日本刀の名工・名匠

鎌倉時代の名工

文字サイズ
元寇(蒙古襲来)に遭った鎌倉時代。一騎打ちではなく集団戦を強いられ、何度も刃を交えたところ、日本刀は蒙古刀(青龍刀)にくらべて過細く折れやすいと言う欠点があることを突き付けられたのです。そこで開発されたのが最強の刀「相州伝」(そうしゅうでん)。相州伝ができるまでの歴史と鎌倉時代の名工について詳しくご紹介します。

鎌倉時代前期とは

鎌倉時代前期の特徴と刀

鎌倉時代

鎌倉時代

「鎌倉時代」とは、1185年(文治元年)から1333年(元弘3年[南朝]/正慶2年[北朝])までの約150年間のことです。

鎌倉時代前期とは、1221年(承久3年)までの約40年間のこと。鎌倉幕府初代将軍「源頼朝」は、日本ではじめて封建制度を成立。武士は幕府のもとに組織され、御恩と奉公の主従関係を結びました。

しかし1199年(正治元年)、源頼朝は落馬して死去。やがて幕府の実権は、源頼朝の妻「北条政子」の父「北条時政」からなる北条氏が握るようになるのです。これにより、京都の朝廷では「後鳥羽上皇」が武家政権を廃止して王政復古を唱えるようになり、1221年(承久3年)に「承久の乱」を起こしましたが、失敗に終わりました。

源頼朝

源頼朝

刀剣史において重要なのは、後鳥羽上皇自らが「菊御作」と呼ばれる刀を作刀し、「御番鍛冶」(ごばんかじ)を創設したことです。1208年(承元2年)、後鳥羽上皇は地方から優秀な刀工を京都に招致して鍛刀させました。

刀工は地位が向上し生活が安定。身分の低い者が出世する一番の近道は刀工になることだと言われ、刀工の志願者が増えて技術も上がり、日本刀は黄金時代を迎えることとなったのです。後鳥羽上皇は、自分に味方する武士達に御番鍛冶が作った刀を配り士気を高めたと伝えられています。

鎌倉時代前期の名工

後鳥羽上皇

後鳥羽上皇

後鳥羽上皇

鎌倉幕府設立とほぼ同時期に即位したのが、「後鳥羽天皇」です。無類の刀好きとして有名ですが、皇位継承のしるし、三種の神器のひとつ「草薙の剣」は、「壇ノ浦の戦い」の際に安徳天皇と共に海に沈んだため、剣がないままに即位しました。

1198年(建久9年)に退位して上皇となり、刀好きが高じて自らが鍛刀。後鳥羽上皇が鍛錬した刀は、銘の代わりに天皇家の紋章の菊紋が切られたため、「菊御作」(きくごさく)または「御所焼」(ごしょやき)と呼ばれました。文化財としての価値も高く、御物(ぎょぶつ)が2振、重要文化財に4振が指定されています。

御番鍛冶

御番鍛冶とは、1207年(承元元年)から1221年(承久3年)にかけて、後鳥羽上皇が京の内外から選抜した優秀な刀工のことです。

備前国(現在の岡山県)の鍛冶は、「則宗」(のりむね)、「宗吉」(むねよし)、「行国」、「助成」など26名、山城国(現在の京都府)は「粟田口国友」、「粟田口国安」、「粟田口久国」など7名、備中国(現在の岡山県西部)は「貞次」、「恒次」(つねつぐ)など4名、美作国(現在の岡山県北東部)は2名、大和国(現在の奈良県)、伯耆国(現在の鳥取県)、豊後国(現在の大分県)では各1名が選ばれています。備前国の鍛冶、特に「福岡一文字派」からの指名が多く、優秀だったことが分かるのです。

鎌倉時代中期とは

鎌倉時代中期の特徴と刀

大日本名将鑑 北条泰時

大日本名将鑑 北条泰時

鎌倉時代中期とは、1222年(貞応元年)から1281年(弘安4年)までの約60年間のこと。1232年(貞永元年)執権「北条泰時」は、武家の最初の体系的法典「貞永式目」(御成敗式目)を制定します。

また執権「北条時頼」のときには皇族「宗尊親王」を将軍に迎え、実権を握ることに成功。しかし、執権「北条時宗」のときに、元(モンゴル王国フビライが建国した中国王朝)が侵攻、つまり元寇(蒙古襲来)が起こったのです。

元は、1274年(文永11年)に「文永の役」、1281年(弘安4年)に「弘安の役」と2回も襲来。しかし鎌倉幕府はこの2回とも元を追い払うことに成功しました。

刀剣史としては、鎌倉幕府の所在地、鎌倉で作刀が開始されたことが重要です。鎌倉幕府は、政治、経済、文化、軍事を朝廷の所在地である京都以上にするために、すべての機能を鎌倉(現在の神奈川県)に結集。

刀工も、兵力増強のために優秀な人材を招致しました。それは、山城国「粟田口国綱」、備前国「備前三郎国宗」、備前国・福岡一文字派の「一文字助真」(いちもんじすけざね)の3名。こうして、鎌倉鍛冶の基礎が築かれることとなったのです。

