刀剣を鑑賞する

刀 銘(葵紋)於武州江戸越前康継 以南蛮鉄末世宝二胴 本多五郎右衛門所持を観てみよう

文字サイズ
「刀 銘(葵紋)於武州江戸越前康継 以南蛮鉄末世宝二胴 本多五郎右衛門所持」は、「長曽祢虎徹」(ながそねこてつ:別称長曽祢興里[ながそねおきさと])や「野田繁慶」(のだはんけい)らと共に、「江戸新刀」を代表する名工として、「江府三作」(こうふさんさく)のひとりに数えられる「越前康継」(えちぜんやすつぐ)が手掛けた日本刀です。新刀期の発展を牽引した越前康継の作風や人となりについてご説明すると共に、「刀剣ワールド財団」が所蔵する本刀の鑑賞ポイントを分かりやすく解説します。

人物:越前康継(えちぜんやすつぐ)

結城秀康

結城秀康

越前康継」は刀工「広長」(ひろなが)の三男として、近江国・下坂浜(現在の滋賀県長浜市)で生まれたと伝えられています。

広長は、「大和伝」(やまとでん)系の「千手院」(せんじゅいん)一派が、美濃国・赤坂(現在の岐阜県大垣市)へ移住してきたことから始まった「赤坂千手院派」(あかさかせんじゅいんは)の末裔です。

父に作刀を学んだ越前康継(当時の名は下坂市左衛門[しもさかいちざえもん])は、全国を行脚してさらに修行を重ね、文禄年間(1592~1596年)頃に「肥後大掾」(ひごのだいじょう)を受領。作刀に「肥後大掾下坂」の銘を入れるようになります。

慶長年間(1596~1615年)頃に越前康継は、越前国・福井(現在の福井県福井市)へ移住。「関ヶ原の戦い」のあと、68万石で北の庄(きたのしょう:現在の福井県福井市)に入封した徳川家康の次男・結城秀康(ゆうきひでやす)のお抱え刀工となったのです。

越前康継は結城秀康の推挙により、徳川家康・徳川秀忠(とくがわひでただ)父子の依頼を受けて作刀します。その出来映えが認められ、徳川家康の「康」の字を拝領。刀工名を「康継」に改めました。さらには、「徳川家」の家紋である「三つ葉葵」(みつばあおい)の意匠を(なかご)に切ることも許可されたのです。

焼き入れ

焼き入れ

そしてこの頃から越前康継は、「葵下坂」や「御紋康継」の通称でも呼ばれるようになりました。そのあとは徳川家康より、江戸と越前に隔年での交代勤務を命じられましたが、実際には、江戸のほうに長く住んでいたと推測されています。

1615年(慶長20年/元和元年)、「大坂夏の陣」の終戦後に越前康継は徳川家康の命を受けて、同合戦で「大坂城」(大阪市中央区)が落城した際に焼身(やきみ)となった日本刀の「再刃」(さいは/さいば)を行いました。

再刃とは、作刀工程のひとつである「焼き入れ」を再び行うこと。このとき越前康継は、「御物」(ぎょぶつ:皇室の私有品)である太刀「一期一振」(いちごひとふり)など、数々の名刀を再刃したのです。

作風

徳川家康の命によって古名刀の再刃を行ったことがきっかけとなり、越前康継は、その古名刀の写しも作刀するようになります。そして、それらの多くが短刀「若江正宗」(わかえまさむね)や打刀の名物「切刃貞宗」(きりはさだむね)といった「相州伝」(そうしゅうでん)の名刀であったことから、同伝にも範を取るように。

そのため越前康継の作刀は、反りが浅くしっかりとした姿となる相州伝の特徴を踏襲した作風が基本。さらには、肉眼で確認できる大きさの粒子「沸」(にえ)が主体となった「沸本位」(にえほんい:沸よく付くとほぼ同義語)の浅い「湾れ乱れ」(のたれみだれ:ゆったりとした大きな波のような形状の刃文)に、「互の目乱れ」(ぐのめみだれ:規則的な波型の刃文)が交じっています。

  • 反りが浅い
    反りが浅い
  • 反りが深い
    反りが深い
  • 湾れ乱れ
    湾れ乱れ
  • 互の目乱れ
    互の目乱れ

一方でその地肌は、越前康継の師でもあった父のルーツ「美濃伝」(みのでん)の特徴である「小板目肌」(こいためはだ)に、越前康継が相州伝の他にお手本としていた大和伝に良く見られる「柾目肌」(まさめはだ)が交じっています。

