身近な調理器具のひとつである包丁は、食文化の影響を受けながら発展してきました。また、包丁は「和包丁」、「洋包丁」、「特殊包丁」と大きく分類されることに加えて、食材や用途によってさらに細かい種類に分類されます。
「包丁の基本」では、包丁の歴史をはじめ、三徳包丁や牛刀、出刃包丁といった包丁の種類とその特徴など、包丁の基礎知識を幅広くご紹介。さらに、大阪府堺市や岐阜県関市などの刃物の名産地、高級でなくても長持ちさせる包丁の手入れ方法・研ぎ方などもご紹介しています。
日本刀の技術が受け継がれており、深い歴史を持っている包丁。包丁に興味のある方はもちろん、刀剣愛好家の方、歴史好きの方も、身近ながら奥が深い包丁の世界をお楽しみ下さい。

名古屋刀剣博物館「名古屋刀剣ワールド」(メーハク)は、愛知県名古屋市中区栄にある刀剣の博物館です。
「包丁の基本」では、三徳包丁や牛刀といった包丁の種類、堺市などの刃物の名産地、包丁の研ぎ方など、包丁に関する知識が盛りだくさん。身近な調理器具・包丁について、様々な知識を見つけることができます。
博物館は最大200振の刀剣・日本刀が展示可能。国宝や重要文化財、重要美術品、特別重要刀剣といった貴重な刀の数々をご覧頂けます。さらに、甲冑・鎧兜は約50領、浮世絵は約150点を常設展示。刀剣・日本刀、甲冑、浮世絵、武具といった歴史に関する様々な美術品を楽しむことができる博物館です。
また、博物館・美術館の魅力のひとつである企画展示会も実施。テーマに沿った刀や剣、甲冑、浮世絵を展示し、ここでしか観ることができない特別な展示会を開催します。名古屋にお越しの際は、ぜひ名古屋刀剣博物館「名古屋刀剣ワールド」(メーハク)に足をお運び下さい。

もっと見る▼