日本刀の名刀

号のある日本刀

文字サイズ
かつて名刀と呼ばれる刀や興味深い逸話を持つ刀には、それにちなんだニックネームである「号」が付けられてきました。名古屋刀剣ワールド/名古屋刀剣博物館(メーハク)では、そんな号の付いた歴史的・芸術的価値のある日本刀を数多く所蔵。号の意味、号と「銘」の違い、そして刀剣ワールド財団が所蔵している号を持つ日本刀を見ていきましょう。

号とは

刀剣には固有の名前を持つ物が多くあります。それは、刀剣類に限らず著名な名品には「ニックネーム」として固有の呼び名「」(ごう)が付けられるのです。こちらではどんな由来によって付けられた号があるのかをご紹介します。

所持者からちなんだ号

所持者からちなんだ号がある日本刀としては、「石田三成」が愛用したことから付けられた短刀石田正宗」が有名。刀身に大きな切り込みのような(きず)が付いていることから別名「切込正宗」とも言います。のちに「徳川家康」の次男「結城秀康」(ゆうきひでやす)に贈られ、その分家である津山藩松平家にて代々受け継がれました。

切れ味から付けられた号

切れ味から付けられた号と言えば、人を茶箪笥ごと圧し切ったとされる「織田信長」が所有した打刀へし切長谷部」。のちに戦国武将「黒田官兵衛」(くろだかんべえ)に下賜され代々黒田家に伝わるようになります。

洒落のきいている号

洒落のきいている号には、例えば家臣36人を斬ったことから和歌の名人「三十六歌仙」にかけて打刀「歌仙兼定」(かせんかねさだ)と付けられた日本刀が存在。所有者であった戦国武将「細川忠興」(ほそかわただおき)は、文武両道に長けており剣術のほか、和歌や茶の湯などへの造詣も深かったと言われています。

形状から付けられた号

形状から付けられた号の代表例は、元幅が他の刀剣と比べて厚く作られていることから短刀「厚藤四郎」(あつとうしろう)と付けられた短刀。もとは足利将軍家に伝来し、「豊臣秀吉」や4代将軍「徳川家綱」(とくがわいえつな)の所蔵となるなど様々な持ち主のもとを転々とました。

同刀工中でより良い出来栄えの日本刀に付けられた号

この号がある日本刀としては、刀工「粟田口吉光」(あわたぐちよしみつ)の生涯で唯一の太刀であったことから付けられた太刀「一期一振」(いちごひとふり)があります。「大坂夏の陣」で一度は焼身となったものの、名刀が失われるのを惜しんだ徳川家康により再刃(さいば)されました。

号と銘の違い

日本刀には、号以外にも「」(めい)という呼び名があります。銘とは刀身の持ち手の部分「」(なかご)に刻まれる刀工名のことであり、刀工が自身の作った日本刀に入れるサインの意味合いを持ちます。刀工名の他にも「年紀銘」(ねんきめい)と言い、作刀した年月日や経緯などを刻む場合もありました。

他には、別の人物が後年になって刻む「追銘」・「偽銘」(ぎめい: 有名な刀工の銘を別の人が作った日本刀に入れること)や、長大だった日本刀を短くしたことで銘がなくなる「大磨上無銘」(おおすりあげむめい)。または、数打物(かずうちもの)と呼ばれる大量生産品や、刀工によっては銘を刻まず「無銘」のまま世に出すこともありました。

銘が刻まれている結果、鑑賞する際に正真(本物)であるかの真贋鑑定、年紀銘であれば刀工の活動時期まで把握することができるのです。銘とは茎に物理的に刻まれる名前のことで、同時に作刀した本人の作品だと証明する物でもあるのです。

刀剣ワールド所蔵の号がある日本刀

打刀 銘 備前国住長船忠光(うちがたな めい びぜんのくにじゅうおさふねただみつ)号 走雲(ごう そううん)

伊達政宗

本打刀には、雲が湧き立つような刃文(はもん)から連想された「走雲」(そううん)という号が名付けられています。これは、明治時代から昭和時代の実業家で、刀剣愛好家でもあった「岡野多郎松」(おかのたろまつ)氏が付けたとされる号です。

本打刀は、伊予国宇和島藩(現在の愛媛県)の藩主・伊達家に伝来した1振。宇和島藩は、仙台藩の始祖「伊達政宗」の庶子「伊達秀宗」(だてひでむね)が、2代将軍「徳川秀忠」より1615年(慶長20年)に10万石を与えられ入国。本来は伊達宗家仙台藩の支藩となるはずでしたが、同年に終結の大坂の陣で活躍した伊達秀宗を評価し、徳川秀忠は新規に国主格大名として統治を許可しました。

忠光」(ただみつ)は、室町時代後期に備前国(現在の岡山県南東部)で作刀した「長船派」の名工。室町時代後期の長船物のことを「末備前」(すえびぜん)と呼び、同時代の長船派には「勝光」(かつみつ)・「祐定」(すけさだ)・「清光」(きよみつ)など著名な刀工を輩出しています。

