日本刀職人の仕事

彫師の仕事

文字サイズ
彫師の仕事は、刀に彫刻を施す職人のことを指します。古来刀身彫刻には俱利伽羅龍や玉追い龍、不動明王や蓮華など、様々な種類の図像が彫り入れられ、刀身を華やかに彩ってきました。刀身彫刻は、厄除けや戦勝祈願のために彫られていることから、彫師には、彫刻の技術だけでなく、宗教的な知識も必要なのです。ここでは刀に人々の信仰や願いを込める彫師の仕事を、刀身彫刻の工程や道具という観点から見ていきましょう。

彫師とは

彫師の行う仕事と刀身彫刻の歴史

彫師

彫師

彫師とは、刀の刀身に多種多様な意匠の文様を彫る職人のことです。浮世絵を制作する彫師と区別するため、「刀身彫刻師」とも呼ばれます。

彫師の仕事は、刀匠のもとでできあがった刀に信仰や魂を込め、美術品としての刀の美しさをより高度なものに仕上げること。

戦国時代以前は刀匠が自ら刀身彫刻を施すことは珍しくありませんでしたが、江戸時代に入り、刀の美術的価値が高まったことによって刀匠と彫師の仕事が分業化されるようになったのです。

樋

さて、古くから刀を神具として扱ってきた日本では、刀身彫刻の歴史も古代に遡ります。古墳時代後期の埋葬品の上古刀に彫刻が施されていたり、奈良時代の有名なものでは、「聖徳太子」の佩刀であった「七星剣」に彫刻が彫られています。

平安時代の名匠「安綱」(やすつな)により、刀の重さを軽減する目的のある「」(ひ)が彫られるようになり、鎌倉時代には古備前の「行平」をはじめとする刀匠が、のある彫刻を施すようになりました。その図像は、地蔵菩薩や不動明王、俱利伽羅龍など、多くが密教に関する文様だったのです。

現代の彫師

彫師の仕事には、免許も資格もありません。そのため、彫師を名乗るのは自由ですが、信頼を得て仕事を任されるようになるまでには、長い時間がかかると言います。そのため、彫師になるには美術学校などの彫刻科を卒業したり、現役の彫師のもとへ弟子入りしたりする人が多いのです。

また、刀身彫刻は信仰に基づいた図像とは切り離せない関係があるため、彫師になるには、彫刻の技術だけではなく宗教の勉強もしなければいけません。文献を読んだり、神社の神主や寺院の住職に話を伺ったりするなどして、背景にある精神を学ぶ必要があるのです。

柳村仙寿

柳村仙寿

現代の有名な彫師には、無鑑査、及び岡山県指定重要無形文化財保持者の「柳村仙寿」(やなぎむらせんじゅ)などがおり、刀身彫刻を行いながら、後進の育成にも力を入れています。また、現代刀匠のなかでも月山派の「月山貞利」(がっさんさだとし)は鍛刀だけでなく、自ら刀身彫刻も手掛けているのです。

刀匠が自ら刀身彫刻を施す場合、鍛冶押し(かじおし:鍛刀ののちに刀匠が行う荒研ぎ)のあとに彫刻を行うのが通常。1ヵ月ほどの時間をかけて、入念に彫りこんでいくのです。

刀剣彫刻の工程

絵付け

まずは、刀身に彫る図柄を鉛筆で和紙に書いていきます。これは下絵と言い、納得のいくものが完成したら、直接刀身に墨で下絵を入れていく工程です。彫られる意匠の多くは注文主の希望により彫師がデザインを決め、 作られます。

アタリ

アタリは刀身に書き込んだ下絵の輪郭線に沿って鏨(たがね)で彫っていく作業のこと。松脂を塗った専用の台に刀身を固定し、鏨を打ち込んでいきます。

はじめての彫であるため、最も緊張感が漂う作業。使われる鏨は4分鏨と呼ばれる物で、彫った跡が毛のように細いことから、この作業は「毛彫り」とも言われます。

荒彫

荒彫(あらぼり)とアタリで付けた線に本格的に鏨を入れ、大まかな形づくりを行って肉付けしていく工程です。鏨で彫った跡は光ってしまい見えにくくなるため、「切下げ」(きさげ)と呼ばれる道具をかけることでつや消しをする必要があります。切下げをかけて彫刻の状態を確認しながら再度彫り下げていくのです。

また、このとき粗い目の砥石なども交えて調節をしながら彫り進めていき、肉取りと呼ばれる作業も行われます。肉取りとは、刀身彫刻の最終的な姿を決めるものであり、彫りの高さや彫刻の膨らみを調整することです。

上彫

上彫(うわぼり/あげぼり)は、荒彫で彫られたところを切下げで慣らしながら彫りの姿を決めたのちに、細かな部分を彫っていく工程。

上彫は刀身彫刻のなかでも正確な鏨使いと繊細さが最も求められる作業です。刀身彫刻でも人気の図像である「龍」を彫る場合、この工程で鱗を彫り入れることから別名「ウロコ彫」とも呼ばれています。

磨き

最後の仕上げとなる磨きでは、荒彫と同様に切下げをかけて、細かな部分まで鏨の跡を均します。「金剛砂」(こんごうしゃ)と呼ばれる磨き粉やレジノイド砥石を棒の先に付けた専用の磨き棒で研磨をかけ、光沢と立体感を出していくのです。

はじめは600番台の粗い目の砥石からはじめ、徐々に細かい目の砥石に変えて磨いていきます。刀身彫刻には立体感を出すために黒く光る部分と白く見える部分がありますが、この調整も磨きの工程で行うもの。より研磨した部位ほど黒く見え、研ぎが粗いまま残された部位ほど白く見えるものなのです。最後に砥石の粉を油で溶いた物を使って磨き、刀身彫刻は完成となります。

彫師の扱う道具

彫師が扱う道具は、主に鏨(たがね)と福槌のふたつ。彫師はこのふたつの道具をもって、根気強く彫刻していきます。そのため、彫師には絵心と正確な鏨使い、そして強い忍耐力が必要となる作業なのです。

鏨

鏨とは刀身を削る道具のこと。彫刻の大きさや彫りたい線の大きさに合わせて何種類もの形状の鏨が用意されており、200本近い数の鏨を所持して使い分けている彫師の方もいます。鏨の先端部分の形状により、彫鏨や剣鏨、均し鏨など、名前が呼び分けられることも。鏨は市販の物を使う場合もありますが、刀匠に作成を依頼したり、彫師自らが鏨を制作したりする場合もあります。

ひとつひとつの鏨を鑢掛けし、彫師の手に馴染むように調節されるのです。彫刻に特に合わせて鏨を新しく制作することも珍しくないため、鏨のなかには1度しか使われない物も存在します。

福槌

福鎚

福鎚

福槌(ふくつち)とは、彫金に使われる小さな金槌のこと。彫師の間では「おたふく」とも呼ばれます。叩く鏨によって福槌も持ち変えながら彫刻を施していくのです。

基本的に市販の槌頭が使われますが、市販の物はバランスが悪く、重量が合わないことがあるため、1度焼鈍して鏡(槌の叩く面のこと)を叩き締め、削り直すことで扱う彫師も珍しくありません。

切下げ

切下げは鏨で彫った跡の反射する刀身のつやを消すための道具です。鉄でできたヘラのような形をしています。

せんと鑢

せんと鑢は、樋を掻くときと護摩箸(ごまばし)を施す際に使われる物。

せんは刀身に沿って真っすぐ削ることができる物で、鑢はせんで削った部分を均してムラをなくす物です。