山田銀河の日本刀紹介

刀を持つことと、推し刀剣

文字サイズ

今回は、刀を持つことについて、そして持ってみて私が好きになった刀、「推し刀剣」について書いていきます。

刀のメンテナンス

山田銀河 自宅の前

山田銀河 自宅の前

こんにちは。東建コーポレーションの山田銀河です。自宅の前から失礼します。(この写真、ナンバープレートなどの「ぼかし」は、弊社のアプリ「ピカ写メPhoto」を使って加工しました。とても便利です。)

今日は、ネット通販で買った放送大学の教科書「博物館資料論」、「博物館資料保存論」が届きました。

私は学芸員を目指しているわけではありませんが、業務上美術品を持ち運んだり、実際に触ったりすることも少なくないので、ある程度自分でも勉強しておきたいなと思って博物館資料論などを買いました。

刀をはじめ、1点物である美術品を取り扱うということは、神経を使う作業ではありますがその分得られるものもあると思っています。

白鞘から刀身を抜き出す

白鞘から刀身を抜き出す

日本刀は定期的に手入れをしないと錆びてしまうことを「コラムNo.01:自己紹介」で書いたように、刀剣ワールドでは、所蔵刀を6ヵ月に1回手入れしています。特に、「刀剣コレクション名古屋・丸の内」、「刀剣コレクション桑名・多度」で刀身を白鞘から出して展示している刀については、3ヵ月に1回手入れを行なっています。

刀の手入れができるスタッフは多くありません。そのため、私もお手伝いさせて頂いています。普段はあまり刀の近くに寄ることもありませんが、このときは実際に手に持つことができるので、貴重な業務です。刀を手入れするときは白鞘から刀身を抜き出します。

「角木」の使い方

「角木」の使い方

どうやるかと言うと、目釘を外した状態でを持ち、手首をポンポンと叩くと、その反動で刀身がピョンと飛び出してくるということになっています。しかし、なかにはポンポンなんて感じでは全然取り出せなくなっている刀もあるので、ズン、ズンと手首から鈍い音が響くくらい叩いています。

ちなみに、全然抜けないときは、「角木」という道具を柄に当てて木槌で叩くと、信じられないくらい簡単に抜けます。角木を使っているのに全く抜ける気配がなくて当惑したこともあったのですが、目釘をはめたままだったというオチでした。

実物を観ることで分かることがたくさん

刀を実物で観てみると、写真で観る以上にそれぞれの日本刀の個性が分かるような気がします。味わい深いというか、感性に訴えかけてくる物が多いです。

右のほうが身幅が大きい

右のほうが身幅が大きい

例えばこの2振。身幅(刀身の幅)を比べると右のほうが大きいのですが、写真で観るとそこまで差が分からないかもしれません。

しかし、実際に持っている私からすると一目瞭然なほどの差があるのです。さらに、展示ケース越しでなく、刀を手で持って観ることで、視覚以外の情報、特に重さがじかに伝わってきます。

ひとりひとりに適した刀の大きさ(刃長と重さ)というのは、だいたいその人の身長から判断できると言われており、そのため、昔の人は自分の身長に合わせて刀を磨り上げたりもしていたと聞きます。あんまり重すぎたり長すぎたりする刀は使いにくいわけです。

身幅や刃長のちょっとした違いで、手から感じる重さは大きく変わってくるので、視覚的にそれほど差がないように思えても、実際は結構違いがあるように感じます。

こういうのは手で持ってみて初めて分かることかなと思います。

鑑賞会で刀を持つ

業務で刀を持つというのは極めて特殊な話ですが、他にも刀を手に持ってみる機会はあります。日本美術刀剣保存協会(日刀保)の鑑賞会です。

私は日刀保の名古屋支部に加入させて頂いており、毎月実施されている刀の鑑賞会に参加しています。鑑賞会では、単に刀を鑑賞するのではなく、初めはを隠した状態で鑑賞する「入札鑑定」を行なっています。入札と言うとオークションみたいな響きがありますが、これは茎に彫られた作者銘を隠して、刀身の特徴だけで作者を推定するというものです。

残念ながら私はまだ知識不足で全然当てることはできないのですが、のちの解説で刀工の特徴や刀の見方を教えてもらえるので、初心者なりに毎回楽しんでいます。ちなみに前回は「古刀柾目肌であればほぼ保昌派」、「梨子地肌というのは粟田口派にしか使わない表現」ということを教わりました。

