NHK大河ドラマ61作目となる「鎌倉殿の13人」(かまくらどのの13にん)が2022年(令和4年)1月9日から放送されています。今作は、平安時代後期から鎌倉時代前期を舞台に、主人公「北条義時」(ほうじょうよしとき)が「源平合戦」を経て、北条家が鎌倉幕府において最高権力を持つ「執権」となるまでの生き様を描いた物語です。原作・脚本は「新選組!」や「真田丸」でも原作・脚本を務めた「三谷幸喜」(みたにこうき)さんの手によるもの。大河ドラマ・鎌倉殿の13人のあらすじやキャストなど、基本情報をご紹介します。

大河ドラマ 鎌倉殿の13人

鎌倉殿の13人の概要

稀代のヒットメーカー・三谷幸喜さんが原作・脚本を担当するNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」。鎌倉幕府2代執権・「北条義時」(演:小栗旬)を主人公として、ひとりの若者が権力の座を巡る駆け引きに勝利し、武士の頂点へと上り詰めるまでを描きます。

伊豆国(現在の静岡県伊豆半島)で兄の「北条宗時」(ほうじょうむねとき/演:片岡愛之助)や姉の「北条政子」(演:小池栄子)らと穏やかに暮らしていた北条義時。

しかし、「平治の乱」に敗れて父を失い、伊豆国へ流罪とされた「源頼朝」(演:大泉洋)と、北条義時の幼なじみの「八重」(演:新垣結衣)が恋仲になり男児を儲けたことで状況が一変してしまいます。

八重の父であり、平氏に与する「伊東祐親」(いとうすけちか/演:浅野和之)はこの事態に激怒。北条宗時が源頼朝を匿ったことで、北条家と伊東家の争いに発展し、北条義時はその渦中に身を投じていくことになるのです。

ドラマでは、現代の言葉遣いによる表現や、コミカルなシーンがふんだんに盛り込まれる一方、歴史が大きく動いた時代の過酷な一面を真摯に描く三谷幸喜さんの手腕に期待が寄せられ、豪華俳優陣の演技にも注目が集まっています。

主演の小栗旬さんは、今回が大河初主演。また、タイトルに漢数字ではないアラビア数字が使われるのも今回が初めてとのこと。大河ドラマに新たな風を吹き込む鎌倉殿の13人から目が離せません。

鎌倉殿の13人の「13人」とは

タイトルの「鎌倉殿の13人」にある「13人」とは、鎌倉幕府初代将軍・源頼朝の死後に発足した集団指導体制を指す「13人の合議制」を構成する御家人(将軍の家臣)のことです。

表向きには、18歳という若さで源頼朝の跡を継いで鎌倉殿となった「源頼家」(演:金子大地)の補佐が目的とされていましたが、実際には鎌倉幕府の支配権を巡る権力闘争が根底にあったと考えられています。

源頼家の補佐を名目に13人の合議制が発足

1199年(建久10年)正月13日に源頼朝が満51歳で急逝すると、20日には嫡子の源頼家が2代鎌倉殿の地位を継承。

当初は、源頼朝時代からの側近で鎌倉幕府創設に寄与した「大江広元」(おおえのひろもと/演:栗原英雄)や「梶原景時」(かじわらかげとき/演:中村獅童)、「中原親能」(なかはらちかよし)らの助力を得て政務にあたりました。

ところが、1199年(建久10年)4月12日に源頼家が直接に訴訟を裁断することは停止され、代わりに有力御家人13人の合議によって決定されることとなったのです。これは、源頼家が従来のしきたりを意に介さず、自らの主観を優先させる判断を行っていたことが原因とも、大江広元、梶原景時、中原親能らが、引き続き主導することに対して有力御家人が不満を持ち、反発したためとも言われています。

13人の合議制は、将軍に代わって政務を取り仕切るために成立しましたが、毎回、13人全員が集まって裁定を行っていたわけではありません。

13人のうちの数名で話し合いが行われ、その結果を受けて源頼家が最終的な判断を下していました。若い鎌倉殿の独断を抑制する役割は果たしつつも、源頼家の裁断そのものを完全に否定する体制ではなかったのです。

