甲冑(鎧兜)の基本

甲冑の着方

文字サイズ
甲冑とは、古代に日本に伝わって以降、連綿と受け継がれてきた日本の伝統的な防具です。江戸時代になり太平な世の中が来ると、甲冑は実戦で用いられることはほとんどなくなり、大名家の表道具として家格を表すものへと変化していきましたが、大名家の祝いごとや行事などでは、伝統的な作法として甲冑を正装として用いる場面もありました。しかし、江戸時代末期に日本が開国して以来、甲冑を身に付ける機会はほとんどなくなり、現代ではお祭りで一部の人が身に付けたりする程度。甲冑を着てみたいけど着方が分からないという人に向けて、分かりやすく甲冑の着方・着せ方を紹介します。
甲冑(鎧兜)写真
歴史的に価値の高い甲冑(鎧兜)や面頬などを名前や種類から検索することができます。
甲冑(鎧兜)写真集
古美術品などの価値を持つ甲冑(鎧兜)の造形美を、様々な角度からご覧頂けます。
甲冑(鎧兜)の基礎知識
甲冑(鎧兜)に関することを検索することができます。
刀剣ワールド
刀剣ワールドでは、美術的に価値の高い刀剣・日本刀や甲冑(鎧兜)にまつわる様々なコンテンツを公開しております!

着用する甲冑について

鉄金箔押碁石頭札二枚胴具足
鉄金箔押碁石頭札二枚胴具足

当記事で着用する甲冑は、刀剣ワールド財団が所蔵している「鉄金箔押碁石頭札二枚胴具足」(てつきんぱくおしごいしがしらざねにまいどうぐそく)と言う、「当世具足」(とうせいぐそく)形式の甲冑です。

本具足は特別貴重資料の甲冑で、江戸時代前期に制作されました。

伝来は分かっていませんが、金箔押を施された華やかな本具足のには甲冑師の名前と思われる「半田」という朱銘(しゅめい)が入れられており、附属する鎧櫃(よろいびつ)には細二重輪に抱き銀杏紋の家紋が描かれています。

甲冑には本具足のような当世具足の他にも、「大鎧」(おおよろい)や「腹巻」(はらまき)、「胴丸」(どうまる)などの種類があり、それぞれ着用の仕方が異なります。

また、甲冑の部品にも様々な種類があるため、臨機応変に対応する必要があるのです。そのため、当記事で紹介する甲冑の着方は、当世具足を着用する方法の1例として御覧下さい。戦国時代以降の武士達の一般的な着用手順を紹介していきます。

甲冑の着付けの下準備

着付けに必要な物と着用の順番を確認する

甲冑を着用する際に、まずは必要な甲冑の部品と着用の順番を確認しましょう。鎧櫃や箱に入れられた甲冑を取り出し、兜、前立(まえだて)、面頬(めんぽお/めんぼお)、籠手(こて)、佩楯(はいだて)、臑当(すねあて)などの部品が揃っているかを確認し、不備がないかをひとつずつ確認します。

これらの部品は甲冑の種類によって異なるため、本記事の部品は1例として見て下さい。

  • 1.直垂(ひたたれ)、袴、脚絆(きゃはん)、足袋を着用する

    1.直垂(ひたたれ)、袴、脚絆(きゃはん)、足袋を着用する

  • 2.烏帽子(えぼし)と臑当を着用する

    2.烏帽子(えぼし)と臑当を着用する

  • 3.佩楯を付ける

    3.佩楯を付ける

  • 4.満智羅(まんちら)を着用する

    4.満智羅(まんちら)を着用する

  • 5.籠手と袖を付ける

    5.籠手と袖を付ける

  • 6.胴を着用する

    6.胴を着用する

  • 7.兜を被る

    7.兜を被る

  • 8.上帯(うわおび)を巻く

    8.上帯(うわおび)を巻く

これら甲冑の装飾品は、弓懸(ゆがけ:を引くための革でできた手袋のこと)の他はすべて左側から着用するのが伝統的な作法です。左側から着用する理由は諸説ありますが、一般的には、昔は右利きであることが前提とされたため、いつ敵襲があっても対応できるようにしていたという説が有力とされます。

鎧下の衣服を着用する

鎧直垂と袴

鎧直垂と袴

甲冑を身に付ける際に着用する衣服は、もちろん普段着のままでも構いませんが、せっかくなら姿を整えて鎧武者らしい格好をしたいもの。

そのため、ここでは「鎧直垂」(よろいひたたれ)と袴、脚絆、地下足袋を先に着用します。

鎧直垂の袖には、袖口を絞ることができる緒が付けられているので、この緒を絞り、籠手などを着用する際に袖が捲れ上がらないように緒は中指に掛けましょう。鎧直垂が手に入らない場合は、作務衣(さむえ)などでも代用できます。

袴を着用したあと、地下足袋を着用。足元は地下足袋の他、室内なら足袋のみでも構いません。足袋の上から草鞋(わらじ)を履く場合は、脚絆を着用したあとに履きましょう。

次に、脚絆を上下の2ヵ所に付いた緒を臑に結び付けます。脚絆とは、袴の上から臑に巻き付けて足さばきを良くするための物で、南北朝時代以前は「脛巾」(はばき)と呼ばれました。

