「鐙」(あぶみ)とは、騎乗の際に足をかけるための器具のこと。鐙は乗馬時の乗り降りのしやすさや、戦場での戦いやすさを求めて、歴史のなかで姿を変えています。また、鐙には素材や作り方によって様々な種類があり、その違いを鑑賞することも魅力のひとつです。
「鐙写真集」では、そんな鐙の写真・画像を一覧にしました。掲載している鐙は、安土桃山時代や江戸時代などに作られた歴史的価値の高い名品ばかり。美しい装飾がなされた鐙は、息を吞むほどの美しさです。さらに、気になる写真・画像はクリックすると拡大可能。じっくりと鐙の写真を眺められる他、解説もご覧頂けるので、歴史や美術品が好きな方におすすめです。

馬具(鞍・鐙・轡・四方手・革物)写真/画像 馬具(鞍・鐙・轡・四方手・革物)写真/画像
芸術的価値を持つ馬の装具「鞍」や「鐙」を、解説・写真にてご覧頂けます。

名古屋刀剣ワールド/名古屋刀剣博物館(メーハク)は、愛知県名古屋市中区栄にある刀剣の博物館です。
「鐙写真集」では、江戸時代や安土桃山時代に制作された美しい鐙の写真をまとめました。どの鐙も歴史を感じる名品ばかり。写真は拡大可能なので、鐙それぞれの特徴をじっくりと鑑賞することができます。
博物館は最大200振の刀剣が展示可能。国宝や重要文化財、重要美術品、特別重要刀剣といった貴重な刀の数々をご覧頂けます。さらに、甲冑は約50領、浮世絵は約150点を常設展示。日本刀、鎧兜、浮世絵、武具といった歴史に関する様々な美術品を楽しむことができる博物館です。
また、博物館や美術館の魅力のひとつである企画展示会もございます。テーマに沿った刀や剣、甲冑、浮世絵を展示し、ここでしか観ることができない特別な展示会を開催。名古屋にお越しの際は、名古屋刀剣ワールド/名古屋刀剣博物館(メーハク)へのご来館をお待ちしております。

もっと見る▼