13人の合議制を構成した有力御家人

13人の合議制に名を連ねた有力御家人は、執権として鎌倉幕府を実質的に掌握することとなる本ドラマの主人公・北条義時や、その父で初代執権の「北条時政」(ほうじょうときまさ/演:坂東彌十郎)をはじめ、源頼家の側室の父であり乳母父(めのとぶ:乳母の夫)でもある「比企能員」(ひきよしかず/演:佐藤二朗)、相模国(現在の神奈川県)の守護を務めた「三浦義澄」(みうらよしずみ/演:佐藤B作)、源頼朝が伊豆国の流人であったときから仕える「安達盛長」(あだちもりなが/演:野添義弘)などが挙げられます。

また、13人の合議制創設の原因になったとされる大江広元、梶原景時、中原親能もこの合議制を構成する重要な有力者です。

1年ほどで解体されることに

1199年(建久10年)4月に発足した13人の合議制ですが、鎌倉幕府内部で起こった権力闘争の末、梶原景時が失脚。翌年1200年(正治2年)1月に討死に追い込まれ、一族も滅亡しました。

さらに、安達盛長と三浦義澄が病死したことにより、13人の合議制は解体。そのあと、源頼家の後ろ盾であった比企能員が北条氏と対立して一族もろとも滅ぼされ、源頼家も伊豆国「修善寺」に幽閉されたのち暗殺されてしまいます。

北条義時は源頼家の弟にあたる「源実朝」(みなもとのさねとも)を3代鎌倉殿として擁立。父・北条時政との暗闘にも勝利し、鎌倉幕府の実質的な最高権力を手中に収めたのです。

鎌倉殿の13人の放送日、放送時間・放送局

NHK大河ドラマ61作目となる「鎌倉殿の13人」は、2022年(令和4年)1月から12月にわたって、毎週日曜日に放送されます。2020年(令和2年)1月に製作発表会見が行われてから、2021年(令和3年)11月には次々とキャスト陣の発表が行われました。

放送日
2022年(令和4年)1月9日(日曜日)放送スタート
放送時間・放送局
毎週日曜日20時~(NHK総合)、他

鎌倉殿の13人のあらすじ

表題となった「鎌倉殿」(かまくらどの)とは、鎌倉幕府将軍を示す言葉です。

平家が栄華を誇った平安時代末期、伊豆国(現在の静岡県伊豆半島)の弱小豪族・北条家の次男であった北条義時(演:小栗旬)は、伊豆国に配流されていた源氏の嫡子源頼朝(演:大泉洋)と出会います。平家一門が隆盛するなか、北条義時の姉・北条政子(演:小池栄子)が源頼朝と結婚した頃から、時代が大きく変わっていくのです。

「以仁王の令旨」により、源頼朝をはじめ、全国に雌伏していた源氏一門が挙兵。平氏打倒に乗り出し、源氏の棟梁・源頼朝と縁深い北条家は人生の岐路に立つこととなります。北条義時は「源平合戦」において源頼朝の側近となり、死に物狂いで政治工作を行い、平氏一門を討ち滅ぼすことに成功。「奥州合戦」を経て鎌倉幕府の初代将軍となった源頼朝でしたが、突如謎の死を遂げてしまいました。

偉大な父を超えようと悩み、独裁的になる2代将軍源頼家(みなもとのよりいえ)を抑えるため、13人の家臣達が集まり、合議制によって政治を取り決めることとなります。一方、3代将軍となる「源実朝」(みなもとのさねとも)は、自らお飾りの将軍となって血統を守ろうとしました。

北条義時を含む13人の家臣達が起こす内部抗争の間で2人の将軍は翻弄され、2人の将軍の叔父である北条義時は懸命に指揮を執ろうとしますが、源氏の正統は断絶。その結果、北条氏は鎌倉幕府の頂点となっていたのです。そして、源頼朝の家臣団のなかで最年少であった北条義時が内部抗争を制し、幕府の最高権力者となりました。