名古屋支部に関しては、一定の入会資格がありますが、「日本刀や刀装具に興味のある方、日本刀について勉強したい方、 日本刀とその歴史に興味をお持ちの方はぜひご入会下さい」とサイトには書いてありますので、気になる方は一度連絡を取ってみてはいかがでしょうか。

  • 「入札鑑定とは」をはじめ、日本刀に関する基礎知識をご紹介します。

  • 「日本刀の茎(なかご)とは」をはじめ、日本刀に関する基礎知識をご紹介します。

  • 「古刀」をはじめ、日本刀に関する基礎知識をご紹介します。

  • 日本美術刀剣保存協会
    「日本美術刀剣保存協会」は、日本国の文化財の保護と文化の普及振興に寄与することを目的として活動しています。

推し刀剣

業務や鑑賞会を通していくつか刀を持ってみたことで、私なりに好みが出てきました。私が実際に手で持ってみて良さを感じた「推し」刀剣を紹介します。全部刀剣ワールドの所蔵品です。

刀 無銘 来国光(鎌倉時代後期 特別重要刀剣)

来国光は山城国(現在の京都府)の刀工で、その作風は、「反りの浅い、身幅の広い、重ねのやや厚い猪首切先風の豪壮な姿」の物と、「京物らしい細身で鳥居反りの深い、身幅が狭く小切先な作風」の2つがあるそうです。これは後者だと思います。

刀 無銘 来国光
刀 無銘 来国光
無銘
鑑定区分
特別重要刀剣
刃長
71.1
所蔵・伝来
浅野長晟
(あさのながあきら)

刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

日頃刀剣ワールドで刀の画像はたくさん観ていますが、実寸大ではないので、身幅の広い狭いということや、作りが豪壮だとか「優美」だとかいった表現が、実はあんまりピンと来ていませんでした。先ほど申し上げた通りです。

しかし、実際に手に持ってみて、他の刀と比べてみたら、優美と言うことが言葉でなく心で理解できました。

刀工「来国光」の情報と、制作した刀剣をご紹介します。

太刀 銘 吉用(鎌倉時代中期 特別重要刀剣)

備前国(現在の岡山県)の刀工「吉用」(よしもち)の太刀です。

太刀 銘 吉用
太刀 銘 吉用
吉用
鑑定区分
特別重要刀剣
刃長
73.3
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

写真で観るとあまり分からないと思いますが、身幅が狭く、鋒/切先が小さいので、持ってみると結構軽いんです。

私は、どちらかと言うと身幅の小さく、細身の刀が好みであるように思います。持ちやすいからなんですけれど、お気に入りの刀を見付ける上で、持ったときにしっくりくるということはひとつの基準になるんじゃないでしょうか。

「鋒/切先とは」をはじめ、日本刀に関する基礎知識をご紹介します。

刀 銘 越後守包貞(江戸時代 特別重要刀剣)

名匠と名高い2代「越後守包貞」の刀です。

刀 銘 越後守包貞
刀 銘 越後守包貞
越後守包貞
鑑定区分
特別重要刀剣
刃長
71.6
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

先日、博物館で刀に当てるスポットライトの角度を調整していたときにたまたまこの刀を使ったのですが、刃文が非常によく見えたので印象に残りました。

解説文にも「匂口が明るく冴える名品」とある通り、刃文が強く輝いて鮮明に見えます。刃文は、湾れとしては細かいし互の目かと言うとだいぶ乱れているなあと思って何か分からなかったのですが、解説によると「濤瀾大互の目乱れ」(とうらんおおぐのめみだれ)と言うものだそうです。

名古屋刀剣ワールドで刀を持とう!

実際に刀を手で持つことは、なかなか体験できることではありませんが、「名古屋刀剣ワールド」では学習室にて定期的に「刀剣鑑賞会」を実施する予定です。鑑賞会では毎回、当館の所蔵刀の中から数振を手で持って鑑賞して 頂けます。お気に入りの刀が見つかるかもしれませんよ!

詳しくはつどPRさせて頂きますので、刀を手で持って観てみたいという方は、お楽しみにして下さい。