山田銀河の日本刀紹介

槍の魅力 - 名古屋刀剣ワールド

文字サイズ
当館では、刀だけではなく槍も複数所蔵しているため、槍の手入れをする機会が多いです。そのなかで、槍にも様々な魅力や特徴があることに気が付きました。ただ観ているだけではなかなか気付きにくい、槍の面白さに迫ります。

今回のテーマ

こんにちは。東建コーポレーションの山田銀河です。と言えば「天下三名槍」がとにかく有名ですが、今日はそれ以外の槍について語ります。

槍は打刀太刀よりも実戦向けだったり、国の指定や日刀保の鑑定などで高く区分されたりすることが少ないので、ひょっとするとあまり美術的な評価を得ていないのではないかと思います。実際、当館所蔵品でも槍は無銘の物や傷んだ物が多く、実用向けの刀剣類であるようなイメージを持っていました。

しかし、手入れなどを通して槍をたくさん観てきた結果、案外槍も面白いなということを感じるようになりました。今回は、経験を通して分かった槍の魅力や、槍を取り扱う上での注意点をご紹介します。

独特の刀身がかっこ良い

十文字槍 銘 加賀守貞則

十文字槍 銘 加賀守貞則

刀は刀のかっこ良さ、美しさがありますが、槍は槍で、また別の良さがあります。

反りがないので、比較的ピシッとした印象があり、黒い背景で写真を撮るとすごくかっこ良いです。

刃が多い=刃文が多い

槍 銘 兼歳作

槍 銘 兼歳作

刀は刃が刀身の片方にあるのに対し、槍は両刃造りとなっています。つまりその分、刃文の部分も多いのです。

十文字槍のような形になると、なおさら多くなります。なので、ある意味刀や太刀よりも刃文を楽しみやすいのではないかと思っています。

これは「刀剣コレクション名古屋・丸の内」で展示している「槍 銘 兼歳作」を手入れした際に撮った写真ですが、稲妻のように続く力強い金筋(きんすじ)が印象的でした。金筋じゃなくて地景かもしれませんね。

こういった働きを刀身の両サイドに見て取ることができるのが、槍ならではの面白さじゃないかなと思います。

鍛え肌が見えやすい気がする

十文字槍 無銘 伝出羽大掾国路

十文字槍 無銘 伝出羽大掾国路

たまたまかもしれませんが、どうも所蔵品の槍を観ていると、地鉄の鍛え肌がよく見える物が多いんですよね。

この槍は、出羽大掾国路の作です。国路は、堀川国広の弟子で、最も技量があった人物と言われています。

堀川系の刀にはよく「ざんぐり肌」という表現が使われて、地鉄の肌模様が比較的粗めではっきりと見える物が多いです。

この槍もそういう「ざんぐり」とした肌合いであろうかと思いますが、普通の堀川物と比べても模様がはっきりしていると思います。

左側は兼元の槍です。非常に分かりやすい板目肌ですよね。本当に木材のような模様をしています。

右側は文殊重国の槍。うねうねとうねるような、流れ気味の肌模様が見て取れます。

よく詰んだきめ細かい美しさはないかもしれませんが、個人的にはこういう粗い肌も、見所が多くて好きです。

槍の取り扱いの注意点

お手入れなどで槍を扱っていく中で気付いた注意点があるので、共有させて頂きたいと思います。

鞘に戻す向きに注意

普通、日本刀を白鞘に入れるときは、向きを考える必要はほとんどありません。というのも、棟側が広く、刃側が狭くなっているので、形そのままに入れれば良いためです。

一方、槍はたいていの場合、左右対称に近い形をしているので、の穴も左右対称形になっています。しかし、完全な左右対称ではないため、入れる向きを間違えるとちゃんと奥まで入らなかったり、変にはまってしまって取り出しにくくなったりします。

ちなみに、これは槍だけでなく剣でも同じことが言えます。

  • 刀の鞘
    刀の鞘
  • 槍の鞘
    槍の鞘

変にはまってしまった場合は本当に厄介です。

刀身が鞘から出てこないとき、刀であれば当て木と木づちを使うことで、硬くなった場合でも比較的容易に取り出すことができます。

槍と当て木

槍と当て木

しかし、槍の場合は、当て木をあてがうスペースが鞘にないことが多いため、当て木が使えないのです。

こうなると、鞘を持った手を叩いてその振動で取り出すしかできなくなりますが、手首を痛めること必至です。

十文字槍などの場合

十文字槍の鞘

十文字槍の鞘

大身槍や笹穂槍などであれば、普通の刀と同様に、刀身は白鞘の中にすっぽりと収まります。しかし、十文字槍や片鎌槍など、横に飛び出した形の物の場合、鞘の下部に隙間があるため、どうしても収まりきれない部分が生まれてしまいます。

ここはもしかすると錆びやすいのではないかと危惧しています。こういう形である以上仕方ないように思いますが、温湿度管理のできる空間で保管しておくことが何より大事でしょう。