刀剣の拵を知る

鎺の種類と鎺の作り方

文字サイズ
刀剣の拵(こしらえ)を構成する「刀装具」のなかで、最も重要な部位と言われるのが「鎺」(はばき)です。鎺は、刀剣を鞘(さや)へ収めたときに、刀身と鞘がぶつかったり刀身が鞘から抜け落ちてしまったりするのを防ぐ役割があります。博物館などでは、展示される刀身に付属する唯一の刀装具であることから比較的観る機会が多いですが、じつは様々な種類が存在。鎺の種類や作り方をご紹介します。
鎺(ハバキ)写真/画像鎺(ハバキ)写真/画像
熟練の技によって作られた一点物の鎺を詳しくご覧頂けます。

鎺の種類

一重鎺

一重鎺

一重鎺

「一重」(ひとえはばき)とは、1枚の金属板で作られる鎺のこと。最も一般的な鎺で、その構造から「一枚鎺」(いちまいはばき)とも呼ばれています。

打刀短刀脇差薙刀など、日本で作刀されていた刀剣の多くに用いられました。

二重鎺

二重鎺

二重鎺」(ふたえはばき)とは、膨らみのある上蓋と刀身(とうしん)に触れる下蓋の二重構造となった鎺のこと。主に打刀に用いられる鎺で、その構造から「二枚鎺」(にまいはばき)とも呼ばれます。

その表面には、装飾性を高めるために彫物(ほりもの)などが施されるのが特徴。また、その格調の高さから大名家の蔵刀に多く設えられていました。

太刀鎺

太刀鎺

太刀鎺」(たちはばき)とは、太刀に用いられる鎺のこと。太刀は、鎺元(はばきもと)に強い力が加わります。

そのため、二重鎺だと壊れやすいと言われており、実戦で太刀が活躍していた時代は一重構造の太刀鎺が使用されていました。

呑込み

太刀鎺には、呑込み(のみこみ)と呼ばれる鎺の側面に切れ込みがあるタイプと、呑込みがないタイプの2種が存在。

呑込みがない太刀鎺は「突掛鎺」(つっかけはばき)と呼ばれ、古くは主流とされていましたが、呑込みがある鎺の方が刀身にしっかりと固定できると言う利点があったため突掛鎺は次第に廃れていきました。

呑込みが深い太刀鎺は、実用重視だった時代に多く制作されましたが、鑑賞する際は呑込みが浅い方が美しく見えると言う理由から、時代とともに呑込みの浅い太刀鎺が好まれるようになったと言われています。

台付鎺

台付鎺

「台付鎺」(だいつきはばき)とは、切羽(せっぱ:[つば]を固定するために用いられる金具)と触れる側の端に台座が付いた鎺のことです。

短刀の(こしらえ)のひとつ「合口拵」(あいくちこしらえ)に多く使用された他、打刀の拵にも用いられることがありました。

お国鎺

「お国鎺」(おくにはばき)とは、諸藩で考案された鎺のこと。鎺は江戸時代以降、実用ではなく鑑賞用の工芸品と見なされることが増えました。

諸藩では、様々な特色を持つお国鎺が制作されるようになり、現代でも美術工芸品として愛好家から人気を集めています。

尾張鎺

尾張鎺

「尾張鎺」(おわりはばき)とは、尾張国名古屋(現在の愛知県名古屋市)で制作された二重鎺のこと。

上貝に横鑢(よこやすり:横向きに鑢目[やすりめ]が入れられていること)、下貝に檜垣鑢(ひがきやすり:檜[ひのき]を編んだ垣をもとにした鑢目)を施した鎺で、浅い呑込みが特徴です。

加州鎺

加州鎺

「加州鎺」(かしゅうはばき)とは、「加賀鎺」(かがはばき)とも呼ばれる、加賀国(現在の石川県南半部)で制作された一重鎺のこと。表に5本、裏に4本の矢来(やらい:竹を斜めに交差させて作られた囲いや柵)を思わせる溝が掘られているのが特徴。

