愛知県(名古屋)と刀剣

愛知県にある名刀

文字サイズ

愛知県には、天皇家に代々受け継がれる宝物である「三種の神器」のひとつ「草薙剣」(くさなぎのつるぎ:天叢雲剣[あめのむらくものつるぎ]とも)が祀られている神社「熱田神宮」(愛知県名古屋市)が存在することから、古来より刀剣とはゆかりの深い土地です。戦国三英傑の出身地でもあり、江戸時代に入ると徳川御三家の筆頭格と言われる「尾張徳川家」が治めたことから、数々の名刀が全国から集うこととなりました。愛知県に現存する名刀の一部をご紹介します。

名古屋刀剣博物館「名古屋刀剣ワールド」が所蔵する名刀

名古屋刀剣博物館「名古屋刀剣ワールド」通称「メーハク」は、愛知県名古屋市にオープンする、日本最大級の刀剣博物館です。

最大200振ほどの日本刀が展示され、国宝重要文化財重要美術品に指定された貴重な名刀を一堂に会して鑑賞することができます。

名物 有楽来国光

国宝である「短刀 銘 来国光」(名物 有楽来国光)は、鎌倉時代末期に山城国(現在の京都府)で活躍した刀工「来国光」(らいくにみつ)の手による短刀です。

作者の来国光は山城伝の流派である「来派」の正系を継いだ人物で、来派のなかでも最多の作品が現存。

本短刀は、身幅(みはば)が広く重ねの厚い豪壮な姿をしており、小板目肌(こいためはだ)のんだ鍛え肌には華やかな互の目交じりで大丁子乱れの刃文(はもん)が焼かれ、来国光の特徴がよく表われています。差表には素剣(すけん:不動明王を表わす剣)が彫られているのも印象的です。

である「有楽」とは、本短刀の所有者である「織田信長」の弟である「織田有楽斎長益」(おだうらくさいながます)の名にちなんで付けられたもの。本阿弥家の仲介により「前田利常」(まえだとしつね)の手に渡り、以降代々加賀藩前田家に伝来しました。

短刀 銘 来国光(名物 有楽来国光)
短刀 銘 来国光(名物 有楽来国光)
来国光
鑑定区分
国宝
刃長
27.7
所蔵・伝来
豊臣秀頼 →
織田有楽斎 →
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

刀 無銘 景光 織田弾正忠信秀摺上之

「刀 無銘 景光 織田弾正忠信秀摺上之」(かたな むめい かげみつ)は、織田信長の父「織田信秀」(おだのぶひで)の佩刀(はいとう)で、没後は織田信長に相続されたと考えられている刀です。

作者の「景光」(かげみつ)は、鎌倉時代後期から南北朝時代にかけて備前国(現在の岡山県)で隆盛した「長船派」に属する名匠で、本刀にも見られる「片落ち互の目」(かたおちぐのめ)の刃文は、景光が完成させたと考えられています。

小板目肌の詰んだ鍛え肌に、鋒/切先(きっさき)が緩んで小丸(こまる)に返っている本刀の様子は、景光の特徴を如実に表わしている名刀です。差表の(なかご)には、「織田弾正忠信秀摺上之」と切付銘が入れられているのみであることから、本来の銘が残らないほどに大きく磨上げられた「大磨上」(おおすりあげ)であることが分かります。

刀 無銘 景光 織田弾正忠信秀摺上之
刀 無銘 景光 織田弾正忠信秀摺上之
(切付銘)
織田弾正忠
信秀摺上之
鑑定区分
特別重要刀剣
刃長
70.8
所蔵・伝来
織田信秀→
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

熱田神宮が所蔵する名刀

熱田神宮」(愛知県名古屋市)は、天皇家に伝わる宝物、「三種の神器」のひとつである「草薙剣」がご神体として祀られている、古代より刀剣とは切っても切れない縁のある神社です。そんな熱田神宮の「熱田神宮宝物館」には、多くの名刀をはじめとする宝物が所蔵されており、その数は約6,000点にも及びます。

脇差 無銘(あざ丸)

愛知県指定文化財に登録されている「あざ丸」(癬丸、痣丸とも)は、鎌倉時代に作刀されたとされる脇差です。無銘の大磨上であることから作者は極められていませんが、通説では古備前の「助平」(すけひら)や「包平」(かねひら)、「正恒」(まさつね)などの手によるものではないかとされています。