鎌倉殿の13人のキャスト

小栗旬(北条義時役)

小栗旬(北条義時役)

小栗旬(北条義時役)

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」の主役・北条義時を演じるのは、「天地人」の「石田三成」、「八重の桜」の「吉田松陰」(よしだしょういん)、「西郷どん」の「坂本龍馬」に続き、4回目の大河ドラマ出演となった「小栗旬」さん。

2005年(平成17年)に放送したドラマ「花より男子」で一躍脚光を浴び、人気俳優となった小栗旬さんは、映画「クローズZERO」、「人間失格 太宰治と3人の女たち」など、数多くの作品で主演を務める俳優です。ドラマや映画の他、舞台でも活躍し、シリアスからコメディーまで演じ切る小栗旬さんの演技力や親しみやすい人間性が、老若男女問わず幅広い世代から支持を集めています。

また、私生活では2012年(平成24年)にモデルの「山田優」さんと結婚。2019年(令和元年)には第2子が生まれ、2児の父親でもあります。

北条義時は、源頼朝の側近として鎌倉幕府を支え、父・北条時政に次ぎ鎌倉幕府2代執権となった人物です。13人の家臣のなかで最年少でしたが内部抗争を生き抜き、北条氏が代々鎌倉幕府の執権となる基盤や権力を盤石なものにしました。

小栗旬さんは大河ドラマの主演を務めるにあたり、撮影が1年半にもわたる大河ドラマの主演を務めるという一生に一度の経験を積ませてもらえることに大きな喜びを感じていると語りました。

宮沢りえ(牧の方役)

宮沢りえ(牧の方役)

宮沢りえ(牧の方役)

初代執権・北条時政の後妻で、主人公・北条義時の継母「牧の方」を演じるのは、女優「宮沢りえ」さんです。

宮沢りえさんは、「春日局」の「お初」、「太平記」の「藤夜叉」、「元禄繚乱」の「瑤泉院」(ようぜんいん)、「武蔵 MUSASHI」の「お篠」、「江~姫たちの戦国~」の「茶々」(のちの淀殿)に続き、6回目の大河ドラマ出演。

主演の小栗旬さんとは、映画「人間失格 太宰治と3人の女たち」で太宰治の妻として共演しており、映画の他にもドラマや舞台、ナレーションなど、幅広い分野で活躍する女優です。

宮沢りえさんは、「あまりオファーされてこなかった悪い女として知られる役柄の牧の方を愛し、演じようと思います。」とコメントしています。

小池栄子(北条政子役)

小池栄子(北条政子役)

小池栄子(北条政子役)

北条義時の姉で、源頼朝の妻・北条政子を演じるのは、女優でタレントの「小池栄子」さん。

小池栄子さんは2005年(平成17年)の大河ドラマ「義経」で「巴御前」を演じてから17年ぶり、2回目の大河ドラマ出演。デビュー当初はグラビアで活動していましたが、現在は女優としての才能を遺憾なく発揮し、映画、ドラマ、舞台、バラエティーなど活躍の場を広げています。

三谷幸喜さんの作品にも度々出演しており、「北条政子を魅力的に演じられるように頑張ります。」と語りました。

大泉洋(源頼朝役)

大泉洋(源頼朝役)

大泉洋(源頼朝役)

源氏の棟梁で、鎌倉幕府を開き鎌倉幕府初代将軍となった、日本人であれば誰もが知る歴史上の偉人で、主人公・北条義時の義兄である源頼朝を演じるのは「大泉洋」さんです。

元々は北海道のローカルタレントとして活動していましたが、現在では俳優業の他、タレントや声優、歌手、コメディアンなど幅広いジャンルにおいて精力的に活動しています。

三谷幸喜さんが手掛ける大河ドラマには、「真田丸」で主人公「真田信繁」(さなだのぶしげ:真田幸村とも)の兄で、キーパーソンとなった「真田信之」(さなだのぶゆき)に続き、2回目の出演です。

金子大地(源頼家役)