甲冑を着ていく

烏帽子と臑当を着用する

烏帽子と臑当を着用する

烏帽子と臑当を着用する

次に、髪の毛をまとめて烏帽子を被ります。

これは、そのままだと兜が髪の毛で滑ってしまい、重たい兜は頭上で固定ができなくなってしまうため。

なお、兜と額の接地面は鉄の兜とぶつかるため、痛みを軽減させるためにも額に紐を交差させるように巻き付け、後頭部で結びます。

このとき前髪が出ていると、兜を被った際にみっともなくなってしまうため、烏帽子の淵から前髪が出ないように注意が必要です。

臑当を着用

臑当を着用

次に臑当を着用します。

臑当には左右があり、鉸具摺韋(かこずりのかわ/かくずりのかわ:馬に乗った際に、[あぶみ]の鉸具[かく]が当たる部分)と呼ばれる革が張られた部分を内側に付けましょう。

はじめに紹介したように、臑当も左側から着用するのが伝統的な作法です。

佩楯を付ける

佩楯を付ける

佩楯を付ける

太腿から下半身を護る防具である佩楯は、腰巻エプロンのように後ろで紐を交差させ、前で結び固定しましょう。

結んだあとの紐の端は紐に挟んでおくとほどける心配が減ります。

なお、結び目が前に出ないように佩楯の下で結ぶ場合もあり、これは戦中に取っ組み合いになった際に掴まれてほどけないようにするため。

着付けをする際は、動いたときにほどけなければ、佩楯の上で結んでも下で結んでもどちらでも構いません。

佩楯の中心に紐輪がある場合は、輪に紐を通して肩に掛けるようにして結ぶと、佩楯の着付けがさらに安定します。

満智羅を着用する

満智羅を着用

満智羅を着用

満智羅とは、戦場において肩の周りを覆いガードする、鎖帷子(くさりかたびら)のような役割を持った小具足(こぐそく)です。

小さなベストや革のジャケットのような見た目をしており、戦国時代以降に鎧の下に着用された物。

満智羅は肩を覆う小具足のため、胴を着用した際に、痛くならないようにする目的もありました。

籠手と袖を付ける

籠手と袖を付ける

籠手と袖を付ける

次に、籠手と袖を付けていきます。

籠手と袖は、種類によっては胴に直接装着する物や、満智羅に装着する物などがあり、本具足は満智羅に装着するタイプです。

籠手と袖は、あらかじめ鞐(こはぜ:ボタンのような形状をした留め具)で連結させてから、満智羅に装着します。

左手側から籠手に手を通し、中指と親指に紐を掛け、手首側の鞐を留めて完了。なお、籠手と袖を別々に着用する場合もあり、その場合は、籠手、胴、袖の順番で装着します。

胴を着用する

横から胴を着用

横から胴を着用

胴は、ひとりで着用することも可能ですが、できるだけ2人以上でするのが理想。ひとりの場合は左膝を立てて、右膝を地面に付けてしゃがみながら着用するのが伝統的な作法です。

本具足の胴は左右に蝶番で開く形となる二枚胴のため比較的着用がしやすい物。

右側を開け横から胴を着用し、肩部分の鞐を留めて下さい。右側の引合緒(ひきあわせのお)を結び、完了です。

引合緒を結ぶ

引合緒を結ぶ

引合緒は、蝶結びにはせず、片結びにして片側の緒を長く取るのが基本。

これは、蝶結びだと戦中に解けやすかったことや、夜戦終わりにひとりで甲冑を脱ぐ際に、どちらの紐を引くと解けるか分かりやすいことが理由だとされています。

2人で着用する場合は、胴を被ったあと着用者が胴の下腹部の前後を支えましょう。支えがあることで着用者も苦しくなく、胴の肩部分に負担がかかり過ぎないため、装着がしやすくなります。

ちなみに、大鎧の胴は本甲冑のように開閉しない形式で、腹巻は右脇ではなく後ろ側が開く形式。甲冑の胴は上から被る物や後ろから割り入って着る物などいろいろあるため、着用する甲冑の造りに合わせて装着しましょう。

兜を被る

兜を被り前立を装着する

兜を被り前立を装着する

次に、兜を被ります。兜は前後にずれて落ちないようにバランス良く頭に乗せ、烏帽子の紐がある額や前頭にしっかりと付けて下さい。

兜に附属している緒を顎の下で飾り結びをしたあとで、後ろに回して結びましょう。結んだあとは満智羅の襟の中に収納すると見栄えがよくなります。

兜を被ったら最後に前立を装着しましょう。

上帯を巻く

上帯を巻く

上帯を巻く

最後に、上帯を巻いて完成です。

上帯とは、胴の重さを軽減させるために胴と草摺(くさずり)を繋ぐ揺糸(ゆるぎのいと)の上に巻かれる帯のこと。

この帯は繰締緒(くくりじめのお)と呼ばれ、この緒を巻くことで腰の部分で胴が安定し、肩への負担を減らすことができるのです。

登山用のリュックサックにも腰の部分にベルトが付いた物があり、同様に肩への重量を分散させる役割を持っています。

甲冑はとても格好いい見た目をしていますが、本具足の総重量はおよそ20㎏にもなるため、このような工夫が必要なのです。

上帯を巻いたら、草摺や兜、佩楯などの見栄えを整えて、完了です。

「甲冑の着用方法 当世具足編」YouTube動画

甲冑の着用方法 当世具足編