小板目肌は、木材の板目に似た肌模様である「板目肌」のなかでも板目が小さく、優れた地鉄と評される地肌の一種。そして柾目肌とは、木の中心を通って縦断する際の面に現れる柾目のように、平行に重なる肌模様を指して言う言葉です。

  • 小板目肌
    小板目肌
  • 柾目肌
    柾目肌
南蛮鉄

南蛮鉄

越前康継の地肌において特徴的なのは、黒味を帯びていること。越前康継の作刀には「和鉄」ではなく、オランダやポルトガルなどの外国から日本にもたらされた「南蛮鉄」を多く用いていたことが由来となった作風です。

さらに特筆すべきなのは、繊細に彫られている「刀身彫刻」。その多くが、越前鍔工の主流であった「記内氏」(きないし)が手掛けていました。

例えば、越前康継自らが「熱田神宮」(名古屋市熱田区)へ奉納した脇差には梅枝と竹の意匠の彫刻があり、こちらについても記内氏による作であると考えられているのです。なお、この脇差に切られた銘には、越前康継が、葵紋と康の字を徳川家康より賜った経緯が刻まれています。

脇差 銘 奉納尾州熱田大明神 両御所様被召出於武州江戸御劔作御紋康之字被下罷上刻籠越前康継(熱田神宮 所蔵)

脇差 銘 奉納尾州熱田大明神 両御所様被召出於武州江戸御劔作御紋康之字被下罷上刻籠
越前康継(熱田神宮 所蔵)

評価

越前康継の作刀は、熱田神宮への奉納刀が重要文化財に指定されているのみならず、11振もの短刀や打刀が重要美術品に指定されていることから、現代においても非常に高く評価されていることが分かります。

それでは、越前康継が日本刀を作刀していた当時は、刀工としてどのように評価されていたのでしょうか。それは、越前康継が周囲から受けていた様々な処遇から窺えます。なかでもそれが顕著に分かるのが、徳川家康から葵紋と康の字を賜ったこと。

これは言ってみれば、越前康継の作刀技術に時の将軍家から太鼓判を押された証しです。なお、葵紋が切られた越前康継の作刀には、幕末期の幕臣、そして「新撰組」の副長でもあった「土方歳三」(ひじかたとしぞう)が愛用していた1振もあり、こちらは、東京都日野市にある「佐藤彦五郎新選組史料館」が所蔵しています。

その他にも越前康継は、結城秀康から40石の合力米(ごうりきまい/ごうりょくまい:江戸幕府が給与した米)や屋敷のみならず、「諸役御免」(しょやくごめん:武士の御用を務めた者が、すべての課役を免除されること)の特権も与えられています。

また、越前康継が手掛けた写しの刀剣には、「本多飛騨守」(ほんだひだのかみ)という所持銘が良く刻まれています。本多飛騨守とは、越前国・丸岡藩(現在の福井県坂井市)の初代藩主を務めた大名「本多成重」(ほんだなりしげ)の別称です。越前康継は本多成重の支援を受け、作刀活動を続けていました。

銘 (葵紋)於武州江戸越前康継 /以南蛮鉄末世宝二胴 本多五郎右衛門所持の特徴

江戸新刀」(1596年[文禄5年/慶長元年]以降、江戸鍛冶によって作刀された日本刀)の名工として知られる越前康継が作刀した本刀は、同工による作刀のなかでも屈指の名品と評される刀剣です。ここからは、その鑑賞ポイントを①姿、②地鉄、③刃文、④銘の4つに分けてご説明します。

刀  銘 (葵紋)於武州江戸越前康継 以南蛮鉄末世宝二胴 本多五郎右衛門所持
刀 銘 (葵紋)於武州江戸越前康継 以南蛮鉄末世宝二胴 本多五郎右衛門所持
於武州
江戸越前康継
以南蛮鉄末世宝二胴 本多五郎右衛門所持
鑑定区分
重要美術品
刃長
72.6
所蔵・伝来
本多家→
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

姿

本刀の姿で目を引くのは、相州伝を思わせる浅い反り。さらに日本刀の先端部に当たる「鋒/切先」(きっさき)は、「中鋒/中切先」(ちゅうきっさき)が延びています。大きさで分類される鋒/切先のなかでも中鋒/中切先は、通常3~4cmほどの長さです。