この模様は、一説には「九字」(くじ)と呼ばれる、呪力を持つとされる9つの漢字をあしらった模様をイメージして彫られたのではないかと言われています。

肥後鎺

肥後鎺

「肥後鎺」(ひごはばき)とは、肥後国(現在の熊本県)で制作された二重鎺のこと。

上貝に横鑢、下貝に斜め地鑢と縦筋が入れられているのが特徴。なお、縦筋は9本など、奇数の筋が入れられている場合が多いと言われています。

庄内鎺

庄内鎺

「庄内鎺」(しょうないはばき)とは、出羽国庄内(現在の山形県庄内地方付近)で制作された一重鎺のこと。

下貝には「一文字」が彫られており、金着せとなっていることが多いです。また、華やかで精巧な模様や図柄が入れられているのも特徴。

鎺を作る

鎺の素材

鎺を実用として用いる場合は「銅」が最適と言われています。鑑賞用の場合は「金無垢」(きんむく:純金)や「銀無垢」(ぎんむく:純銀)のほか、「鍍金」(ときん:金メッキ)や「鍍銀」(とぎん:銀メッキ)など、高価な素材で作られるのが一般的です。

鎺の制作を専門とする職人のことを「白銀師」(しろがねし)と呼びますが、古い時代は刀工が自ら鎺を制作していました。刀身と同じ鉄で作られた鎺は「共鎺」(ともはばき)と呼ばれ大変珍重されましたが、鉄で作られた鎺は硬すぎて刀身を傷めると言う欠点があったため、鎺が刀身と同じ素材で制作されることはなくなったと言います。

鎺の作り方

  1. 素材の切り出し

    素材となる銅や金、銀などを板状に切り出します。

  2. 火造り

    火造り

    火造り

    板状となった素材をバーナーで熱して、金槌で叩き伸ばし、素材を折り曲げて再び加熱して成形。

    次に刀身の(なかご:[つか]に収める部位)にはめ込み、左右の平を金槌で叩いて、刀身と合うように調整しますが、このとき、職人は金槌で刀身を誤って叩いてしまわないように細心の注意を払います。

  3. 鑞づけ

    蝋付け

    「鑞づけ」(ろうづけ)とは、折り曲げた鎺を刃側で接着すること。

    つなぎ目に区金(まちがね)と呼ばれる細い金属棒を挿し、酸化を防ぐ「硼砂」(ほうしゃ:ホウ酸塩鉱物の一種)を塗布したあと、銀と真鍮で作った「銀鑞」(ぎんろう)と言う合金を置いて、バーナーで再度加熱します。

    硼砂がガラス状に流れたあと、銀蝋が流れ込めば接着は完了。なお、焼きが入っていない刃区(はまち)や、硬い焼刃に蝋が当たると傷む恐れがあるため、熟練の白銀師になると銀蝋が刃区の部分に回らないように、「との粉」(石を細かく砕いた粉)などを詰めることで焼刃を守ります。

  4. 鍛造

    鍛造

    鍛造

    「きめ込み」とも呼ばれる、鎺を刃区と棟区(むねまち)に収めるための工程。

    鎺を茎へはめて、金槌で叩き締めながら区の方へ押し上げます。薄い金を鎺へ纏わせる「金着せ」も、この作業の際に行われるのが一般的です。

  5. 仕上げ

    煮色着色

    煮色着色

    鎺の表面に、鑢(やすり)や鏨(たがね)で模様を付ける工程。

    白銀師のセンスが問われるだけではなく、腕の見せ所となります。また、鎺に「煮色着色」(にいろちゃくしょく:[煮色仕上げ]、[色揚げ]とも呼ばれる、銅合金の表面に行う化成処理方法のひとつ)を行う場合も。

    煮色着色は鎺だけではなく、金属で作られた容器や道具に用いられる着色方法のひとつです。煮色着色を行った金属は、薄い被膜に覆われた状態となり、酸化することで表面の色が変化します。

    そして、煮色着色を行う際には重要な工程が2つ存在。ひとつは、金属の表面にある凹凸を極限までなくすために磨き上げる作業。そしてもうひとつは、磨き上げた金属製品を「大根おろしの液」へ浸す作業です。大根おろしの液に着けることで、綺麗な着色ができると言われていますが、その科学的根拠はじつは存在しません。しかし、煮色着色の際に大根おろしの液を使うと言う工程は、伝統的な方法として古くから行われています。