そして忠光作と言えば、末備前のなかでも直刃(すぐは)の名手として名高く、本打刀も匂口える乱刃(みだれば)の出来映えとなっていることが特徴。さらに刀身の表には「倶利伽羅剣」、裏には「梵字」(ぼんじ)の刀身彫刻が施されています。

茎には、「延徳三年二月日」(1491年)の年紀銘が切られています。そのことから忠光系のなかでも文明年間(1469~1487年)から明応年間(1492~1501年)頃にかけて作刀していたとみられる7代目「彦兵衛尉忠光」(ひこべえのじょうただみつ)の作だと考えられているのです。

刀 銘 備前国住長船忠光
刀 銘 備前国住長船忠光
備前国住
長船忠光
延徳三年二月日
鑑定区分
重要美術品
刃長
62.4
所蔵・伝来
宇和島藩・伊達家 →
刀剣ワールド財団

〔 東建コーポレーション 〕

薙刀 銘 伯耆国住広賀(なぎなた めい ほうきのくにじゅうひろよし)
号 渡海龍(ごう とかいりゅう)

宇喜多秀家

薙刀の号は、持ち主であった「宇喜多秀家」(うきたひでいえ)が朝鮮で起きた戦「文禄の役」で腕を振るい、海を渡ったことを示す「渡海龍」と命名。

その後、渡海龍は宇喜多秀家が「関ヶ原の戦い」で敗戦したことで主のもとを離れ妻の実家・前田家に伝来しました。

作刀した「広賀」(ひろよし)とは、室町時代末期に伯耆国(現在の鳥取県西部)で活躍した刀工です。広賀はかつて「小幡左衛門尉」(おばたさえもんのじょう)に仕えていましたが、主君が亡くなったことを機に刀工へと転身。天文年間(1532~1555年)に作刀した相模国(現在の神奈川県)の刀工「初代相州綱広」のもとで相州伝の作刀技術を学びました。そのため本薙刀には、末相州伝の作風が強く見られます。

(にえ)と呼ぶ大きな白い粒子が刃文に浮かび上がるのが相州伝の特徴であり、本薙刀にも、こうした模様がよく現われているのです。地肌は、木目の模様をした板目肌(いためはだ)に、白く泡立った杢目肌(もくめはだ)が混ざっているところが見どころ。そして刃文は、互の目(ぐのめ)の尖り刃で、頭の尖った互の目が波打つように表現され、渡海龍の名にふさわしい迫力と力強さを持ちます。

薙刀 銘 伯耆国住広賀作
薙刀 銘 伯耆国住広賀作
伯耆国住広賀作
天正二年八月日
鑑定区分
保存刀剣
刃長
55.8
所蔵・伝来
宇喜多秀家 →
加賀前田家伝来 →
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

薙刀 銘 和泉守兼定作(なぎなた めい いずみのかみかねさださく)
号 鬼夜叉(ごう おにやしゃ)

本薙刀は、華やかな刃文にちなんで能・狂言の前身「猿楽」(さるがく)の大家「世阿弥」(ぜあみ)の幼少名「鬼夜叉」(おにやしゃ)と名付けられました。

本薙刀は、若狭国小浜藩(現在の福井県)の初代藩主「京極高次」(きょうごくたかつぐ)が所持したと伝わります。

京極高次は、織田信長に仕えていましたが「本能寺の変」で織田信長を裏切り「明智光秀」側に味方したため数年間逃亡の生活を送っていました。のちに織田信長の跡を継いだ豊臣秀吉に捕縛されますが、京極高次の姉「竜子」(たつこ)が豊臣秀吉の側室だったこともあり赦免。

さらに豊臣秀吉の側室「淀殿」の妹「」(はつ)を正室に迎えたことで、七光りで出世した「蛍大名」などと揶揄されることになります。しかし、もともとの資質は十分あり、関ヶ原の戦いで勝利した東軍側に付き武功を挙げたことで徳川家康に認められ、若狭一国を与えられる国持大名への道を拓きました。

本薙刀を作刀した「和泉守兼定」は、室町時代後期に活躍した美濃国(現在の岐阜県)の鍛冶で、「2代目兼定」のこと。通称「之定」(のさだ)と呼ばれ、「和泉守兼定」と切った銘の「定」の字が「ウカンムリに之」に見えることから、この名称で親しまれています。また之定は、和泉守兼定の名跡では、実力と人気共に最も高いと言われる刀工です。

形状は重ねが厚く、之定銘も鮮明。刃文は焼きが高く、互の目丁子に尖りごころの刃が交じり、金筋砂流しがかかる、花びらが舞うような美しさを誇る刃文が特徴です。

薙刀 銘 和泉守兼定作
薙刀 銘 和泉守兼定作
和泉守兼定作
鑑定区分
重要刀剣
刃長
61
所蔵・伝来
京極高次→
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