また茎については、作刀当時の形状、すなわち「生ぶ」(うぶ)のままであるのが大きな特徴。さらに茎の最下端部である茎尻は、尖った「剣形」(けんぎょう)になっています。

反り

反り

  • 茎尻
    茎尻
  • 鋒/切先
    鋒/切先

地鉄

本刀の地鉄における最大の特徴は、小板目肌がよく詰んでいること。この「板目肌がよく詰む」というのは、板目肌の細かい模様同士が、押し合うように美しく現れる様を表現する言葉です。

小板目肌・柾目肌

小板目肌・柾目肌

地沸が微塵に厚く付く

地沸が微塵に厚く付く

さらに本刀の「」(むね)側にある「鎬地」(しのぎじ)は、柾目肌となっています。

また本刀の「平地」(ひらじ:刃文と鎬の間にある部分)全体に、「地沸」(じにえ:地中に現れる沸)が微塵に厚く付き、明るく冴えているところも見逃せない鑑賞ポイントです。

なお「地沸が微塵に厚く付く」とは、地沸が隙間のないほどに細かく、そして濃密に付く様を意味しています。

刃文

本刀の刃文は湾れ乱れに互の目が交じり、「」(あし:沸や匂が、刃縁から刃先に向けて連なり線状になった働き)や「」(よう:短い足が刃縁より離れた刃中に現れる働き)、さらには「砂流し」(すながし:刃中にある連続した沸が、刃に沿って線状に現れる働き)がかかるなど、多彩な働きが刃中に現れているのが特徴です。

湾れに互の目が交じる

湾れに互の目が交じる

本刀の匂口、小沸

本刀の匂口、小沸

また、刃文と地鉄の境目である「匂口」(においぐち)が締まって冴えており、沸が小粒となった「小沸」(こにえ)がよく付いています。

「匂口が締まる」とは、狭くなった匂口がくっきりと見える状態のことを言い、「匂口が冴える」とは、匂口が明るく鮮明に見えることを表す言葉です。

また、「小沸がよく付く」は、小沸が刃文のなかに詰まるほどたくさん付き、相当目立つ場合に用いられます。

最も良く見られる銘は、作刀した刀工の名前を入れるシンプルな「作者銘」ですが、それ以外にも様々な種類があり、本刀のように、いくつかの銘を組み合わせて長文になる作例も多く見られるのです。

その場合、銘の種類などで区切って紐解いていくことで、その意味が簡単に分かるようになります。

作者銘:於武州江戸越前康継(ぶしゅうえどにおいてえちぜんやすつぐ)

「武州」は、武蔵国(現在の埼玉県、東京都23区、及び神奈川県の一部)の別称。この作者銘からは、越前康継が同国・江戸の地にて、本刀を作刀したことが読み取れます。

添銘・試し銘:以南蛮鉄末世宝二胴(なんばんてつをもってまっせほうふたつどう)

「以南蛮鉄」とは、本刀の材料に南蛮鉄を使用していることを表す「添銘」です。越前康継は、刀工のなかで最初に南蛮鉄を作刀に用いたと伝わっており、この銘は、同工が作刀した刀剣に良く見られます。

次に続く「末世」とは、「後世」を意味する言葉。つまり、「末世宝」という表現により、本刀が後世にまで伝えたい宝のような名作であることを示しているのです。さらに続く「二胴」とは、江戸時代に刀剣の切れ味を知るために処刑された罪人の身体を使って「試し切り/試し斬り」を行った結果である「試し銘」(ためしめい)に当たります。

この銘は「截断銘」(さいだんめい/せつだんめい)とも呼ばれ、本刀にある二胴は、身体を2つ重ねて切断できたことを表しているのです。

所持銘:本多五郎右衛門所持(ほんだごろうえもんしょじ)

表銘・裏銘

表銘・裏銘

こちらは、本刀を「本多五郎右衛門」が所持していたことが分かる銘です。

本多五郎右衛門は、前述した本多成重に仕えた人物と伝えられ、この銘からは、本多五右衛門の依頼により本刀が作刀されたと読み取ることができます。

葵紋を切ることが許された数少ない名工のひとりである越前康継に、作刀依頼ができるのは高貴な身分でないと難しかったと考えられているため、本多五郎右衛門もまた、高い身分の人物であったと推測されているのです。