口は深く、湾れ(のたれ)の刃文は明るく際立っているのが印象的です。

本刀を鍛錬するにあたり、井上真改は身を清めて、最高級の素材を用いたと伝えられています。本刀は、そんな名工井上真改の本領が発揮された傑作の名にふさわしい名刀なのです。

刀 銘 井上真改
刀 銘 井上真改
井上真改
時代
江戸時代前期
鑑定区分
重要美術品
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
  • 「新刀」をはじめ、日本刀に関する基礎知識をご紹介します。

  • 「大坂新刀」をはじめ、日本刀に関する基礎知識をご紹介します。

  • 刀工「井上真改」の情報と、制作した刀剣をご紹介します。

  • 刀工「津田越前守助広」の情報と、制作した刀剣をご紹介します。

  • 刀工「粟田口忠綱」の情報と、制作した刀剣をご紹介します。


刀 銘 水心子正秀 天明五年二月日彫同作

江戸時代後期、「水心子正秀」(すいしんしまさひで)は、鎌倉・南北朝時代に制作された「古刀」(ことう)を手本として研究する「刀剣復古論」を提唱。古刀の再現を目指した「新々刀」(しんしんとう)を世に送り出します。

名工として名を成した水心子正秀は、「源清麿」(みなもときよまろ)、「大慶直胤」(たいけいなおたね)と並び「江戸三作」と称されました。

本刀は、相州伝風の大互の目(おおぐのめ)に小湾れ(このたれ)を交えて焼き、匂口深く、地刃が明るく冴えていることなど、水心子正秀の初期に見られる特徴を備えています。

差表に施された「倶利伽羅龍」(くりからりゅう)は「不動明王」(ふどうみょうおう)の化身を表す彫刻です。軍神であり火の神でもあることから、火を使う刀工にとっては守護神的存在でもありました。

本刀には「彫同作」(ほりどうさく)の添銘があり、水心子正秀自身の彫であることが分かります。間近に鑑賞するときには、この刀身彫刻にも注目してみましょう。

刀 銘 水心子正秀 天明五年二月日彫同作
刀 銘 水心子正秀 天明五年二月日彫同作
水心子正秀
天明五年二月日
彫同作
時代
江戸時代後期
鑑定区分
特別保存刀剣
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
  • 「古刀」をはじめ、日本刀に関する基礎知識をご紹介します。

  • 「新々刀」をはじめ、日本刀に関する基礎知識をご紹介します。

  • 日本刀の歴史に名を残した、数々の名工をご紹介します。