豊原国周 作「夷伐神風ノ図」

豊原国周 作「夷伐神風ノ図」

鎌倉時代中期の名工

粟田口国綱

山城国の粟田口派は、三条派より200年後に誕生した一派です。粟田口国綱は、粟田口派の始祖「粟田口国家」の六男。6人兄弟全員が名工で、長男・粟田口国友、次男・粟田口久国、三男・粟田口国安は御番鍛冶に選ばれています。

1250年(建長2年)、粟田口国綱は鎌倉に招致され、鎌倉鍛冶の礎を築きました。作風は、京都時代は優美でしたが、鎌倉に出てからは身幅が広く、焼幅も広くとても優壮。刀剣史上他にない名工揃いの一派でしたが、南北両朝の戦乱の際に京都は焼け野原となり、粟田口一派は約150年の歴史を持って滅亡することになったのです。

備前三郎国宗

備前三郎国宗は、備前長船派の分派「真宗派」の初代「国真」の三男。真宗派は、備前長船の隣地「和気庄」にあったと言われています。作風は反りが深くて品格高く、刃文備前伝が得意とする丁子乱れ

1250年(建長2年)、わずか18歳でその腕を見込まれて鎌倉に招聘され名を上げました。なお、備前三郎国宗の嫡男は、のちに相州伝の実質的な祖となる「新藤五国光」(しんとうごくにみつ)です。

備前三郎国宗は、58歳のときに故郷の備前へと戻りましたが、1261年(文応2年/弘長元年)に北条時宗にもう一度呼ばれて、82歳にして鎌倉へ入府し鍛刀したことが秘伝書に記されています。

一文字助真

「一文字助真」は、福岡一文字派に属した人物です。御番鍛冶となった「助成」の子、または「助房」の子と言われています。1259年(正元元年)、粟田口国綱、備前三郎国宗よりも少し遅れて鎌倉に入府し、「鎌倉一文字」一派を樹立しました。

身幅が広く、重ねはやや厚く、猪首鋒/猪首切先(いくびきっさき)と言う力強い作風。華やかな大丁子乱れは、福岡一文字派最後の全盛期と言われるほど見事です。

鎌倉時代後期とは

鎌倉時代後期の特徴と刀

鎌倉時代後期とは、1282年(弘安5年)から1333年(元弘3年[南朝]/正慶2年[北朝])までの約50年間のこと。元寇は内戦とは異なって、没収地のない防衛戦だったので、御家人達に十分な恩賞を与えることができず主従関係に亀裂を招くことになったのです。

このような情勢のなか、即位したのが「後醍醐天皇」。後醍醐天皇は、鎌倉幕府を討つ意志を固め、皇子「護良親王」や「楠木正成」、「足利尊氏」、「新田義貞」を味方に付けます。そして、ついに新田義貞が本拠地の鎌倉に攻め込み、鎌倉幕府は滅亡したのです。刀剣史においては、「相州伝」(そうしゅうでん)が完成します。

相州伝の始祖となったのは、鎌倉鍛冶・備前三郎国宗の子「新藤五国光」。新藤五国光は、備前伝と山城伝の両方を修得し、新しい秘法を作り出しました。そこに、鎌倉幕府から、蒙古に打ち勝つ強い刀を作ってくれと言う依頼が来るのです。これに取り組んだのが、新藤五国光の弟子「行光」(ゆきみつ)と、その子「正宗」(まさむね)。正宗は、新藤五国光の秘法に加えて、苦心して研究を重ねついに「折れず曲がらず良く斬れる」実用兼美の最強の刀、相州伝を完成させたのです。

鎌倉時代後期の名工

新藤五国光

新藤五国光は、備前三郎国宗の子として鎌倉に生まれ、のちに粟田口国綱の養子となった人物です。備前伝と山城伝の両方を修得し、両方の長所を取り入れた新しい伝法・相州伝を創始しました。

短刀の名手と言われ、国宝3振、重要文化財10振など、数多く作刀しています。太刀は3振のみ。身幅は狭く、重ねは薄く、地鉄は青く冴えて美しく、刃文は細直刃で上品な姿なのが特徴です。

行光

行光は、新藤五国光の弟子。1199年(正治元年)、豊後国行平系「定慶」の三男として誕生しました。通称は「藤三郎」で、「藤三郎行光」とも言われます。在銘で現存するのは短刀のみ。前田家伝来の国宝の短刀、御物、織田信長の愛刀「不動行光」などがあり、いずれも傑出しています。

太刀はすべて大磨上無銘です。長寸で猪首鋒/猪首切先、身幅が狭く、重ねが厚く、反りは深く品格が高い堂々とした姿。地鉄は小板目肌で白く冴え、刃文は短刀、太刀共に直刃調なのが特徴です。

正宗

正宗は、行光の子。1263年(弘長3年)に鎌倉で生まれ、名前は五郎で、「五郎入道正宗」とも呼ばれます。父・行光と共に、新藤五国光の門人となって秘法を学び、鎌倉幕府の要請に応える刀を作るため、全国を行脚して研究し、ついに折れず曲がらず良く斬れる相州伝を完成させました。

