明治時代に入って「廃刀令」が出されるまで、日本刀と武士は密接に関係していました。武士たちは日本刀を戦場へ行くときに所持していたことに加え、褒美や献上品としても使用していたのです。例えば戦国武将として知られる織田信長は、500振以上もの刀を持っていたと言われており、「へし切長谷部」、「鶴丸国永」といった名刀を家臣に贈っています。
「有名な戦国武将の愛刀」では、織田信長の他、豊臣秀吉や上杉謙信などの戦国武将とその愛刀についてまとめました。一覧から気になる戦国武将をクリックすると、その武将の生涯の紹介、愛刀の解説や実際の写真・画像などがご覧頂けます。「好きな戦国武将について掘り下げたい」、「有名な戦国武将がどんな刀を持っていたか見てみたい」という方におすすめです。

戦国武将の愛刀一覧

戦国武将
日本の歴史に登場する戦国武将をイラスト付きでご紹介します。
武将・歴史人の日本刀
武将・歴史人のエピソードや、関連のある刀剣・日本刀をご紹介します。
戦国武将アクセスランキング
刀剣ワールドで紹介している人気の戦国武将をイラストと合わせて、ランキング形式でご覧頂けます。
戦国武将年表
戦国武将の生没年と戦国時代の歴史的な合戦・出来事が年表でご覧頂けます。
武将(大名)の家紋イラスト集
武将や大名の家紋をイラストでご紹介します。
戦国武将・歴史人カード
戦国武将カード、歴史人カードを一覧でご紹介。各武将の生涯やエピソードなど、詳しい解説がご覧頂けます。

名古屋刀剣博物館/名古屋刀剣ワールド(メーハク)は、愛知県名古屋市中区栄にある刀剣の博物館です。
「有名な戦国武将の愛刀」では、戦国武将たちの生涯とその愛刀について詳しくまとめました。各愛刀は写真・画像を掲載しているので、実際にどんな刀なのか確認することができます。
博物館は最大200振の刀剣が展示可能。国宝や重要文化財、重要美術品、特別重要刀剣といった貴重な刀の数々をご覧頂けます。さらに、甲冑は約50領、浮世絵は約150点を常設展示。日本刀、鎧兜、浮世絵、武具といった歴史に関する様々な美術品を楽しむことができる博物館です。
また、博物館や美術館の魅力のひとつである企画展示会もございます。テーマに沿った刀や剣、甲冑、浮世絵を展示し、ここでしか観ることができない特別な展示会を開催。名古屋にお越しの際は、名古屋刀剣博物館/名古屋刀剣ワールド(メーハク)へのご来館をお待ちしております。

もっと見る▼