「刀剣キャラ紹介」では、刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」オリジナルの刀剣キャラをご紹介。各時代の刀剣キャラは「歴史の神」から刀剣・甲冑の魅力や技術を伝える使命を受けた「遣使」(けんし)です。こちらではそんな刀剣キャラのイラストがご覧頂けます。

平安時代の刀剣キャラ

「平安時代」は桓武天皇が京都の中心部に都を移したのが始まりです。この時代は、「大典太光世」、「童子切安綱」、「三日月宗近」といった天下五剣が生まれた時代でもあります。平安時代の刀剣キャラも「安綱」が作刀した刀を愛刀。そんな平安時代の刀剣キャラをご紹介しましょう。

鎌倉時代の刀剣キャラ

「鎌倉時代」は源頼朝が平家を滅ぼし、源氏が平家から政治の実権を奪ったのが始まりです。また、「鬼丸国綱」、「数珠丸恒次」といった天下五剣が生まれた時代でもあります。鎌倉時代の刀剣キャラのなかには、鎌倉時代に生まれた名刀を愛刀にしている刀剣キャラも。そんな鎌倉時代の刀剣キャラをご紹介しましょう。

南北朝時代の刀剣キャラ

「南北朝時代」は朝廷が京都の朝廷(北朝)と吉野の朝廷(南朝)に別れた時代です。「名物」と評される長義の代表的な1振「短刀 銘 備州長船住長義」が生まれた時代でもあります。南北朝時代の刀剣キャラのなかには、重要美術品に指定された名刀を愛刀にしている刀剣キャラも。そんな南北朝時代の刀剣キャラをご紹介しましょう。

室町時代の刀剣キャラ

「室町時代」は、足利将軍家によって統治されていた時代です。「御手杵」、「蜻蛉切」、「日本号」といった天下三名槍が生まれた時代でもあります。室町時代の刀剣キャラのなかには、「末備前」を代表する名工の刀を愛する刀剣キャラも。そんな室町時代の刀剣キャラをご紹介しましょう。

安土桃山時代の刀剣キャラ

「安土桃山時代」は、織田信長と豊臣秀吉が政権を握っていた時代。「政宗十哲」のひとりに数えられる名匠「長谷部国重」によって「へし切長谷部」が作られた時代でもあります。安土桃山時代の刀剣キャラのなかには、旧国宝の刀を愛刀にしている刀剣キャラも。そんな安土桃山時代の刀剣キャラをご紹介しましょう。

江戸時代の刀剣キャラ

「江戸時代」は15代続く徳川将軍家によって統治されていた時代です。新選組局長の近藤勇が使用していた「長曽根虎徹」や、一番隊組長の沖田総司が使用していた「大和守安定」が生まれた時代でもあります。江戸時代の刀剣キャラのなかには、特別重要刀剣の刀剣を愛刀にしている刀剣キャラも。そんな江戸時代の刀剣キャラをご紹介しましょう。

名古屋刀剣博物館「名古屋刀剣ワールド」(メーハク)は、愛知県名古屋市中区栄にある刀剣の博物館です。
「刀剣キャラ紹介」では、バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のオリジナル刀剣キャラクターをご紹介。気になるキャラクターをクリックすると、各刀剣キャラの紹介や愛刀がご覧頂けます。
博物館は最大200振の刀剣が展示可能。国宝や重要文化財、重要美術品、特別重要刀剣といった貴重な刀の数々をご覧頂けます。さらに、甲冑は約50領、浮世絵は約150点を常設展示。日本刀、鎧兜、浮世絵、武具といった歴史に関する様々な美術品を楽しむことができる博物館です。
また、博物館や美術館の魅力のひとつである企画展示会もございます。テーマに沿った刀や剣、甲冑、浮世絵を展示し、ここでしか観ることができない特別な展示会を開催。名古屋にお越しの際は、名古屋刀剣博物館「名古屋刀剣ワールド」(メーハク)へのご来館をお待ちしております。

もっと見る▼