源頼朝の嫡男で、鎌倉幕府2代目征夷大将軍となった源頼家を演じるのは、俳優「金子大地」さん。本作が大河ドラマ初出演となる金子大地さんは、「とても光栄に感じると共に大きな責任を感じます。」と語っています。

金子大地さんは、2015年(平成27年)にテレビドラマ「カサネ」において俳優としてデビューを果たし、「おっさんずラブ」などの話題作に出演。2020年(令和2年)には「ヘンリー八世」で舞台俳優としても活躍の場を広げています。

南沙良(大姫役)

源頼朝の娘で、主人公・北条義時の姪「大姫」(おおひめ)を演じるのは、女優でモデルの「南沙良」さんです。

2014年(平成26年)にモデルとしてデビューした南沙良さんは、映画「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」で初主演を果たし、その後、複数の賞を獲得しています。大河ドラマに出演するのは今作がはじめて。

そんな南沙良さんはインタビューにおいて、「役を演じるなかで、自分の大姫がどのようなものになるのか不安よりも期待が大きい」と話しました。

菅田将暉(源義経役)

菅田将暉(源義経役)

菅田将暉(源義経役)

源頼朝の弟で天才的な戦術家として知られる源平合戦の英雄「源義経」を演じるのは、俳優・ミュージシャンである「菅田将暉」さん。

「おんな城主 直虎」の「井伊直政」(いいなおまさ)に続き、2回目の大河ドラマ出演となる菅田将暉さんは、2009年(平成21年)に放送されたテレビドラマ「仮面ライダーW」にて、テレビドラマ初出演と初主演を同時に果たしました。演技派俳優として数多くの映画やドラマに出演し、老若男女問わず人気を集めています。

迫田孝也(源範頼役)

迫田孝也(源範頼役)

迫田孝也(源範頼役)

源頼朝の弟で、源義経と共に「壇ノ浦の戦い」の大将となった武将「源範頼」(みなもとののりより)を演じるのは、俳優の「迫田孝也」さんです。

「真田丸」の「矢沢頼康」(やざわよりやす)、「西郷どん」の「江藤新平」(えとうしんぺい)に続く3回目の大河ドラマ出演。迫田孝也さんは鹿児島県の出身であることから、西郷どんの撮影時には「薩隅方言」(さつぐうほうげん:奄美大島を除く鹿児島県と、宮崎県の一部で話される方言)の指導役も行っていました。

青木崇高(木曽義仲[源義仲]役)

青木崇高(木曽義仲[源義仲]役)

青木崇高(木曽義仲[源義仲]役)

木曽源氏の棟梁で、源平合戦において平氏を都落ちさせ、一時は征夷大将軍となった武将「木曽義仲」(源義仲)を演じるのは、俳優の「青木崇高」さんです。

青木崇高さんは「龍馬伝」の「後藤象二郎」(ごとうしょうじろう)、「平清盛」の「弁慶」、「西郷どん」の「島津久光」(しまづひさみつ)に続き、4回目の大河ドラマ出演。

青木崇高さんは木曽義仲(源義仲)の人物像を学んでいくうちにその魅力に気付き、木曽義仲(源義仲)を演じることに大きな喜びを感じていると語っています。

松平健(平清盛役)

松平健(平清盛役)

松平健(平清盛役)

平氏政権を樹立し、朝廷を掌握した平家一門の棟梁・平清盛を演じるのは、俳優の「松平健」さんです。

人気シリーズ「暴れん坊将軍」の主役「徳川吉宗」役で最も知られており、大河ドラマの出演も、今作で8回目となります。数多くの時代劇に出演し、平清盛を演じるのは1992年(平成4年)のテレビドラマ「平清盛」以降2回目。

今作に出演するにあたり「700年続く武家政権の祖である平清盛の激しい生き様を抑揚を付けてしっかり演じたい」と語りました。

小泉孝太郎(平宗盛役)

小泉孝太郎(平宗盛役)

小泉孝太郎(平宗盛役)