本脇差は、元々「悪七兵衛」(あくしちひょうえ)という異名を持つ平安時代の猛将「平景清」(たいらのかげきよ)が所持していたと伝わる太刀。「あざ丸」という号は、鎺元(はばきもと)に存在する黒い地鉄(じがね)があざのように見えることから付けられたとされています。

この黒い地鉄のあざ部分は、平景清の顔にあったあざが、刀身を見るうちに太刀に移ったという伝承や、磨上げを行ったあとも消えなかったなど、様々な言い伝えが存在。

また、平景清に呪われた刀であるともされ、本脇差を所持した者は目を患うと言われています。この伝承は平景清が眼病を患っていたことに由来。戦国時代の織田家筆頭家臣「丹羽長秀」(にわながひで)が本脇差を所持し、目を悪くしたことから本脇差を熱田神宮へ奉納すると、たちまち眼病が快癒したという話が伝えられています。

徳川美術館が所蔵する名刀

徳川美術館」(愛知県名古屋市)は、尾張徳川家が所蔵していた宝物を収蔵・展示をしている美術館で、尾張徳川家の19代目当主「徳川義親」(とくがわよしちか)によって設立されました。名刀のコレクションは、7振もの国宝を合わせておよそ1,000振にも及び、その数は国内最大級を誇っています。また、雄藩の宝物が散逸することなく一堂に会して鑑賞することができる貴重な施設でもあります。

名物 鯰尾藤四郎

「脇差 銘 吉光」(名物 鯰尾藤四郎:なまずおとうしろう)は、初代尾張藩主「徳川義直」(とくがわよしなお)が「徳川家康」より受け継いでから、代々尾張徳川家に伝来した脇差です。本来は薙刀として作刀されたことから、磨上げられた現在も薙刀の面影を残しており、「ふくら」(鋒/切先に存在する丸みを帯びた部分)が大きく、ナマズの尾に似ているため「鯰尾」という号が付けられました。板目肌の詰んだ鍛え肌で、出来(においでき)の直刃調(すぐはちょう)に小乱れの交えた刃文を持ち、帽子は小丸に返っています。

本脇差は鎌倉時代に山城国で活躍した、「天下三作」に数えられる名工「粟田口吉光」(あわたぐちよしみつ)による作品です。「大坂夏の陣」で焼失しましたが、徳川家の御用鍛冶「越前康継」(えちぜんやすつぐ)により再刃(さいば:日本刀の刃を焼き直すこと)されました。

鯰尾藤四郎
鯰尾藤四郎
吉光
鑑定区分
未鑑定
刃長
38.6
所蔵・伝来
織田信雄 →
豊臣秀吉 →
豊臣秀頼 →
尾張徳川家

三河武士のやかた家康館が所蔵する名刀

「三河武士のやかた家康館」(愛知県岡崎市)は、江戸幕府を開いた戦国三英傑のひとり・徳川家康が誕生した「岡崎城」に併設された展示施設です。徳川家康の生涯やそれを支えた三河武士について知ることができ、徳川家や岡崎藩にゆかりのある名刀を鑑賞することができます。

刀 銘 正真 金象嵌 猪切

「刀 銘 正真 金象嵌 猪切」は、通称「猪切」(いのししぎり)と呼ばれる刀です。室町時代後期に村正派の一門である「三河文珠派」の刀工「正真」(まさざね)によって作刀されました。

本刀の刃文は、村正派によく見られる刃区(はまち)上部の焼刃が特に深く大模様に焼かれた、「腰刃」(こしば)を持ち、鋒/切先に向かって直刃が焼かれたもの。猪切と言う号は、所持者であった徳川四天王筆頭「酒井忠次」(さかいただつぐ)が、主君・徳川家康の狩りに伴った際に、猪を斬ったことで、本刀の茎に金象嵌で「猪切」と入れたことが由来となっています。

本刀の作者・正真は、天下三名槍のひとつで、徳川四天王のひとり「本多忠勝」(ほんだただかつ)の愛槍「蜻蛉切」の作刀者。元々は伊勢国(現在の三重県北中部)で活動していましたが、のちに三河国(現在の愛知県東部)へ活動拠点を移しました。

猪切

猪切

時代 鑑定区分 所蔵・伝来
正真/
裏金象嵌銘
猪切
室町時代 酒井忠次→
松平甚三郎久重→
三河武士のやかた
家康館