長寸で、鋒/切先(きっさき)は延び、身幅は広く、重ねは薄く、反りが浅い姿。地鉄は軟硬の鋼を組み合わせた板目肌で、青くて深遠。刃文は本位でゆったりとした焼きの広い湾れ刃で華やかです。

刀剣ワールドで観ることができる鎌倉時代の名刀

御番鍛冶、国綱、正宗の刀とは、どのような物なのでしょうか。刀剣ワールドの「刀剣名刀図鑑」または「刀剣ワールド所蔵刀」にて、鎌倉時代の名工の刀を鑑賞することができます。御番鍛冶のひとり則宗と、国綱、正宗の刀を鑑賞してみましょう。

則宗

則宗の刀は、国宝が1振、重要文化財が5振など。刀剣ワールドの刀剣名刀図鑑では、国宝「太刀 銘 則宗」、重要文化財「二つ銘則宗」を鑑賞することができます。

それでは、国宝「太刀 銘 則宗」を鑑賞してみましょう。

国宝「太刀 銘 則宗」日枝神社所蔵

太刀 銘 則宗

太刀 銘 則宗

①姿 反りが高く優美
②茎 銘:則宗
③地鉄 小板目肌で乱れ映りがある
④刃文 直刃調に丁子乱れ、足、葉入り、金筋かかる
⑤鋒/切先 小鋒/小切先

後鳥羽上皇が御番鍛冶のひとりとして任命した則宗とは、備前国の「古備前派」の刀工「定則」の子で、福岡一文字派を始祖した人物です。福岡は、備前長船に隣接する土地の名前。則宗は、後鳥羽上皇より「天下一」の名匠だと叡慮を賜ったため、一門は代々に「一」の文字を斬ったと伝えられています。

御番鍛冶は、12名と24名の合計36名で編成されましたが、そのうち備前国からは24名、なかでも福岡一文字派からは8名の刀工が選ばれました。福岡一文字派は、刃文が華麗な大丁子乱れで一世を風靡。しかし本刀は、刃文が直刃調に小丁子乱れ。古備前派の遺風が感じられる優美な1振です。

太刀 銘 則宗
様々な「名刀」と謳われる刀剣を検索できます。

国綱

国綱の刀は御物が1振、重要文化財は1振、重要美術品が1振など。刀剣名刀図鑑では、御物「鬼丸国綱」を鑑賞できます。御物の鬼丸国綱を鑑賞してみましょう。

御物「鬼丸国綱」宮内庁所蔵

鬼丸国綱

鬼丸国綱

①姿 輪反り風で豪壮
②茎 生ぶ茎、銘:国綱
③地鉄 小杢目肌に大肌が交る
④刃文 先は直刃で丁子乱れ、腰刃を焼く
⑤鋒/切先 中鋒/中切先

鬼丸国綱の刃長は78.17cm。長寸の中鋒/中切先で、従来あった腰反りではなく刀身全体に反っている輪反り風。身幅が広く、重ねが厚く、力強い印象です。

この刀には、源頼朝の妻・北条政子の父・北条時政が病床に伏し、毎夜夢に鬼が出て苦しめられていたのを助けてくれたと言う逸話があります。ある晩、北条時政はこの刀だと名乗る翁が現われる夢を見ます。そして、「あなたを助けたいのに錆があるから助けられない」と告げられるのです。

北条時政はすぐに刀の錆を取るよう家臣に命じ、手入れをした刀を受け取り、部屋に立て掛けておいたところ、コトンと刀が倒れ、近くに置いてあった火鉢の足を切り落としました。見ると、その足が鬼の形をしているではありませんか。それ以来、北条時政は病が治り、鬼に苦しめられる悪夢も見なくなったとのこと。「天下五剣」に数えられる、とても縁起の良い名刀です。

鬼丸国綱
様々な「名刀」と謳われる刀剣を検索できます。

正宗

正宗の刀は国宝が9振(太刀4振、短刀5振)、重要文化財は10振もあります。刀剣名刀図鑑では、国宝「日向正宗」や御物「会津正宗」、また刀剣ワールド財団が所蔵する2振と、全17振を鑑賞できます。さあ、国宝「日向正宗」を鑑賞してみましょう。

国宝 日向正宗(三井記念美術館所蔵)

日向正宗

日向正宗

①姿 反りなし
②茎 生ぶ茎、無銘
③地鉄 小板目肌良く詰み、地沸厚く、地景しきりに入る
④刃文 大互の目乱れ
⑤鋒/切先 小鋒/小切先

日向正宗の刃長は、24.7cm。平造りの三ツ棟(みつむね)で、反りはありませんが、沸が輝き、覇気がある美しい姿です。地鉄は軟硬の鋼が組み合わさった小板目肌で良くみ、地沸厚く、明るく冴えて、地景湯走り、飛焼(とびやき)も入っています。

刃文は大互の目乱れで、ゆったりしていて気高いイメージ。「水野日向守勝成」(みずのひゅうがのかみかつなり)が所持したことにより、その官名が付けられたと言う逸品です。

日向正宗
様々な「名刀」と謳われる刀剣を検索できます。