平清盛の三男で、平家一門最後の棟梁となった人物「平宗盛」(たいらのむねもり)を演じるのは、「小泉孝太郎」さんです。

小泉孝太郎さんは、「義経」の「平資盛」(たいらのすけもり)で大河ドラマに初出演して以降、大河ドラマでは「天地人」の「大国実頼」(おおくにさねより)、「八重の桜」の「徳川慶喜」を演じています。

小泉孝太郎さんは、「偉大な父・平清盛の後継者としての苦悩と、家族への愛情を持った平宗盛を、三谷幸喜さんがどのような人物像で描くのか楽しみです」とコメントしました。

新垣結衣(八重姫役)

新垣結衣(八重姫役)

新垣結衣(八重姫役)

北条義時の初恋の人で、源頼朝のはじめの妻「八重姫」を演じるのは、今作で大河ドラマ初出演となる女優でモデルの「新垣結衣」さんです。

新垣結衣さんは三谷幸喜さんの作品に出演するのも今作が初。時勢の流れと権力闘争によって源頼朝と引き裂かれることになる不運の姫である八重姫を演じるにあたり、新垣結衣さんは八重姫のことを「つらい宿命を抱えながらも秘めた強さを持つ女性」であると語っています。

鎌倉殿の13人の原作・脚本

原作・脚本を務めるのは、大河ドラマ「新選組!」、「真田丸」でも脚本を務めた三谷幸喜さんです。3作目の大河ドラマとなる「鎌倉殿の13人」は、これまでに絶対なかったタイトルにしたいという思いで付けられたもの。

三谷幸喜さんは、偉大な父・源頼朝を超えようと独裁的になってしまう鎌倉幕府2代将軍・源頼家を抑えるため、日本の歴史上はじめて合議制で政治が動いたという出来事が好きで、興味深い時代の大河ドラマを手掛けることができることを脚本家冥利に尽きると語りました。

三谷幸喜さんは、大学在学中に劇団「東京サンシャインボーイズ」を旗揚げ。1990年代以降はテレビドラマシリーズ「古畑任三郎」などの人気テレビドラマや映画の脚本を手掛け、高い評価を得る人気脚本家です。テレビドラマや映画の他、舞台や歌舞伎の脚本も手掛けており、稀代のコメディー作家として、幅広い世代の人々から支持を集めています。

近年の代表作には、映画「記憶にございません!」や舞台「愛と哀しみのシャーロックホームズ」、三谷かぶき「月光露針路日本 風雲児たち」、AmazonPrimevideo配信ドラマ「誰かが、見ている」などがあります。

鎌倉殿の13人のスタッフ

ここでは、鎌倉殿の13人にかかわる制作統括や演出、音楽を作成する制作スタッフを見ていきましょう。

制作統括

清水拓哉さん
大河ドラマでは、「真田丸」と「いだてん」などに携わり、テレビドラマ「腐女子、うっかりゲイに告る。」などに参加しています。
尾崎裕和さん
大河ドラマでは「軍師官兵衛」、朝の連続テレビ小説「あさが来た」や、「ゾンビが来たから人生見つめ直した件」などにも参加。

演出

吉田照幸さん
演出の吉田照幸さんは、朝の連続テレビ小説「あまちゃん」や、「エール」、「探偵はBarにいる3」に携わっています。

音楽

エバン・コールさん
アメリカ出身の音楽家で、映像音楽を中心に活躍。アニメ「ヴァイオレット・エヴァ―ガーデン」の音楽などを担当しました。

刀剣・日本刀の専門サイト「刀剣ワールド」は、美術的に価値の高い刀剣や甲冑に関するコンテンツを公開しています。
「大河ドラマ『鎌倉殿の13人』」では、大河ドラマ・鎌倉殿の13人のあらすじやキャストなど、基本情報をご紹介します。
刀剣・日本刀の専門サイト「刀剣ワールド」の掲載内容は、刀剣・甲冑の基礎知識をはじめ、日本刀の歴史や雑学、日本刀にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。日本刀に関する各種アプリゲーム、刀剣・お城川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。刀剣や鎧兜に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