薙刀 無銘 片山一文字(なぎなた むめい かたやまいちもんじ)
号 大外刈(ごう おおそとがり)

本薙刀には、薙刀術の必殺大技「大外刈」(おおそとがり)が名付けられています。大外刈とは「躊躇せず、思い切り刈る」といった技であり、それだけに本薙刀の切れ味の良さも想像できるというものです。

本薙刀は、戦国武将「山口修弘」(やまぐちながひろ)が豊臣秀吉から拝領した1振だと伝わります。豊臣秀吉に仕えていた山口修弘は、当初、越前国(現在の福井県)で13,000石を所有、さらに1599年(慶長4年)に加賀国江沼郡に同石高の領地を与えられます。

薙刀の名手でもあった山口修弘は、その後も朝鮮への出兵で武功を立てるなど多くの戦で活躍。1600年(慶長5年)の関ヶ原の戦いで西軍に付いた山口修弘は、東軍「前田利長」(まえだとしなが:[前田利家]の長男)が率いる20,000の兵に、この薙刀で立ち向かったと言われています。しかし前田軍の猛勢に耐えきれず山口修弘は自害。本薙刀は前田家へと渡り、「前田利次」(まえだとしつぐ:前田利家の孫)が富山に分家した際に、富山藩(現在の富山県中央部)へと伝来しました。

本薙刀を作刀した「片山一文字派」は、備前国の「福岡一文字派」の刀工「助房」(すけふさ)の次男「則房」(のりふさ)を祖とする一派です。備前国の片山に住んだことからこのように呼ばれるようになりました。

刃文は、焼き幅が広く丁子乱れに互の目がかかり、匂口も冴えている面などからも、片山一文字派の特色がよく表われた出来の良い逸品。地鉄小板目肌で杢目が交じり、生ぶ茎の無銘です。

薙刀 無銘 片山一文字
薙刀 無銘 片山一文字
無銘
鑑定区分
特別重要刀剣
刃長
50.6
所蔵・伝来
豊臣秀吉→
山口修弘→前田家→
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

刀 銘 於武州江戸越前康継(かたな めい おいてぶしゅうえどえちぜんやすつぐ) 号 風雷神(ごう ふうらいじん)

松平忠昌

本刀は、猛将「松平忠昌」(まつだいらただまさ)の勇壮さを表わすかのような「風雷神」と覇気を感じられる号が付けられています。

本刀は、越前福井藩の祖・結城秀康の次男・松平忠昌が、大坂夏の陣に差料(さしりょう:自身の腰に差す刀のこと)とした名刀。大坂夏の陣のあとは、長兄「松平忠直」(まつだいらただなお)に代わって松平忠昌が家督を継ぎ、越前福井藩を支えていきました。

作刀したのは、結城秀康の代に幕府お抱え鍛冶となった初代「越前康継」(えちぜんやすつぐ)です。初代・越前康継は、江戸時代初期に結城秀康の推薦を受けて徳川将軍家に召されて江戸で作刀を命じられます。徳川家康から腕を認められ「康」の字を下賜され「康継」と改銘。その際、徳川家家紋「葵の御紋」を茎などに切ることも許されました。このことから康継一門は「御紋康継」、または「葵下坂」と称されます。

刀 銘 於武州江戸越前康継(金象嵌)慶長十九年寅七月十一日二ツ筒落 鎺

また本作は初代・康継が初期に作刀した日本刀とされ、元先の幅差がなく、反りは浅く、大鋒/大切先(おおきっさき)の迫力ある、南北朝時代を彷彿とさせる「慶長新刀」の代表的な姿が特徴。

中直刃(ちゅうすぐは)に小互の目を交えた刃文は、鋭い沸が輝き、金筋や砂流しがかかっています。さらに青黒く澄んだ地鉄には、板目に杢目を交え、地沸微塵(じにえみじん)に厚く付き。沈みごころとなっている匂口は、凛とした気品をまといます。

差裏には、「慶長十九年寅七月十一日二ツ筒落」(ふたつどうおち:罪人の遺体を2体重ねて切れたことを意味する)という、截断銘(試し切りの結果などを表した銘)が「金象嵌」で刻まれています。また付属の(はばき:刀身とを固定する金具)にも、葵の御紋が見事に彫刻されるなど優れた仕上がりを見せる1振となっているのです。

刀 銘 於武州江戸越前康継(金象嵌)慶長十九年寅七月十一日二ツ筒落
刀 銘 於武州江戸越前康継(金象嵌)慶長十九年寅七月十一日二ツ筒落
於武州江戸
越前康継
(金象嵌)
慶長十九年寅
七月十一日
二ツ筒落
鑑定区分
特別重要刀剣
刃長
70.4
所蔵・伝来
松平忠昌 →
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